やしきたかじんの最新情報

やしきたかじん に関するニュース検索結果   24件

イオンが文春に1億6千万円を請求した名誉毀損裁判で東京高裁が「記事は真実」と判断、大企業のSLAPP訴訟を批判

イオンが文春に1億6千万円を請求した名誉毀損裁判で東京高裁が「記事は真実」と判断、大企業のSLAPP訴訟を批判

"文春砲"をめぐり注目すべき判決が下された。「週刊文春」(文藝春秋)2013年10月17日号に掲載された流通大手イオンの食品汚染記事に関し、東京高裁(野山宏裁判長)が「見出し以外記事の内容は真実」として1審の賠償2492万円から110万円.. 続きを読む

音楽・花火・フード!約9万8000人が来場した大盛況の大阪泉州夏祭り!

音楽・花火・フード!約9万8000人が来場した大盛況の大阪泉州夏祭り!

8月26日・27日の2日間、大阪・泉南樽井サザンビーチにて関西最大級の音楽フェス「MUSIC CIRCUS'17」をはじめとする「大阪泉州夏祭り2017 Supported by たかじんAWARD」が開催された。「泉州地域に新しい祭りを」との思いから発案さ.. 続きを読む

百田尚樹が『海賊と呼ばれた男』映画宣伝から外された本当の理由 ついに安倍首相にも見放され...

百田尚樹が『海賊と呼ばれた男』映画宣伝から外された本当の理由 ついに安倍首相にも見放され...

今週10日、映画『海賊と呼ばれた男』が公開となる。主演の岡田准一は映画をプロモーションするべくフル稼働でテレビに出演しつづけているが、一方で、同作の宣伝に対してブツブツと文句を言っている人物がいる。原作者である百田尚樹セン.. 続きを読む

高倉健三回忌を前にいまだ墓参できない親族たちの苦悩

高倉健三回忌を前にいまだ墓参できない親族たちの苦悩

俳優の高倉健(享年83)の三回忌が11月10日に迫っている。しかし、国民的な映画スターだったにもかかわらず、仕事関係者や親しかった友人、さらには親族すら「どこに行って手を合わせて線香を上げればいいのか」と途方に暮れている。「健.. 続きを読む

岡村隆史、2本目の“関西ローカル”レギュラー決定はナイナイ解散への布石?

岡村隆史、2本目の“関西ローカル”レギュラー決定はナイナイ解散への布石?

ナインティナインの岡村隆史が、関西テレビで初のレギュラー番組を持つことがわかった。タイトルは未定ながら、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が店主を務める飲食店に岡村扮する常連客が訪れ、ゲストに質問をぶつけていくシチュエーション.. 続きを読む

沖縄県民が他人によくされる「いい加減にしろ!」となるネタ10連発

沖縄県民が他人によくされる「いい加減にしろ!」となるネタ10連発

今月末から始まるゴールデンウィークを利用して、沖縄県へ旅行をするという人は少なくないだろう。事前に情報を調べるべく知り合いの沖縄県民へ話しかける人もいると思うが、そんな人たちに対して「いい加減にしろ!」と毎年思っている沖.. 続きを読む

"無双"といわれる「週刊文春」にも絶対書けないタブーが! 林真理子が「作家になれば悪口書かれない」と暴露

"無双"といわれる「週刊文春」にも絶対書けないタブーが! 林真理子が「作家になれば悪口書かれない」と暴露

「センテンススプリング砲また炸裂」「文春無双」──。このところのスクープラッシュで、ネット上には「週刊文春」(文藝春秋)をこんな形容で称える声があふれている。実際、この雑誌のことを、「タブーのない最強の週刊誌」「向かうとこ.. 続きを読む

津川雅彦だけじゃない、「保育園落ちた」ブロガーに安倍応援団が次々卑劣な攻撃! 内調のデマリーク、ネトウヨも

津川雅彦だけじゃない、「保育園落ちた」ブロガーに安倍応援団が次々卑劣な攻撃! 内調のデマリーク、ネトウヨも

「ブログ書いた人間が死ね!」先週、『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)で、俳優・津川雅彦が「保育園落ちた」ブログをめぐり暴言を吐いたことが大きな問題になっている。番組自体をBPOに告発すべき、国会でも追及すべきという声.. 続きを読む

百田尚樹、『殉愛』裁判で“作家タブー”問われ動揺!? 傍聴席から失笑漏れた“ブチ切れ”ショー

百田尚樹、『殉愛』裁判で“作家タブー”問われ動揺!? 傍聴席から失笑漏れた“ブチ切れ”ショー

故・やしきたかじんさんの長女が、やしきさんの闘病生活を描いた作家・百田尚樹のノンフィクション本『殉愛』で名誉を傷つけられたとして、発行元の幻冬舎に出版差し止めなどを求めた訴訟の口頭弁論が2日、東京地裁で開かれ、百田が証人.. 続きを読む

自爆証言した百田尚樹がメルマガでトンデモ裁判報告!『殉愛』を「小説」と書き、たかじんの娘をさらに誹謗中傷

自爆証言した百田尚樹がメルマガでトンデモ裁判報告!『殉愛』を「小説」と書き、たかじんの娘をさらに誹謗中傷

先日3月2日、東京地裁で開かれた、やしきたかじん氏の長女が名誉を傷つけられたとして幻冬舎を相手に『殉愛』の出版差し止めなどを請求した民事訴訟の第9回口頭弁論に初出廷した作者の百田尚樹氏。既報の通り、証言台に立った百田氏は「.. 続きを読む

「秋元康、和田アキ子は負け組」!? 北島三郎G1制覇に見る、“芸能人馬主”の現実が悲しすぎる……

「秋元康、和田アキ子は負け組」!? 北島三郎G1制覇に見る、“芸能人馬主”の現実が悲しすぎる……

演歌の大御所・北島三郎の愛馬、キタサンブラックが25日、第76回菊花賞(G1)を優勝。馬主歴47年(初出走時)のベテランがついにG1オーナーの座についた。賞金はなんと1億1200万円である。北島氏は京都競馬場での優勝馬主インタビューで.. 続きを読む

川島なお美の手術が遅れたのは「がんと闘うな」近藤誠医師の診断のせいだった? がん専門医からも誤診との批判が

川島なお美の手術が遅れたのは「がんと闘うな」近藤誠医師の診断のせいだった? がん専門医からも誤診との批判が

「東京・渋谷にある僕の外来(近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来)に一度、お見えになりました。肝臓の中に腫瘍が見つかった、ということでね。川島さんご自身がそのことを周辺に話していたようですね」「川島さんが切除手術を受.. 続きを読む

KAT-TUN・上田竜也、元ミニスカポリスと“熱愛発覚”も問われるマスコミ取材手法

KAT-TUN・上田竜也、元ミニスカポリスと“熱愛発覚”も問われるマスコミ取材手法

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!安倍晋三首相のお友だちやチルドレンのトンデモ発言が止まらない――「戦争に行きたくな.. 続きを読む

警視庁に殺害予告…百田尚樹、犯罪被害をカミングアウト

警視庁に殺害予告…百田尚樹、犯罪被害をカミングアウト

作家・百田尚樹氏(59)への逆風が吹き止まない。「永遠のゼロ」のヒットで、ベストセラー作家の名をほしいままにしていたのも今は昔。度重なる舌禍騒動などで評価を急落させている。「歌手、やしきたかじん氏の晩年を描いた疑惑だらけの.. 続きを読む

吉田豪インタビュー企画:作詞家・及川眠子「たかじんはワガママで気が弱いオッサンですよ(笑)」(1)

吉田豪インタビュー企画:作詞家・及川眠子「たかじんはワガママで気が弱いオッサンですよ(笑)」(1)

プロインタビュアー吉田豪が注目の人にガチンコ取材を挑むロングインタビューコーナー。今回のゲストは作詞家の及川眠子さん。Winkや『エヴァンゲリオン』主題歌の作詞などで知られる及川さんは、やしきたかじん氏の楽曲の作詞も手がけて.. 続きを読む

“だめんず”国生さゆり、今度の熱愛相手はポストやしきたかじん

“だめんず”国生さゆり、今度の熱愛相手はポストやしきたかじん

タレントの国生さゆり(48)が、意外なお相手と熱愛中であると6月11日発売の『女性セブン』(小学館)がスクープしている。その相手とは、なんとお笑いコンビ『メッセンジャー』のボケ担当・黒田有(45)。同誌によると関西での番組共演.. 続きを読む

どっちに転んでも勝ち戦だった! 政界引退の橋下徹市長についた“驚愕のお値段”とは

どっちに転んでも勝ち戦だった! 政界引退の橋下徹市長についた“驚愕のお値段”とは

大阪維新の会代表の橋下徹市長が政治生命を懸けて訴えた「大阪都構想」が、僅差で否決された。 橋下氏は12月の任期満了をもって、政界引退を表明。早くもその動向に注目が集まっている。 関西のテレビ業界では、故・やしきたかじんさん.. 続きを読む

橋下徹大阪市長が「やしきたかじんの後釜」に!? 早くもテレビ出演オファー殺到か

橋下徹大阪市長が「やしきたかじんの後釜」に!? 早くもテレビ出演オファー殺到か

「大阪都構想」の賛否を問う住民投票が僅差で敗れ、橋下徹大阪市長は12月の任期満了で政界を引退する考えを表明した。今後の身の振り方については「大阪維新の会の顧問弁護士にでも」などと話したが、ある情報番組のプロデューサーは「や.. 続きを読む

​やしきたかじんかよ!超絶ビブラート唱法で歌う電車内の迷惑客が不愉快すぎる

​やしきたかじんかよ!超絶ビブラート唱法で歌う電車内の迷惑客が不愉快すぎる

電車内での迷惑行為。音楽の音漏れ、「今電車だから!」とつい電話に出てしまうご老人やサラリーマンの会話につい眉をひそめる耐性の無さに、日本の社会の心の狭さを痛感じてしまう今日この頃だが、海外だとさらにもう一歩進んだ迷惑行為.. 続きを読む

aikoが「花火」発車メロディに大喜び、「キター!キター!」とはしゃぐ。

aikoが「花火」発車メロディに大喜び、「キター!キター!」とはしゃぐ。

歌手のaikoが4月27日、今年3月から代表曲のひとつ「花火」が発車メロディに採用されているJR大阪環状線の天満駅を実際に訪問。ホームで発車メロディを聴きながら喜ぶ姿を動画に収め、自身のTwitterに投稿した。この動画は、「改めて生で.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。