イスラム国の最新情報

イスラム国 に関するニュース検索結果   426件

「シリア」を10日間旅したら、拍子抜けしたフォトグラファー。

「シリア」を10日間旅したら、拍子抜けしたフォトグラファー。

去る10月、シリアの観光ビザがおりたChristian Lindgrenさんは、家族や友人に心配されつつ同国へ向かった。許可されたのは、たったの10日間。彼が行った先は、ダマスカス、アレッポ、ホムスなど、どれも内戦や「イスラム国」に関するニュ.. 続きを読む

上村遼太君は、なぜ殺されなければならなかったのか?『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』

上村遼太君は、なぜ殺されなければならなかったのか?『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』

2015年2月20日未明、神奈川県川崎市の多摩川河川敷で、当時、上村遼太君(享年13)の全裸遺体が発見された。1週間後、日本中が固唾を飲んで見守る中、逮捕されたのは、当時17歳と18歳の未成年3人だった。彼らは、1時間のうちに遼太君の全.. 続きを読む

Facebookが新しい子ども用メッセンジャーアプリを発表。でも、信頼していいの?

Facebookが新しい子ども用メッセンジャーアプリを発表。でも、信頼していいの?

Image: Facebook Newsroom どんどん若年化していくネットユーザー層。今後の指針になれるか?12月4日、Facebookは6才以上の子ども向けのメッセージサービスを発表しました。Messenger Kidsと名付け.. 続きを読む

【衝撃動画】イスラム国ISISとの戦闘中にスマホで自撮りムービーを撮影 / 目立ちすぎて部隊がスナイパーに撃たれる → 仲間が死亡

【衝撃動画】イスラム国ISISとの戦闘中にスマホで自撮りムービーを撮影 / 目立ちすぎて部隊がスナイパーに撃たれる → 仲間が死亡

イスラム国(ISIS)との戦闘支援のため設立した人民動員部隊(PMU)の隊員が、イラクのアンバルでの戦場で自撮り写真や動画を撮影していたところ、背後にいたPMU隊員がスナイパーに狙撃されてしまう動画がYouTubeに掲載され、物議をかもして.. 続きを読む

ジャスティン・ビーバーのコンサートも標的か テロ画策の17歳少年が有罪に

ジャスティン・ビーバーのコンサートも標的か テロ画策の17歳少年が有罪に

「イスラム国」にインスパイアされ「テロ攻撃をウェールズにて起こす計画を立てていた」として、このほど17歳の少年に対し陪審員らは有罪との判断を下した。年齢ゆえに氏名は明かされていないものの、このほど英サウスウェールズ出身の17.. 続きを読む

バナナにミルクを垂らしてペロペロ→逮捕! エジプトのセクシー女性歌手を襲った悲劇

バナナにミルクを垂らしてペロペロ→逮捕! エジプトのセクシー女性歌手を襲った悲劇

エジプトで、ある女性ポップ歌手が公開したPVの内容が「公序良俗に反する」として逮捕される事件が起こった。7日間にわたって拘留された女性の名は、シャイマ・アフメドさん(25)。エジプト治安当局によると、彼女の公開したPVが「性行.. 続きを読む

母がいなくなる前に、知っておいてほしいことがある。

母がいなくなる前に、知っておいてほしいことがある。

人生は、母を求めて泣くことからはじまった。まったく覚えてはいないけれど、お腹が空いたとき、心細いとき、何かを伝えたいとき、まだ言葉を持たない小さい頃は、365日、母を求めて泣いていたはず。けれど私たちは、大人になるにつれて.. 続きを読む

今となっては訪れることのできない「幻の世界遺産」。

今となっては訪れることのできない「幻の世界遺産」。

「シリア」と聞くと、どんなイメージが浮かぶでしょうか?おそらく「怖い」「テロ」「内戦」「イスラム国」といった辺りでしょう。ニュースで見ない日がほとんど無いくらい、聞こえてくるのは悲しい話ばかりですから。ですが、エジプト特.. 続きを読む

目指すはダルビッシュ有&櫻井翔!初代イケメン新入生が決定

目指すはダルビッシュ有&櫻井翔!初代イケメン新入生が決定

「AGESTOCK2017 in TOKYO DOME CITY HALL」が11月18日に東京・文京区のTOKYO DOME CITY HALLで開催され、全国の大学新入生を対象とした日本最大級のコンテスト「FRESH CAMPUS CONTEST 2017」で、大学新入生のイケメンNo.1が決定した。ミ.. 続きを読む

国連が、安倍政権によるメディア圧力に是正勧告へ! 人権理事会で日本の「報道の自由」が侵害されていると懸念の声続出

国連が、安倍政権によるメディア圧力に是正勧告へ! 人権理事会で日本の「報道の自由」が侵害されていると懸念の声続出

安倍政権によるメディアへの報道圧力が、国際社会で大きな問題になった。国連の人権理事会が14日、日本の人権状況を審査する作業部会を約5年ぶりに開催したのだが、そこで各国から「報道の自由」に対する強い懸念の声が続出したのだ。本.. 続きを読む

百田尚樹が沖縄・高江で頭悪すぎデマ! 反対派テント村に漢和辞典があったという理由で中国人関与匂わす

百田尚樹が沖縄・高江で頭悪すぎデマ! 反対派テント村に漢和辞典があったという理由で中国人関与匂わす

作家の百田尚樹が、10月27日に沖縄県名護市で講演会を行った。主催した実行員会の委員長は、文化放送チャンネル桜沖縄支局キャスターで「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」なる団体の代表を務める我那覇真子氏。この組み合わ.. 続きを読む

親イスラム国のメディアがメルボルン・シドニーの駅構内動画を掲載 テロに注意呼びかけ

親イスラム国のメディアがメルボルン・シドニーの駅構内動画を掲載 テロに注意呼びかけ

在オーストラリア日本国大使館などは、親イスラム国(ISIL)のメディアが、メルボルンとシドニーの駅構内の風景動画を掲載したとして、テロの呼びかけに呼応する者がテロ活動を行う可能性があるとして注意を呼びかけている。掲載されたの.. 続きを読む

「君たちも『イスラム国』に入らないか」 冗談を放った男に懲役9か月の実刑判決(中国)

「君たちも『イスラム国』に入らないか」 冗談を放った男に懲役9か月の実刑判決(中国)

テロ対策に非常に真剣にならざるを得ないこの世の中、自分の国が厳しい監視社会で当局も怖いとわかっているなら、この手のジョークが禁忌であるとは思わなかったのだろうか。中国である男が「イスラム国(IS)」に関するジョークを放って.. 続きを読む

公安警察の目印となるのは「Pチャンイヤホン」

公安警察の目印となるのは「Pチャンイヤホン」

公安警察は、共産主義思想や社会主義思想を取り締まる目的で戦後に発足した特別高等警察の後継組織。国家の社会秩序を乱す恐れのある組織や団体の監視・調査を、主な目的としています。「泥棒や殺人犯を捕まえなくても国は滅びないが、公.. 続きを読む

「自己責任論」が進む日本。本当に自分には関係無いものなのか?

「自己責任論」が進む日本。本当に自分には関係無いものなのか?

■日本社会の貧困化は表層の数値より深刻な可能性も厚生労働省は8月2日、5月に生活保護を受給した世帯が前月より2153世帯多い163万9558世帯となり、2カ月ぶりに増加に転じたと発表しました。今から20年前の平成9年が約63万世帯で10年前の.. 続きを読む

昨年6月に警官8名を射殺 IS支配下の犯人2名が脱獄(エジプト)

昨年6月に警官8名を射殺 IS支配下の犯人2名が脱獄(エジプト)

昨年6月にエジプト・カイロ南郊の町ヘルワンでマイクロバスが4名の武装グループに襲われ、近辺の保安警備のためそこに乗っていた私服の警察官8名が射殺された事件。イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯人声明を出していたが、そ.. 続きを読む

スペインテロ犯人グループ 大量のガスボンベをバンに積み「サグラダ・ファミリア教会」爆破も計画

スペインテロ犯人グループ 大量のガスボンベをバンに積み「サグラダ・ファミリア教会」爆破も計画

スペイン・カタルーニャ州のバルセロナほかで相次いだテロ事件は14名の死者と130名近くの負傷者を出したが、その後、実行犯らが使用していたアジトから多数のガスボンベなどが押収されていた。その目的が有名観光スポットでの大規模爆発.. 続きを読む

外務省、バルセロナの車両突入テロ事件でスポット情報発出

外務省、バルセロナの車両突入テロ事件でスポット情報発出

外務省は、スペインのバルセロナで発生した車両突入テロ事件でスポット情報を発出し、注意喚起を行っている。現地時間8月17日午後5時頃、バルセロナ市中心部のランブラス通りとボケリア市場付近で自動車が歩行者に対して突入し、多数の死.. 続きを読む

北朝鮮のミサイル開発に中国軍部が関与か…米国の制裁強化で中国経済が崩壊危機

北朝鮮のミサイル開発に中国軍部が関与か…米国の制裁強化で中国経済が崩壊危機

「中国にはおおいに失望した」――。7月28日に北朝鮮が2度目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を決行したことに対して、アメリカのドナルド・トランプ大統領はツイッターでこう発言した。20日に発足から半年を迎えたトランプ政権は、中国へ.. 続きを読む

2020年、今度こそ人類は滅亡する!? 伝説のオカルト漫画『MMR マガジンミステリー調査班』を再検証

2020年、今度こそ人類は滅亡する!? 伝説のオカルト漫画『MMR マガジンミステリー調査班』を再検証

「話は聞かせてもらった! 人類は滅亡する!!」皆さんは『MMR マガジンミステリー調査班』という作品をご存じでしょうか? 1990年代に連載されていた「週刊少年マガジン」(講談社)の編集部スタッフがガチンコで「UFO」「超能力」「幽.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。