『レ・ミゼラブル』2021年全国公演のオールキャストが発表 生田絵梨花(エポニーヌ) 、六角精児(テナルディエ)など、注目のキャストが7名

SPICE



2021年に全国公演される、ミュージカル『レ・ミゼラブル』のオールキャストが、本日2020年8月25日(火)に東宝から発表された。

本ミュージカルは、1987年の日本初演から30年以上(通算上演回数3,336回)上演され、東宝ミュージカルの歴史に燦然と輝き、金字塔とも称される作品だ。

ジャン・バルジャン役は、福井晶一(続投)、吉原光夫(続投)、佐藤隆紀(続投)
ジャベール役は、川口竜也(続投)、上原理生(続投)、伊礼彼方(続投)
ファンテーヌ役は、知念里奈(続投)、濱田めぐみ(続投)、二宮愛(続投)、和音美桜(11~17年出演)
エポニーヌ役は、唯月ふうか(続投)、屋比久知奈(続投)、生田絵梨花(異動)
マリウス役は、内藤大希(続投)、三浦宏規(続投)、竹内將人(初参加)
コゼット役は、熊谷彩春(続投)、加藤梨里香(初参加)、敷村珠夕(初参加)
テナルディエ役は、駒田一(続投)、橋本じゅん(続投)、斎藤司(続投)、六角精児(初参加)
マダム・テナルディエ役は、森公美子(続投)、谷口ゆうな(13~17年出演)、樹里咲穂(初参加)
アンジョルラス役は、相葉裕樹(続投)、小野田龍之介(続投)、木内健人(初参加)

初参加は、竹内將人(マリウス)、加藤梨里香(コゼット)、敷村珠夕(コゼット)、六角精児(テナルディエ)、樹里咲穂(マダム・テナルディエ)、木内健人(アンジョルラス)の6名。また、2017年、2019年にコゼット役を演じた生田絵梨花は、今回初めてエポニーヌ役を演じる。さらに公式サイトではアンサンブルキャストも発表されているので、チェックしておこう。

『レ・ミゼラブル』は、東京・帝劇にてプレビュー公演を2021年5月21日(金)~5月24日(月)、5月25日(火)の本初日~7月26日(月)の千穐楽まで、そして8月~10月に福岡・大阪・松本にて全国ツアー公演を行う。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ