わらべの最新情報

わらべ に関するニュース検索結果   66件

冷え性ママにも効果あり⁉ 作ってびっくり多機能なおしゃれお手玉【昔ながらが”今”楽しい!レトロアートレシピ Vol.3】

冷え性ママにも効果あり⁉ 作ってびっくり多機能なおしゃれお手玉【昔ながらが”今”楽しい!レトロアートレシピ Vol.3】

こんにちは! そんたんママです。暦の上ではもう春ですね。とはいえ、寒い日はまだまだ家でコタツに入っていたいズボラな母です。さて今回は、元祖家遊びとも呼べるお手玉をつくります。そしてなんと! これが冷え性ママの助っ人にもな.. 続きを読む

関根、小堺、わらべ 幼年期の見栄晴ら「求心力で再会」喜ぶ

関根、小堺、わらべ 幼年期の見栄晴ら「求心力で再会」喜ぶ

◇真屋順子さんお別れ会(2018年2月15日) お別れの会には関根勤(64)や小堺一機(62)、娘役で組んだユニット「わらべ」の倉沢淳美(50)、高橋真美(50)らが出席。関根は「真屋さんの励ましは捻挫に貼る馬肉の湿布のようだった」と語.. 続きを読む

ハルカトミユキが『溜息の断面図』ツアーを通して伝えたかったメッセージ、その核心は

ハルカトミユキが『溜息の断面図』ツアーを通して伝えたかったメッセージ、その核心は

溜息の断面図 TOUR 2017-2018 種を蒔く~花~ 2018.2.2 恵比寿LIQUID ROOM 不穏なベースラインがループし場内に緊張が走る。拡声器を持ってフロアの柱に上ったハルカが、世にはびこるゆがんだ価値観への疑問を吐き出す。ミユキも持ち場.. 続きを読む

堺少女歌劇団が「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産登録PR隊に就任!本公演には、未知やすえも登場!

堺少女歌劇団が「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産登録PR隊に就任!本公演には、未知やすえも登場!

1月28日、堺市総合福祉会館(大阪府堺市)で堺少女歌劇団の「第四回本公演」が開催され、本公演終了後、「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産登録PR隊就任式が行われた。堺少女歌劇団は、戦前、堺市・大浜に存在した少女歌劇団を堺東商店街連合.. 続きを読む

おそ松さん 第2期 第11話「 復讐のチビ太 」【感想コラム】

おそ松さん 第2期 第11話「 復讐のチビ太 」【感想コラム】

毛の恨みって……金の恨みより怖いものなんですね……。恐ろしいね……。チビ太は昔からあの頭でしたが、やっぱり大事にしてたんだね……。そんな今回もあらすじと感想に参りたいと思います!Contents1 おそ松さん 第2期 第11話「 復讐のチビ太 .. 続きを読む

甦る「アイドルグループ」黄金伝説(3)<総リサーチ>あの人気メンバーは今どこに?

甦る「アイドルグループ」黄金伝説(3)<総リサーチ>あの人気メンバーは今どこに?

うら若き乙女が同じグループであり続けることは、ほぼ不可能。大輪の花を咲かせ、はかなく散ってしまった花びらたちは今、どうしているのか?来年のデビュー30周年で「22年ぶり再結成か?」と報じられたのがWinkだ。89年には「淋しい熱帯.. 続きを読む

わが子へ「ハグやチュー」ができないのは母親失格…?

わが子へ「ハグやチュー」ができないのは母親失格…?

source:https://www.shutterstock.com/下の子が生まれて、上の子が赤ちゃん返り。筆者がそんな状況にあった時、よく聞いたアドバイスは、「上の子をいっぱい抱きしめてあげてね。チューもいっぱいしてあげて!」というようなもの。とは.. 続きを読む

ハルカトミユキ ツアーがついにスタート!そして、映画「ゆらり」書き下ろし曲「手紙」の詳細も明らかに!!

ハルカトミユキ ツアーがついにスタート!そして、映画「ゆらり」書き下ろし曲「手紙」の詳細も明らかに!!

待望のツアーがスタート、そして配信シングルはなんと5曲入り!10月14日(土)下北沢ガレージ。傑作アルバム『溜息の断面図』を引っ提げてのツアーがスタート。このツアーはまずハルカトミユキの2人だけで全国を回ってから、年明けに東名.. 続きを読む

子供の情操教育にぴったり!二世帯住宅のメリット

子供の情操教育にぴったり!二世帯住宅のメリット

都市部では特に、核家族化が進んでおり、祖父母と一緒に住んでいる家庭は決して多くはないでしょう。また嫁姑問題などもあり、祖父母、夫婦お互いに同居のような形態を好まない傾向もあるようです。しかし、実は祖父母と二世帯住宅で一緒.. 続きを読む

子供の情操教育にぴったり!二世帯住宅のメリット

子供の情操教育にぴったり!二世帯住宅のメリット

都市部では特に、核家族化が進んでおり、祖父母と一緒に住んでいる家庭は決して多くはないでしょう。また嫁姑問題などもあり、祖父母、夫婦お互いに同居のような形態を好まない傾向もあるようです。しかし、実は祖父母と二世帯住宅で一緒.. 続きを読む

『朝霧JAM』の音楽とキャンプ以外の10の楽しみ

『朝霧JAM』の音楽とキャンプ以外の10の楽しみ

10月7日(土) 、8日(日) に富士山麓 朝霧アリーナ・ふもとっぱらにて開催される『It’s a beautiful day~ Camp in 朝霧 Jam』。日本のキャンプインフェスを代表するパイオニア的存在の野外音楽フェスティバル、といわれる本フェスの開催ま.. 続きを読む

【2017】京都の紅葉名所、全25スポット!見頃やライトアップ情報も!

【2017】京都の紅葉名所、全25スポット!見頃やライトアップ情報も!

古都京都には美しい紅葉スポットが多数あります。京都の紅葉名所を一気にご紹介します!紅葉の見ごろに合わせて行われる期間限定の「特別公開」や、ライトアップされた幻想的な紅葉景色、情緒あふれるお寺の紅葉など。見ごたえ抜群の絶景.. 続きを読む

【京都観光】美しい庭園とお抹茶!静かに一服できる大原のお寺を厳選

【京都観光】美しい庭園とお抹茶!静かに一服できる大原のお寺を厳選

名庭園を鑑賞しながら抹茶をいただけるお寺があるのは、さすが京都。山里の静寂に心を洗われる、贅沢な時間を過ごしに行こう。<※情報は関西ウォーカー(2017年9月5日発売号)より>■ 竹林の先に広がる里景色!時間を忘れる一服を「宝泉院.. 続きを読む

            【ハルカトミユキ】『HARUKATOMIYUKI +5th Anniversary SPECIAL』2017年9月2日 at 日比谷野外大音楽堂

【ハルカトミユキ】『HARUKATOMIYUKI +5th Anniversary SPECIAL』2017年9月2日 at 日比谷野外大音楽堂

“ハルカトミユキの音楽が好きってことは、何か悩んでて言葉にできない人たちだと思うんだけど、そのモヤモヤを私たちにぶつけてくれますか?”――ライヴ後半、ミユキ(Key&Cho)の叫ぶ問いかけは野音の空気をほぐしながら、理想的に熱くも.. 続きを読む

【京都観光】苔と青モミジのじゅうたんが見事!東洋の宝石箱「三千院」

【京都観光】苔と青モミジのじゅうたんが見事!東洋の宝石箱「三千院」

「三千院」は、天台宗の開祖・最澄が比叡山の東堂に草庵を開いたのが始まりと伝わり、平安後期以降は皇族が住職を務める門跡寺院に。江戸時代の茶人である金森宗和が修築したと伝わる池泉鑑賞式庭園の聚碧園と、作家の井上 靖が「東洋の.. 続きを読む

ハルカトミユキ、アルバム収録曲「近眼のゾンビ」ファン待望のミユキ主演リリックビデオを公開

ハルカトミユキ、アルバム収録曲「近眼のゾンビ」ファン待望のミユキ主演リリックビデオを公開

ハルカトミユキがニューアルバム『溜息の断面図』収録曲、「近眼のゾンビ」のリリックビデオを公開した。このビデオは、アルバムより先行で公開された映像が全てハルカのみの出演だったことから、ファンから「ミユキも出せ!」という声が.. 続きを読む

【保育士オススメ】赤ちゃんの「視覚・聴覚・触覚」をグングン育てる遊び3つ

【保育士オススメ】赤ちゃんの「視覚・聴覚・触覚」をグングン育てる遊び3つ

出典:https://www.shutterstock.com3~6か月ごろになると、少しずつ周りに興味が出始め、あやすと笑ったり手を動かしたりと様々な反応が見られるようになります。今回は、この時期におすすめの五感のうちの視覚、聴覚、触覚を刺激する遊.. 続きを読む

ハルカトミユキ「嘘のないアルバムができました」、きのこ帝国を迎えたレコ発ツアー最終日公演をレポート

ハルカトミユキ「嘘のないアルバムができました」、きのこ帝国を迎えたレコ発ツアー最終日公演をレポート

ハルカトミユキの3rdアルバム『溜息の断面図』のリリースを記念して、6月28日より3日間連続で開催されたレコ発ツアーの最終日となる公演が、6月30日に渋谷Club QUATTROにて開催された。tacica、peridots、きのこ帝国を迎えてそれぞれ2マ.. 続きを読む

            ハルカトミユキ、レコ発3daysが終了

ハルカトミユキ、レコ発3daysが終了

ハルカトミユキが3rdアルバム『溜息の断面図』のリリースを記念し、発売日の6月28日から3日間に渡り実施したレコ発ツーマンライブ。初日のSHIBUYA WWW Xはtacica、2日目のSHIBUYA WWWにはperidots。そして最終日であるSHIBUYA QUATTROに.. 続きを読む

「振り切ることが愛情表現であり誠意」 ハルカトミユキが『溜息の断面図』に注ぎ込んだ怒りと希望とは

「振り切ることが愛情表現であり誠意」 ハルカトミユキが『溜息の断面図』に注ぎ込んだ怒りと希望とは

2015年は毎月新曲を配信し2枚のミニアルバム『世界』と『LIFE』をリリース、続く2016年は47都道府県ツアーを行いフルアルバム『LOVELESS/ARTLESS』をリリースするという、超過密なスケジュールを乗り越えてきたハルカトミユキ。それから1.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。