三国志の主役って誰だっけ?‐『蒼天航路』

あにぶ

三国志の主役と言えば劉備を思い浮かべる人がほとんどであろう。

だが、『蒼天航路』の主役は曹操です。

三国志作品ではたいがい悪役として描かれている曹操ですが、『蒼天航路』の曹操の茶目っ気たっぷりな言動を拾ってみた。

■「面白すぎて忘れていた」

郭嘉に呂布討伐を命じた曹操。

作戦通りにことは進み、呂布を要害の地に追い詰めたものの、曹操はわざと呂布を逃がしてしまう。

すたこら逃げていく呂布の背中を見ながら、

「殿、なぜとどめを刺さないのです?」と怒り心頭の郭嘉。

味方を置き去りにして、単騎で戦闘に興じる呂布をもっと見ていたくなったようで・・・。

「もっと乱世をかき回しておれ」

面白キャラは簡単に退場して欲しくない曹操でした。

■「俺は許す!」

「(曹操軍に降るのは)今を置いて、ござらんのです」

袁紹軍からの布告文を受けて、決戦準備を急ぐ曹操軍。

そこに張繍将軍を連れて、曹操の軍門に降ろうとやってきたのは賈詡。

張繍賈詡軍には、戦闘で曹操の息子を殺された過去があった。

ふたりに対して、恨み言を投げかける武官たちをよそに当の曹操は、

「俺は許す!張繍、賈詡、曹操に仕えい!」

戦闘を通して力量を高く評価し、戦力として欲していたようです。

■「おお、荀攸がいるではないか!」

荀攸とは「普段は目立たないのに、何か策があるときは、さりげなく目の届くところにいる人物」なのだそうな。

嫌味なことも交えて、サラリと言ってのける曹操でした。

そんな荀攸の策とは、河川の氾濫させて、城を水攻めにする。

こうして、惜しまれつつも呂布を討ち果たす曹操軍でした。

■「このまま逃げるのも退屈だな」

文醜軍に追われて、大地を駆ける曹操軍。

遊びと称して、兵をふたつ、みっつと分断させて、敵将文醜の反応を探る曹操。

こうして、相手をおちょくっているように見えて、実は文醜を品定めしていたようです。

文醜を味方に引き込むのは無理と悟ったようで、

「文醜を殺そう」ということになりました。

ほんとなら中国の覇者曹操こそが、三国志の主役であるべきなのに・・・。

これまでの三国志で曹操について、物足りなさを感じていたあなた!

曹操を存分に堪能できる三国志作品があります。

それが『蒼天航路』です。

蒼天航路 VOL.8(Blu-ray Disc)|Amazon

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(青ブタ)の名言を紹介するよ!

『ガールズ&パンツァー』 ― 逸見エリカ の名言からガルパンのあらすじをおさらい

ぼくと契約して巴マミになってよ。『魔法少女まどか☆マギカ』マミさんの名言

(あにぶ編集部/百百太郎)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ