いすゞの最新情報

いすゞ に関するニュース検索結果   118件

         和歌山~東京をむすぶ「サザンクロス」乗車体験記! 充実の設備で乗り心地◎ 新幹線と比べて絶対お得

和歌山~東京をむすぶ「サザンクロス」乗車体験記! 充実の設備で乗り心地◎ 新幹線と比べて絶対お得

「サザンクロス和歌山号」はざっくり、こんなバス運行に実績のある南海グループのバス会社が運行!隣の人が気にならない! 3列独立シートカーテン、コンセントも完備! 充実の車内設備なんば~東京駅間の所要時間は約7時間半! 和歌山~.. 続きを読む

         来場者数、展示規模ともに過去最高のバスショー「Busworld」後編! 最新の2階建てバス&観光バスをレポート

来場者数、展示規模ともに過去最高のバスショー「Busworld」後編! 最新の2階建てバス&観光バスをレポート

ベルギー西部の都市・コルトライク(Kortrijk)で隔年開催される世界最大のバス専門ショー・Busworld Europeの会場レポート後編をお届けする。前編はこちらご存知ですか? 世界最大のバスショー「Busworld Europa 2017」 「Busworld Euro.. 続きを読む

吉井和哉、ソロ15周年記念盤のジャケ写解禁&新曲「Island」がついに完成

吉井和哉、ソロ15周年記念盤のジャケ写解禁&新曲「Island」がついに完成

ソロデビュー15周年を迎える吉井和哉のアニバーサリーアルバム『SOUNDTRACK~Beginning & The End~』のジャケット写真が公開された。このアルバムはソロ活動期間12年間の集大成であり、『ソロ活動が1本の映画としたら、サントラのような.. 続きを読む

「忖度がない」。テリー伊藤がピアッツァ・ネロを見て、いすゞの男気を語る!

「忖度がない」。テリー伊藤がピアッツァ・ネロを見て、いすゞの男気を語る!

▲軽自動車からスーパーカーまでジャンルを問わず大好物だと公言する演出家のテリー伊藤さんが、輸入中古車ショップをめぐり気になる車について語りつくすカーセンサーエッジの人気企画「実車見聞録」。誌面では語りつくせなかった濃い話.. 続きを読む

         大型免許があれば大型バス運転体験のチャンス! 「2018バステクフォーラム」大阪・舞州で5/25に開催

大型免許があれば大型バス運転体験のチャンス! 「2018バステクフォーラム」大阪・舞州で5/25に開催

一般利用者も参加OK! 最新車両や機器・システムが勢ぞろいぽると出版が主催する体験型バスイベント「2018バステクフォーラム」が、大阪市の舞州スポーツアイランドで2018年5月25日(金)に開催される。イベントでは、衝突被害軽減ブレー.. 続きを読む

バンコクモーターショー2018に登場した海外勢を紹介。メルセデスやBMWをはじめ、日本ではあまり見ないヒュンダイや起亜など

バンコクモーターショー2018に登場した海外勢を紹介。メルセデスやBMWをはじめ、日本ではあまり見ないヒュンダイや起亜など

▲今年、39回目を迎えたバンコクモーターショーには海外ブランドも数多く出展していた。ここでいう海外ブランドとは、日本から見た海外ブランドという意味。こちらはメルセデス・ベンツのブースで、ロボットのようなコスチュームとめくる.. 続きを読む

バンコクモーターショー2018に登場した日本車まとめ。日産 GT-Rの正規輸入開始。価格は4500万円オーバー!!

バンコクモーターショー2018に登場した日本車まとめ。日産 GT-Rの正規輸入開始。価格は4500万円オーバー!!

▲タイのバンコク近郊で開催された第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー2018には日本からも様々なメーカー、ブランドが出展。特に注目度の高かったGT-Rのプレゼンテーションにはチーフエンジニアの田村宏志氏も登場し、大.. 続きを読む

モータースポーツジャパンフェスティバルに貴重なヒストリックカーやラリーレプリカが大集合!

モータースポーツジャパンフェスティバルに貴重なヒストリックカーやラリーレプリカが大集合!

4月14日(土)、東京・台場の特設会場にて「第13回モータースポーツジャパン2018フェスティバル イン お台場」が行われ、全国から珍しいヒストリックカーや、レプリカカーが大集合した。■ 貴重なヒストリックカーがいっぱい!この「オーナ.. 続きを読む

HKSスーパーソアラ「C240」の高速極限耐久をテストしたドライバー3名のインプレッションとは? その2【OPTION 1984年12月号より】

HKSスーパーソアラ「C240」の高速極限耐久をテストしたドライバー3名のインプレッションとは? その2【OPTION 1984年12月号より】

谷田部の高速周回路をテストコースに、HKSのスーパーソアラ「C240」が挑んだ高速極限耐久。トータルチューニングがその要なのは当然ですが、テストをするドライバーがいないとできない挑戦です。今回のその2では、そんな過酷なテストに挑.. 続きを読む

         どんな会社? 山梨県内最大のバス事業者「山梨交通」の歴史を振り返る

どんな会社? 山梨県内最大のバス事業者「山梨交通」の歴史を振り返る

山梨交通は甲府を中心とする国中地方を中心に広い路線エリアを持ち、静岡県内でも一般路線バスを運行する。同社は、利便性向上やバリアフリー推進、環境保全など先進的な取り組みを積極的に行なっている。バスラマでは度々取材しているが.. 続きを読む

トラックがステータスになる国だからこそあこがれになるシボレーのピックアップ【バンコク・モーターショー2018】

トラックがステータスになる国だからこそあこがれになるシボレーのピックアップ【バンコク・モーターショー2018】

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのシボレーの出展の様子です。タイでも都市部となるバンコクではセダン需要が高くなっていますが、まだまだ地方ではピック.. 続きを読む

いすゞブースでは、人気のピックアップトラック&SUVを積極アピール【バンコク・モーターショー2018】

いすゞブースでは、人気のピックアップトラック&SUVを積極アピール【バンコク・モーターショー2018】

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのいすゞの出展の様子です。いすゞは日本ではパーソナルユースのモデルから撤退してしまっていますが、海外ではピックアッ.. 続きを読む

中高生が描く斬新な自動車像。カーデザインコンテストが未来のクルマを創造する!

中高生が描く斬新な自動車像。カーデザインコンテストが未来のクルマを創造する!

3月26日(月)、アルカディア市ヶ谷(千代田区)で「第6回カーデザインコンテスト」の表彰式が行われました。これは、公益社団法人自動車技術会のデザイン部門委員会が企画するカーデザイナー人材育成プログラムで、全国の中学、高校、高.. 続きを読む

         1位は『 約700kmを走破する日本最長昼行高速バス「スカイ号」』バスとりっぷ今週の記事ランキングTOP10 3/8~3/14

1位は『 約700kmを走破する日本最長昼行高速バス「スカイ号」』バスとりっぷ今週の記事ランキングTOP10 3/8~3/14

高速バス・夜行バスに関する記事の週間ランキングTOP10を紹介します!※2018年3月8日~3月14日公開記事が対象。順位は2018年3月16日現在。1位 約700kmを走破する日本最長昼行高速バス「スカイ号」 約10時間半の移動なのに短く感じるのはな.. 続きを読む

         バスマニアにとっては感動モノ? いすゞプラザで国産ボンネットバス「スミダ号」を見てきた

バスマニアにとっては感動モノ? いすゞプラザで国産ボンネットバス「スミダ号」を見てきた

ざっくり、こんな施設三大バスメーカーのひとつ「いすゞ自動車」の最新ミュージアム施設を紹介!「いすゞ自動車」の歴史と技術力を体験型展示でチェック!日本最古の国産バス「スミダ号」の実車も見学できる!「いすゞプラザ」を訪れる前.. 続きを読む

         一度は乗っておきたい路線バス! 岩手県北バスの「ボンネットバス」車内レポート&運転士インタビュー

一度は乗っておきたい路線バス! 岩手県北バスの「ボンネットバス」車内レポート&運転士インタビュー

ざっくり、こんな移動日本で数少ない、現役のボンネットバス「ひよっこ」や「Always三丁目の夕日」のような古き良き昭和のムードに浸る豪雪×ボンネットバスが織りなす、冬の絶景を楽しむ今回乗車する岩手県北バスの全輪駆動ボンネットバ.. 続きを読む

発売から50年を経ても、今なお人気が高い「いすゞ」の名車と言えばこのクルマ

発売から50年を経ても、今なお人気が高い「いすゞ」の名車と言えばこのクルマ

石川島自動車製造所をルーツに、合併や社名変更の変遷を経ながら、1930年代に創業した国内自動車メーカーの中で最古の歴史を持つ「いすゞ」。かつてはトヨタ・日産と共に国内自動車「御三家」とも呼ばれた同社の社名は伊勢神宮境内を流れ.. 続きを読む

テリー伊藤が「これで青山の街を走る女性がいたら惚れる」と断言するシトロエン BX

テリー伊藤が「これで青山の街を走る女性がいたら惚れる」と断言するシトロエン BX

▲軽自動車からスーパーカーまでジャンルを問わず大好物だと公言する演出家のテリー伊藤さんが、輸入中古車ショップをめぐり気になる車について語りつくすカーセンサーエッジの人気企画「実車見聞録」。誌面では語りつくせなかった濃い話.. 続きを読む

旧車ファン必見!  ’60年代の国産車達に出会えるイベント開催【トヨタ博物館】

旧車ファン必見! ’60年代の国産車達に出会えるイベント開催【トヨタ博物館】

トヨタ自動車が運営する愛知県長久手市の「トヨタ博物館」で、1960年代を彩ったクルマを一堂に集めたイベント「元気!! ニッポン1960s!」を開催しています。(2月10日‐4月15日)東京オリンピックを挟み、高度経済成長期の真っ只中にあった.. 続きを読む

         京都バスの車両65号は側窓に広告・告知を一切出さない! その理由とは?

京都バスの車両65号は側窓に広告・告知を一切出さない! その理由とは?

「バスラマ」では毎号、全国のバス事業者を訪問し、事業概要、路線展開、サービス展開、車両の現況などを紹介する「バス事業者訪問」が好評である。本連載はバス事業者からバス利用者に対するメッセージ発信の場でもあり、幅広い読者から.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。