佐藤健のキスシーンは「ケアが本当に紳士的」 相手を惹きつけるキスはアクションのノウハウを応用

wezzy


 8月22日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、ゲスト出演した高橋メアリージュンが佐藤健のキスシーンについて絶賛した。

この日はジャニーズWESTの重岡大毅もゲストとして登場。今年冬クールの連続ドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)で怪演が話題になった重岡だが、年下の女優とのキスシーンでは、相手をうまくリードできず、プロデューサーから「(相手に)緊張をほぐすような言葉をかけてあげなさい」とダメだしされたと明かした。

「女優さん的にはどうフォローをされるのは正解なのか」と問われた高橋は、以前映画で共演した佐藤の名前を挙げる。高橋自身は佐藤とのキスシーンはなかったというが、<ケアが本当に紳士的で、(自分自身は佐藤との)キスシーンないけれど、このままだったら「キスできるわ」って思って><グルーヴができているんですね>と話した。
佐藤健のキスシーンは「左手が死んでちゃダメ」
 佐藤健のキスシーンの美しさは有名だ。最近では『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)での、上白石萌音とのキスシーンが“胸キュン”だとして多くの視聴者を湧かせた。

ちなみに、『恋つづ』でキスシーンが多かったのは、佐藤の提案によるものだったよう。『恋つづ』スペシャルダイジェスト版放送に先立ち、佐藤の公式YouTubeで行った出演者たちとの配信では、お笑いコンビ「ミキ」の昴生から<こんなにキスするってわかっていた?>と聞かれた佐藤は、<プロデューサーと話した時に、「チューはすればするほどいい」とは言っておきました>と明かしていた。

また、佐藤自身もキスシーンにはこだわりを持っているという。今年3月15日に配信された「SUGAR」で佐藤は、アクションシーンを多く演じた映画『るろうに剣心』シリーズでの経験をキスシーンに応用していることを告白。アクションシーンにしろキスシーンにしろ、<左手が死んでちゃダメ。左手は鞘の位置>で、空いている手をどう見せるかが大切であることを力説していた。

ストイックな役作りをすることで知られている佐藤は、美しいキスシーンを作るためにも努力を重ねているようだ。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ