King Gnu井口理、有村架純、高良健吾ら『窮鼠はチーズの夢を見る』の狂おしくも切ない恋に心酔

クランクイン!

 関ジャニ∞の大倉忠義と成田凌が初共演する映画『窮鼠はチーズの夢を見る』について、井口理(King Gnu)、有村架純、高良健吾、アイナ・ジ・エンド(BiSH)ら各界著名人から、狂おしくも切ない恋に心酔する絶賛のコメントが寄せられた。

本作は、水城せとなによる人気コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を、『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』の行定勲監督のメガホンで実写化。セクシャリティーを超えて人を好きになることの喜びや痛みを、二人の男の姿を通して描いていく。

広告代理店に勤める大伴恭一(大倉)は優柔不断な性格が災いし、不倫を繰り返してきた。ある日彼の前に妻から派遣された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬渉(成田)だった。不倫の事実を隠す代わりに彼が突きつけてきた条件は“カラダと引き換えに”というもの。はじめは拒絶していた恭一だったが、7年間いちずに思い続けてきたという渉のペースに乗せられ、やがて彼と過ごす時間が心地よくなっていく。

本作について、King Gnuでボーカル兼キーボードを担当する井口理は「『本当に大切な人は誰?』その自問自答に、同じ答えを出し続けることは出来るんだろうか。この作品は、あなた自身の『ラブストーリー』を浮かび上がらせる」と評した。

また、女優の有村架純は「一筋縄にいかない人間の性は愚かさをも暴く。めきめきと皮が剥がれていくそれも、恋愛の醍醐味なのかもしれない」との感想を寄せた。

俳優の高良健吾は「素直で誠実な身勝手さがここまで沁みるのは恭一と渉の間にあるなにか。僕は2人のカタチに胸が震えました。ぜひ劇場で確かめてほしいです」としている。

BiSHのアイナ・ジ・エンドは「濡れたような声色と、薄暗い青、睨みつけるくせに優しく溶け込んでくる言葉たち。瞬きをするのが勿体無い映画でした。スナック菓子を貪る男性二人の他愛ない色気を忘れられません」と語った。

その他、作家の柴崎友香、作詞家の小竹正人、映画批評家の相田冬二、映画ジャーナリストの宇野維正、映画批評家のミルクマン斉藤、ライター・小説家のカツセマサヒコ、映画監督の岩井俊二が、絶賛のコメントを寄せている。

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』は9月11日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ