やまもといちろうの最新情報

やまもといちろう に関するニュース検索結果   120件

「元」女子高生社長・椎木里佳が女子高生社長ラノベの執筆者に抗議、無事返り討ちに遭う|文◎やまもといちろう

「元」女子高生社長・椎木里佳が女子高生社長ラノベの執筆者に抗議、無事返り討ちに遭う|文◎やまもといちろう

ネットではお騒がせの愛されキャラとして定着している椎木里佳さん、また面倒なネタを起こして炎上しているのを観測しました。若いというのは素晴らしいことだなと思います。【炎上】椎木里佳が本をパクられたと告発 | netgeekhttp://net.. 続きを読む

女性は土俵から降りて…相撲よりも”相撲協会”が最高の老害観察エンターテイメントに|文◎やまもといちろう

女性は土俵から降りて…相撲よりも”相撲協会”が最高の老害観察エンターテイメントに|文◎やまもといちろう

相変わらずいろんなことで揉めている相撲協会ですが、ネットでもリアルでも話題沸騰になっているのが「救急処置をしようと土俵に上がった女性たちに『女性は土俵に上がらないでください』と場内アナウンスされ、女性たちが土俵から降りた.. 続きを読む

ビートたけし独立騒動の真相が乱舞して何だか良く分からない件について|文◎やまもといちろう

ビートたけし独立騒動の真相が乱舞して何だか良く分からない件について|文◎やまもといちろう

先日、ビートたけしが所属事務所「オフィス北野」からの独立を電撃発表し話題になっていましたが、今度は週刊新潮がパートナー女性からのビートたけし洗脳問題、さらにはたけし軍団からの声明として、つまみ枝豆らがブログに騒動の「解説.. 続きを読む

イケダハヤトさんの住む高知界隈でレイプ騒ぎとの報…悩ましき現実|文◎やまもといちろう

イケダハヤトさんの住む高知界隈でレイプ騒ぎとの報…悩ましき現実|文◎やまもといちろう

どうもあかんことになっているようですが、noteでさとうひよりさんによる告発めいた記事が出ておりました。事実にはオチも救いもないけれど、これが地方移住で受けた性被害と現実です。https://note.mu/hi4r1sato/n/n4ccb2f257222この記.. 続きを読む

ZOZOTOWN田端信太郎さんの発言に見る税負担と衆愚の社会学|文◎やまもといちろう

ZOZOTOWN田端信太郎さんの発言に見る税負担と衆愚の社会学|文◎やまもといちろう

コミュニケーションツール大手LINE社のビジネス広告担当からZOZOTOWNを運営するスタートトゥディ社へと華麗なる転職を果たした田端信太郎さんですが、さっそく発言が燃えていて興味津々であります。田端信太郎氏の炎上ツイートでZOZOTOWN.. 続きを読む

仮想通貨取引所コインチェックで全通貨の取引が一時停止。いまなにが起きてるの…?

仮想通貨取引所コインチェックで全通貨の取引が一時停止。いまなにが起きてるの…?

Image: Coincheck 僕の小遣いどこいった。国内の仮想通貨取引所コインチェックでBTC(ビットコイン)以外の取り扱い通貨の取引が一時停止しています。事の始まりは、本日の12時ごろ。コインチェッ.. 続きを読む

副業・兼業は認めるべきか…に見る働き方改革のゆくえ|やまもといちろうコラム

副業・兼業は認めるべきか…に見る働き方改革のゆくえ|やまもといちろうコラム

目下、政府が推し進める「働き方改革」なる話の流れ上、どうしても既存の企業に勤める個人がその企業以外に仕事を持つ副業を認めるかどうかのつばぜり合いになってしまうのは仕方のないことなのでしょうか。働き方改革:兼業・副業の指針.. 続きを読む

糸井重里さんが推した『世界一のクリスマスツリー』を巡る顛末|やまもといちろうコラム

糸井重里さんが推した『世界一のクリスマスツリー』を巡る顛末|やまもといちろうコラム

非常に微妙な案件だなと思ってみていたのですが、毀誉褒貶が激しいプラントハンターの西畠清順さんが手がける神戸の『世界一のクリスマスツリー』騒動、まだまだ燃え上がっているのが印象的です。クリスマスなのにツリーが燃えるとかどう.. 続きを読む

キングコング西野亮廣さんがエボラブルアジアのCIOを3日で退任!? ブチギレさせた事件とは

キングコング西野亮廣さんがエボラブルアジアのCIOを3日で退任!? ブチギレさせた事件とは

9月9日、人気お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣さんがEvolable Asia(東証一部上場企業、株式会社エボラブルアジアのベトナム法人)のCIO(最高情報責任者)に就任したものの3日で退任していたことがわかった。9月6日にCIOに就任し、9月7.. 続きを読む

がん代替治療:小林麻央さんと北斗晶を分けたものは何だったのか|やまもといちろうコラム

がん代替治療:小林麻央さんと北斗晶を分けたものは何だったのか|やまもといちろうコラム

いままさにネット上でもニセ医学についての話題が沸騰しているのですが、とりわけ生死を大きく分けるがん治療についてはかなり分析が進んできています。医学的な見地からきちんと早期から外科治療を行うことの多い標準医療と、温存療法や.. 続きを読む

芸能界の”奴隷契約”と置屋事業対策に進む公正取引委員会|やまもといちろうコラム

芸能界の”奴隷契約”と置屋事業対策に進む公正取引委員会|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。よく製作委員会でコンテンツ投資をやるにあたって、日米と欧州、中国その他の契約の違いに直面することがあるわけなんですが、先日、典型的な事例が日本で勃発し、『週刊文春』(文藝春秋)が正面から.. 続きを読む

橋下徹vs.有田芳生の”国籍提示”と”ハシシタ”を巡っての抗争|やまもといちろうコラム

橋下徹vs.有田芳生の”国籍提示”と”ハシシタ”を巡っての抗争|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。ネットには良い炎上と悪い炎上があって、良い炎上というのは論争を通じて物事の理解が深まったり、あまり語られなかったことが表面化して行動が糺される他山の石となるようなものを言います。今回の橋.. 続きを読む

民進党・蓮舫代表”二重国籍”で戸籍出す出さない攻防を見る側の心情|やまもといちろうコラム

民進党・蓮舫代表”二重国籍”で戸籍出す出さない攻防を見る側の心情|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。日本人として生まれ、日本人として生き、日本で暮らしています。たぶんずっと日本で子供を育て、日本人として日本で死ぬことでしょう。日々の暮らしの中で国籍について意識することはほとんどありませ.. 続きを読む

週刊少年ジャンプの”エロ表現”に激怒する弁護士たちの暑い夏|やまもといちろうコラム

週刊少年ジャンプの”エロ表現”に激怒する弁護士たちの暑い夏|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。『週刊少年ジャンプ』(集英社)というと、個人的には「Dr. スランプ」ぐらいしか読んでおらず、大人になってからもほとんど漫画を読まないので何一つ思い入れは無いのですが、なんか騒ぎになっており.. 続きを読む

バニラエアでの障害者搭乗、炎上でしか物事は動かないのか問題|やまもといちろうコラム

バニラエアでの障害者搭乗、炎上でしか物事は動かないのか問題|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。幸いにしていまは自分で立てるほど回復はしているんですが、一時期親父お袋義父が揃って闘病中に車椅子という事態となりまして、ベビーカー合わせると4台同時稼働ということで家族で移動するにも用立.. 続きを読む

豊田真由子女史の暴行騒動を一個人の問題で終わらせて良いのか|やまもといちろうコラム

豊田真由子女史の暴行騒動を一個人の問題で終わらせて良いのか|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。仕事柄、いろんな変わった人と遭遇したり観察したりする機会が多いのですが、テレビでも自民党からの離党を表明した豊田真由子女史の「このハゲーーーーッ」には驚愕の声が集まっておりました。確かに.. 続きを読む

小池百合子女史の「都政立ち往生」”対決姿勢”でどこまでやれるか|やまもといちろうコラム

小池百合子女史の「都政立ち往生」”対決姿勢”でどこまでやれるか|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。しばらく都政周りを見ていて思ったのですが、昨年小池百合子女史(64)が都知事選に勝利し、爆発的な人気を誇っていたころから「すでに決まっている政策のちゃぶ台返し」を狙ってやっている部分が垣間.. 続きを読む

小出恵介の騒動が美人局疑惑も飛び出す”百鬼夜行”に|やまもといちろうコラム

小出恵介の騒動が美人局疑惑も飛び出す”百鬼夜行”に|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。小出恵介さん(33)は地味に私の大学の後輩でありまして、共通の知り合いも多かった分だけショックだなあというのが第一報を見たときの印象です。当初の報道で言えば、17歳の女性を無理矢理連れ込んで.. 続きを読む

【世代間格差】日本は今後残された富をどう配分すべきか|やまもといちろうコラム

【世代間格差】日本は今後残された富をどう配分すべきか|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。朝、取引先に訪問するべく駅前のロータリーに向かったところ、渋いスーツを着た人たちがたくさんいたので「葬式でもあったのかな?」と思ったら企業訪問か何かの解禁日で、学生に人気の高いとされる某.. 続きを読む

世紀のスクープか第二の永田メールか?加計学園騒動の行方|やまもといちろうコラム

世紀のスクープか第二の永田メールか?加計学園騒動の行方|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。今週、『週刊新潮』(新潮社)も『週刊文春』(文藝春秋)もネタを出すようで、またなぜか『日刊ゲンダイ』(日刊現代)まで便乗している加計学園問題ですが、かねてから安倍昭恵(54)事案の本丸と言.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。