浜辺美波、北村匠海ら『ふりふら』実写版キャスト、アニメ版にカメオ出演

クランクイン!

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』アニメ版に、実写版キャストの浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二が声優としてカメオ出演することが発表された。

咲坂伊緒の同名漫画を映画化する本作は、4人の高校生の男女の切なくすれ違う恋模様を描く青春ラブストーリー。同時期にアニメ版と実写版が製作される。

アニメ版のメインキャストとして、恋愛に対して現実的で積極的だが本当の気持ちを表現するのが苦手なヒロイン・山本朱里役を潘めぐみ、朱里とダブルヒロインとなる夢見がちで恋愛に消極的な市原由奈役を、オーディションにて満場一致で選ばれた新人声優・鈴木毬花が熱演。ある葛藤を抱える朱里の義理の弟・理央役で島崎信長、由奈の幼なじみで真っすぐな好青年だが、どこか周囲を冷静に見てしまう乾和臣役で斉藤壮馬が共演する。

実写版は、『アオハライド』『フォルトゥナの瞳』の三木孝浩監督がメガホンをとり、朱里役に浜辺、理央役を北村と、映画『君の膵臓をたべたい』のゴールデンコンビが再タッグ。また、由奈役を福本、和臣役を赤楚が演じている。

実写版キャストの4人がアニメ版で演じた役どころは、劇中での盛り上がりのひとつでもある文化祭に来ている生徒役。さらに、浜辺と福本は文化祭で上映される劇中劇『いつか世界の片隅で』の母娘役も担当しており、登場する母親チヨを浜辺が、その娘アユコを福本がそれぞれ演じた。

原作者・咲坂伊緒のファンだという浜辺は、「今回アニメ版の方にも参加することができて夢のよう」と喜び、アフレコについて「マイクに向かって喋る、ということが久しぶりの経験だったので、もうガチガチに緊張しました」と明かした。

北村は「アニメがずっと好きなので、アニメーション版に少しでも参加できたことが嬉しかったです」とコメント。今作がアフレコ初体験となる赤楚は「まず緊張しました。アフレコルームの静寂さや、『よーい』の掛け声から、いざ演じるまでのドキドキ感がありました」と緊張した様子を語った。

浜辺と同じく咲坂のファンだという福本は、「初めて集めた漫画が『ストロボ・エッジ』だったので、まさか今回『ふりふら』に出演できて、実写もアニメも出させてもらえるってことが本当に夢みたいな気持ち」と喜びを見せた。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』アニメ版は9月18日より全国公開。実写版は公開中。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ