イッテンモノの最新情報

イッテンモノ に関するニュース検索結果   10件

即興コント挑戦のサンドウィッチマン「確実にハートは強くなっている」

即興コント挑戦のサンドウィッチマン「確実にハートは強くなっている」

TBC、tvkで放送していた人気番組「サンドウィッチマンのぶらり即席コントの旅」に未公開映像を加えた完全版「サンドウィッチマンのぶらり即席コントの旅DX」が、dTVで2018年1月6日から配信がスタート。サンドウィッチマンがゲストと共に.. 続きを読む

奥菜恵、通学バスで髪クンクンされていた

奥菜恵、通学バスで髪クンクンされていた

女優の奥菜恵(38歳)が、1月31日に放送されたバラエティ番組「イッテンモノ」(テレビ朝日系)に出演。高校時代、学校へ向かうバスの中で、ファンに髪の毛の匂いをクンクンされていたことを明かした。奥菜はこの日、人気絶頂だった高校.. 続きを読む

これはピンチか!?尼神インター誠子に「最近可愛くなってる」の声続々

これはピンチか!?尼神インター誠子に「最近可愛くなってる」の声続々

昨年大ブレークを果たした女性お笑いコンビ・尼神インター。番組出演本数も一昨年の23本から昨年は176本と153本増(ニホンモニター調べ)。昨春大阪から東京進出してきた甲斐があったというものだ。その知名度はもはや、当初似ていると言.. 続きを読む

「M-1」王者・とろサーモン、銀シャリが“一点もの漫才”を披露!?

「M-1」王者・とろサーモン、銀シャリが“一点もの漫才”を披露!?

1月3日(木)夜11時17分より、人気漫才師たちが“一点もの漫才”を披露する「イッテンモノ M-1王者が緊急参戦!シャッフル漫才SP」(テレビ朝日系)が放送される。同番組は、指名された2人がゲストのトークを基に10分間で漫才を完成させ、披露.. 続きを読む

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2017年のテレビ事件簿【バラエティ編】

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2017年のテレビ事件簿【バラエティ編】

2017年のテレビバラエティで大きな“事件”といえば、『めちゃ×2イケてるッ!』と『とんねるずのみなさんのおかげでした』(ともにフジテレビ系)の終了発表だろう。「楽しくなければテレビじゃない」というフジテレビイズムを色濃く残して.. 続きを読む

カンニング竹山、ルール無視の「キレ漫才」を12年ぶりに披露 感動するファンも

カンニング竹山、ルール無視の「キレ漫才」を12年ぶりに披露 感動するファンも

15日深夜放送『イッテンモノ』(テレビ朝日系)にゲスト出演したカンニング竹山(46)が、12年ぶりの漫才をテレビで披露。往年の「キレ漫才」にファンから歓声が上がっている。(画像はカンニング竹山Twitterからのスクリーンショット)■.. 続きを読む

カンニング竹山、約12年ぶりにTVで漫才披露! 全力“キレ漫才”に歓喜の声

カンニング竹山、約12年ぶりにTVで漫才披露! 全力“キレ漫才”に歓喜の声

11月15日深夜に放送されたバラエティー「イッテンモノ」(テレビ朝日系)で、カンニング竹山が約12年ぶりに漫才を披露した。同番組は、千鳥、サンドウィッチマン、三四郎がMCを務め、話題のゲストを迎えてトークで近況や意外な経歴を調査。.. 続きを読む

女優・川栄李奈、久々のバラエティ登場で『おバカキャラ』復活!?

女優・川栄李奈、久々のバラエティ登場で『おバカキャラ』復活!?

9月30日放送の「イッテンモノ」(テレビ朝日系)に、元AKB48で女優の川栄李奈が登場し、現在ドラマにCMに大活躍中の彼女が、かつてバラエティ担当の「おバカキャラ」として有名だったAKB時代の片鱗を見せた。 川栄「バカが出ないように.. 続きを読む

2017年秋の新番組カタログ!【バラエティー編35本】

2017年秋の新番組カタログ!【バラエティー編35本】

10月からいよいよスタートする秋の新番組。今回は新バラエティー全35本を曜日ごとに紹介します!■ 月曜 関ジャニ∞のグルメ番組が始動!「天才キッズ全員集合~君ならデキる!!~」(10月16日[月]スタート、夜7:00-8:00、テレビ朝日系※初回.. 続きを読む

千鳥・大悟とノンスタ・石田が即興漫才!? 『イッテンモノ!』が見せる、漫才師のすごみ

千鳥・大悟とノンスタ・石田が即興漫才!? 『イッテンモノ!』が見せる、漫才師のすごみ

「ほぼ20年戦士なのに、サンパチマイクの横で足がちゃんと震える!」いまや押しも押されもせぬ実力派芸人としてテレビ界を席巻する千鳥。漫才師として、さまざまな修羅場をくぐってきた。それでもノブは、この番組でマイクの前に立ち、漫.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。