笑点メンバーがキンプリダンスを完コピ その姿に称賛相次ぐ

fumumu


24時間テレビ

23日放送の『24時間テレビ43』(日本テレビ系)にて、合計年齢527歳という『笑点』メンバーが、アイドルグループKing&Princeのデビュー曲「シンデレラガール」のダンスと歌唱に挑戦しました。

■厳しい出だし


今回、ダンスに挑んだのは 春風亭昇太さん、林家たい平さん、林家三平さん、そして山田隆夫さんの4人。

企画が立ち上がった頃、彼ら実力を見たKing&Prince・岸優太さんは「ぶっちゃけ出来ると思います?」という質問に対し「厳しいと思います…」とどこかションボリした様子。

ダンスには参加しない林家木久扇さんは「やさしいんじゃないの?」三遊亭円楽さんは「関節から先が動いてれば大丈夫!」三遊亭小遊三さんは「俺が30年若かったらセンター」とボケてみせましたが、練習に励む彼らは、慣れないダンスにタジタジとなる姿を見せていました。


関連記事:キンプリに嫉妬するも「岸くんなら安心」? その理由に反響

■「帰りたい」などの弱音続出


唯一希望を持てるのはかつてアイドルグループ「ずうとるび」として活躍した座布団おじさんこと山田さんでしたが、そんな期待も空しく、一同は「体がついてこない」「一回うちに帰りたい」とわずか1時間で弱音を吐き始めます。

しかし、笑点が大好きなちびっこたちからの応援メッセージを見て「ちょっとがんばらないと」仕事の合間を縫って猛練習に励む努力家な一面も。

笑点が始まって54年、長年にわたり培った唯一無二のチームワークで、皆が笑顔になる、一糸乱れぬシンクロダンスを目指します。

■生歌&生ダンスの結果は…


スタジオでは、ダンスに加えて生歌も披露した『笑点』メンバーと岸さん。林家たい平さんをセンター据え、少々無理な高音やたどたどしいダンスながらも、無事ステージをやり遂げました。

楽曲終了後はなんとKing&Princeメンバーがスタジオに登場。本家の「シンデレラガール」がサプライズ披露される一幕もありました。

この無謀とも言える挑戦に対し、リモートで見守っていた三遊亭好楽さんは「いやー驚いた私ね、自分がセンターで踊ってる気分になって汗びっしょり」と称賛。円楽さんは「俺も入りたかった!」とコメントし、笑いを誘っています。

■サプライズに感激


ツイッターからは「キンプリと笑点のコラボ面白かった」「笑点メンバーの皆さんも上手」「熱意が伝わってきた」といった歓声が殺到。

また、体調不良の為大事をとってお休みしていた三平さんは、自身のツイッターで「メンバーと一緒に踊りました!!両国国技館にいる気分になりました」と、こちらは完璧なダンス動画を公開しています。

意外性の塊だった今回の企画。コロナが落ち着いたら、ソーシャルディスタンスを気にせずに踊る皆さんも観てみたいものですね。

★林家三平さんの「シンデレラガール」動画は→コチラ★

・合わせて読みたい→平野紫耀、セクゾ中島からダンス熱血指導 「Sexyショーちゃん」爆誕!

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ