ときめきトゥナイトの最新情報

ときめきトゥナイト に関するニュース検索結果   18件

少女漫画誌「りぼん・なかよし・ちゃお」あなたは何派だった?

少女漫画誌「りぼん・なかよし・ちゃお」あなたは何派だった?

女性なら、青春時代に夢中になって読んでいた少女漫画誌があるだろう。『りぼん』(集英社)、『なかよし』(講談社)、『ちゃお』(小学館)は“三大少女漫画誌”ともいわれ、人気を分け合ってきたライバル誌。友達の間で「私はりぼん派」.. 続きを読む

絶対実写化しないで!りぼん往年の名作ランキング

絶対実写化しないで!りぼん往年の名作ランキング

近年増加傾向にあるように思える「漫画の実写化」、意見は賛否ありますが基本的に否定的な意見が多いように思えます。特に名作漫画などの実写化のニュースが流れるとネットでは罵声が飛び交う事もあり、ファンにとって「実写化」は、受け.. 続きを読む

菊地成孔プロデュース“けもの”、新ALより「めたもるセブン」のMV公開

菊地成孔プロデュース“けもの”、新ALより「めたもるセブン」のMV公開

シンガーソングライター青羊(あめ)のソロユニット“けもの”がニューアルバム『めたもるシティ』から「めたもるセブン」のMVを公開した(https://youtu.be/2u7mvFf_5UE)。本作は、ハッピーフィール全開のシティポップとなっており、いわ.. 続きを読む

『メアリと魔女の花』を徹底取材! 米林監督の乙女心の表現力はあの少女マンガからだった【前編】

『メアリと魔女の花』を徹底取材! 米林監督の乙女心の表現力はあの少女マンガからだった【前編】

『借りぐらしのアリエッティ』(10)や『思い出のマーニー』(14)の米林宏昌監督が、スタジオジブリを退社後、新天地・スタジオポノックで手がけた映画が、『メアリと魔女の花』です。7月8日(土)公開の本作の全貌がようやく明らかになりまし.. 続きを読む

それは40年の絆の奇跡。伝説一歩手前の声優ユニット「FULL Kabs(水島裕、井上和彦、三ツ矢雄二)」解散ライブレポート

それは40年の絆の奇跡。伝説一歩手前の声優ユニット「FULL Kabs(水島裕、井上和彦、三ツ矢雄二)」解散ライブレポート

2017年2月25日(土)夜、東京・科学技術館サイエンスホールにて、声優ユニット「FULL Kabs」の解散ライブが行なわれ、惜しまれながら有終のラスト公演を飾った。「FULL Kabs」は、「サイボーグ009」(1979) 島村ジョー役や「キャンディ.. 続きを読む

本棚丸ごと持ち歩ける! 紙の本からKindleへSwitchする素晴らしさ

本棚丸ごと持ち歩ける! 紙の本からKindleへSwitchする素晴らしさ

何年たっても買ってよかったガジェットのトップ3から外れない、それがKindle。私が初めてKindleを買ったのは2013年のこと。以来、ここまで自然に、安定して生活に組み込まれたガジェットはないと言い切れるほど、Kindleを愛用しています.. 続きを読む

「りぼんのふろく展」に行ったらすごかった 戦前から現代までふろく1000点が集合

「りぼんのふろく展」に行ったらすごかった 戦前から現代までふろく1000点が集合

少女マンガ雑誌『りぼん』を、購入していたアラサー女性は多いのではないだろうか?1994年に少女マンガ史上最高の255万部という発行部数を記録し、未だに破られていない『りぼん』。そんな全盛期に『りぼん』を購入していた250万乙女たち.. 続きを読む

【食券買ったら太陽神が】Twitterで話題の画像まとめ(1/30 夜版)

【食券買ったら太陽神が】Twitterで話題の画像まとめ(1/30 夜版)

(2017・ラサール中・社会)「え?これだけで分かるの?」と思ったが、よく見たら…そういうことか。なるへそ。 #中学入試メモ pic.twitter.com/QoXVHgfqoM — 上野尚人uenotakato(イマイさん (@uen0) 2017年1月29日   「ポーの一族」に「.. 続きを読む

創刊60周年「りぼん」名キスシーン勢揃い 元りぼんっ子、スカイツリーで悶絶

創刊60周年「りぼん」名キスシーン勢揃い 元りぼんっ子、スカイツリーで悶絶

全盛期には250万部もの部数を発行した、月刊少女漫画『りぼん』。1980年代から1990年代にかけて多くのりぼん作品が、全国の乙女たちの胸をキュンキュンさせていました。当時胸キュンした乙女たちに送るコラボイベント「250万乙女のときめ.. 続きを読む

 "りぼんっ子"必見! 池野恋・水沢めぐみの直筆色紙も展示、大人気連載陣の作画実演も体感できる「りぼん夏のまんが祭」開催

"りぼんっ子"必見! 池野恋・水沢めぐみの直筆色紙も展示、大人気連載陣の作画実演も体感できる「りぼん夏のまんが祭」開催

今月17日、18日に開催される「りぼん 夏のまんが祭  りぼんフェスタ2016」は、昨年創刊60周年を迎えた少女漫画雑誌『りぼん』による一大イベント。会場では、代表作『ときめきトゥナイト』で知られる池野恋さん、『ちびまる子ちゃん』.. 続きを読む

【りぼん】60周年記念で次々リリースされる『りぼんグッズ』レビュー / 激アツ‼︎ ~オリジナル名刺編~

【りぼん】60周年記念で次々リリースされる『りぼんグッズ』レビュー / 激アツ‼︎ ~オリジナル名刺編~

今年は『りぼん』創刊60周年。多くの女の子が登る “乙女の階段” の1段目と言っても過言ではない、集英社が誇る王道の少女漫画雑誌『りぼん』。そんな『りぼん』は現在、様々なグッズ展開によって かつての「全国250万乙女」……端的に言う.. 続きを読む

【りぼん】60周年記念で次々リリースされる『りぼんグッズ』レビュー(ふろくカタログ編)

【りぼん】60周年記念で次々リリースされる『りぼんグッズ』レビュー(ふろくカタログ編)

今年は、めでたくも雑誌『りぼん』創刊60周年! 多くの女の子(場合によっては男の子)が登る “乙女の階段” の1段目と言っても過言ではない、集英社が誇る王道の少女漫画雑誌である!そんな『りぼん』は現在、様々な形でかつての「全国2.. 続きを読む

なつかしい『りぼん』の胸キュン漫画4つ

なつかしい『りぼん』の胸キュン漫画4つ

結婚式のお呼ばれラッシュの波もひととおり経験した。笑顔で拍手を送りつつも、さて自分はどうしよう。安定? みんながしてるから? 好きだから? ほんとに結婚したい? なんて、頭の中が「?」マークでいっぱいになってしまった人も.. 続きを読む

『ときめきトゥナイト』『こどものおもちゃ』など勢揃い! コレクター欲くすぐる『りぼん』創刊60周年記念オリジナルフレーム切手セット [オタ女]

『ときめきトゥナイト』『こどものおもちゃ』など勢揃い! コレクター欲くすぐる『りぼん』創刊60周年記念オリジナルフレーム切手セット [オタ女]

1955年8月3日に創刊され、2015年に60周年を迎えた集英社の少女コミック誌『りぼん』。その1980年から1990年までに連載された『ときめきトゥナイト』『有閑倶楽部』や、1990年から2000年までの人気作『赤ずきんチャチャ』『こどものおもち.. 続きを読む

壮絶体験記がヒット中! まんしゅうきつこインタビュー「私は“アル中ギャグ”をやりたかったんです」

壮絶体験記がヒット中! まんしゅうきつこインタビュー「私は“アル中ギャグ”をやりたかったんです」

飲んでも地獄、飲まなくても地獄。漫画家のまんしゅうきつこが自身のアルコール中毒によって起った様々な出来事を綴ったコミックエッセイ『アル中ワンダーランド』が現在発売中。「笑える」「ところどころ吹いた」など、“アル中ギャグ”と.. 続きを読む

箱クエスト「りぼん60th Anniversary」、7月に「80年代編」「90年代編」を発売! ドラマCDには浪川・宮野・阿澄・名塚

箱クエスト「りぼん60th Anniversary」、7月に「80年代編」「90年代編」を発売! ドラマCDには浪川・宮野・阿澄・名塚

くじ引き「箱クエストりぼん60th Anniversary 恋するりぼんっ子」がサニーサイドアップから登場。7月に発売となる。これは、アニメやゲームとのコラボで制作した完全オリジナルグッズ24種類をブラインド仕様の専用箱に入れて販売するハズ.. 続きを読む

『ときめきトゥナイト』スピンオフ第2弾『江藤望里の駆け落ち』5つの魅力

『ときめきトゥナイト』スピンオフ第2弾『江藤望里の駆け落ち』5つの魅力

2年ぶりに『ときめきトゥナイト』の新作が出た。売り切れが続出したスピンオフ第1弾は『ときめきトゥナイト 真壁俊の事情』。つづく第2弾のタイトルは『江藤望里の駆け落ち』だ。主役はヒロイン・江藤蘭世の父親の望里(モーリ)。新作.. 続きを読む

一番くじ「りぼんっ子メモリアル」、5月上旬に発売! 「ママレード・ボーイ」「赤ずきんチャチャ」「ご近所物語」など歴代16作品をピックアップ

一番くじ「りぼんっ子メモリアル」、5月上旬に発売! 「ママレード・ボーイ」「赤ずきんチャチャ」「ご近所物語」など歴代16作品をピックアップ

バンプレスト「一番くじV りぼんっ子メモリアル~りぼん60th Anniversary~」が5月上旬に発売となる。今回は、少女マンガ雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念し、16等級全16種+ラストワン賞を用意。80年代~90年代に“りぼんっ子”たちを夢中.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。