永野芽郁絶賛のインスタ漫画。作者に聞く、3児のママがデビューしたわけ

女子SPA!

 日々子育てに追われるパパとママ。時間に追われて、何気ない子供の振る舞いや、日常に潜むおかしみをつい見落としてしまいがち――。そんなかけがえのない子供たちの成長を綴ったウェブ漫画『ご成長ありがとうございます~三本家ダイアリー~』(著:三本阪奈、新潮社から刊行)が話題を呼んでいます。

もともとはインスタグラムで連載されていた本作、作者の三本阪奈さん(@mimoto19hanna)は、関西在住の3児の母。2月28日に新潮社のWebマンガサイト「くらげバンチ」で連載スタートし、いまやインスタフォロワーは36.6万人超(8月時点)!

専業主婦からプロ漫画家というシンデレラストーリーを、三本さんに聞きました。

◆きっかけは子供の記録的な日記

――どういうきっかけで漫画を描き始めたのですか?

三本阪奈(以下、三本):もともと子供の面白かったエピソードを忘れないために日記を書いていたんです。ただ、それだと読み返すのが大変なので、イラストを付けたり、4コマ漫画にしたりしていました。それが家族に喜んでもらえたので、インスタにも載せたんです。

――実際、どれも面白いエピソードでスゴイですよね。

三本:最近は何かあっても忘れてしまうので、スマホでメモを取るようにしています。あとは寝る前、夫と1日で笑ったことを共有するようにしています。描きたいエピソードは常にありますね。

◆インスタがバズったのは昨年5月くらい

――2019年1月からインスタ投稿を始めて、最初にバズったと思ったのはいつ?

三本:昨年5月くらいですね。息子がお風呂のお湯を飲んでいるのではないかという話をネットニュースで取り上げていただいたて。あとは家族一人ひとりを紹介する漫画で、フミ(次女)の話を描いたとき「急に(反応が)きた」って思いました。

――マイペースなフミが、学校に入学したばかりの頃、授業中、目を開けたまま、ずっと机に突っ伏していたという大物すぎるエピソードですね。

三本:読んだ人に怒られるかなとも思ったのですが、好意的な反応でホッとしました。アップする前には家族にも「こういうのを(SNSに)載せていい?」と聞いたのですが、ケイ(長女)からは何もなく、フミには「可愛く描いてな」と言われました(笑)。

◆きっかけは夫婦の育児日記

――「くらげバンチ」の連載が決まったときはどう思いました?

三本:本にしたいとは思っていましたが、本業の漫画家ではないので、連載には興味がなかったんです。ただ、編集の方とお話して、本にもできるということだったので引き受けました。正直、今でもこの連載陣に加わっていいのか自信ないのですが、インスタの声援が温かいので、自信をもらっています。

――家事・育児をこなしながら、どうやって漫画を描いているんですか?

三本:子供たちが学校に行っている時間を使っています。ただ、今年はコロナで学校がしばらくお休みだったので、土日の時間も使っています。ただ、ガッツリ時間を確保するより、洗濯、掃除、煮物を料理する時間のあいまで描くほうが自分には合っていると思います。

◆「面白かった」が一番の褒め言葉

――インスタで描いたものを「くらげバンチ」に載せていますね。

三本:本当は完全に描き分けたいのですが、インスタには好きなことを描いているので、それをベースに、エピソードを充実させて、ページを増やして「くらげバンチ」に載せています。基本的にはインスタの読者が「くらげバンチ」にも来ていますし、私はインスタが拠点の漫画家なので、手を抜かないようにしています。

――実際、手を抜くと読者から反応あるんですか?

三本:一時期、インスタを若干おろそかになってしまったのですが、改めて、「いいね!」の数は正確だなって思いました。今もフォロワーさんに励ましてもらっていますが、だいたい良いね!数が5万超えると、よかったなって感じで、7万超えるとバズった感覚です。

――インスタで描くにあたって気をつけていることは?

三本:回想の説明やツッコミを短い言葉にして、スマホでも読みやすい絵を心がけています。会話主体の漫画なので難しいですが、なるべく文字を削ってスッキリさせています。あとは漫画の1枚目だけカラーにして、2枚目へのヒキを強くするようにしています。

笑えるポイントも、1話の中になるべく複数作るようにしてて、コメントも「面白かった」が一番の褒め言葉だと思っています。もちろんほかの言葉でも嬉しいですが。いろんな世代の方に何も考えず、笑ってもらえたら嬉しいですね。

◆いくえみ綾、永野芽郁が帯コメント

――家族漫画でなにか読んでいて影響を受けたものとかありますか?

三本:一番好きなのは、いくえみ綾先生ですね。ギャグ漫画だと、東村アキコ先生。『ママはテンパリスト』『カクカクシカジカ』もよく読んでいました。なので、いくえみ綾先生に帯を書いてもらったことは、連載して一番嬉しかったです。泣いて喜んで、子供がびっくりするくらいでした(笑)。作品を読んでもらえたというだけで感動です。

――帯コメントといえば、永野芽郁さんにも書いてもらってますね。もともとファンで「行列のできる法律相談所」(日テレ)では共演も果たしました。

三本:ユキ(長男)はもともとカッコつけしいなところがあるのですが、緊張するあまり、永野さんの顔を一瞬しか顔を見られなかったのをすごく後悔していて。「可愛いのキャパ越え」「人類のなかで一番可愛い」と今でも言っています。

――周囲からの反応はどうでしたか?

三本:テレビに出たときに、夫の両親には伝えましたが、ほとんど他の人には言ってないんです。やっぱり周りが知っていると、子供たちも大変だろうし、私も漫画に描きづらいので、なので知っているのは家族だけで、親戚にも基本言っていません(笑)。

◆読者のコメントに助けられて

――読者に対してコメントはありますか?

三本:もともと自己満足でつけていた日記が多くの方々に読んでいただけて驚いています。

今までSNSは怖いものだと思っていたのですが、悪くないかもと見方が変わりました。インスタでも「すごい落ちこんでいたけど元気が出た」「泣いていたけど笑ってしまった」といったコメントまでいただけて、こちらこそみなさんに感謝したいです。「生きていて、こんなに感謝することある?」って日々思うくらい助けられています。

<取材・文/シルバー井荻>

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ