HIKAKINの“虫食いサイコパス”にツッコミ続出「一歩間違えれば…」

まいじつ

HIKAKIN 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

大人気ユーチューバーのHIKAKINが8月14日、サッカー日本代表の長友佑都選手と動画でコラボした。〝虫食い〟を賭けた勝負に挑んだのだが、1つ前にアップされた動画との兼ね合いに対し、ツッコミの声が続出している。

同動画でHIKAKINは、自宅に長友を招待し、勝負に負けた方が虫を食べる「虫食いバトル」を企画。大の虫嫌いだという長友たっての希望で、当初の5番勝負を3番勝負に変更。記念すべき第1戦目は、チョコでバッタをコーティングした〝バッタチョコ〟を、第2戦目はご飯やラーメンにかけて食べる〝コオロギ入り昆虫ふりかけ〟を賭けて、じゃんけんとあっちむいてホイ!で勝負した。そして第3戦目では、「ブラックスコーピオン」と呼ばれる〝黒サソリ〟丸々一匹を賭けて、手押し相撲で勝負。結果、HIKAKINは負け、黒サソリを実食することに。険しい顔でバリバリと音を立てながらもユーチューバー魂で食べ進め、長友も思わず「うわ! めっちゃ嫌だ…」「すっげぇ音してる NO~」と頭を抱えるのだった…。

この間まで愛おしくムシを育てていたのに…


「去る7月10日にHIKAKINは、購入したピーマンの中に入っていたという蛾の幼虫『タバコガ』を〝むしお〟と名付けて飼育を始めたことを動画内で報告しています。そして8月9日に更新した動画では、蛾に成長したむしおを自然豊かな緑へ解き放つ様子を公開。その後、空になった虫カゴを抱えながら『案外いなくなるとさみしい』『ここまで(成長をサポートできて)満足しています』と、シンミリ話していました」(ネットメディア編集者)

普通なら見捨ててしまうであろう虫の命を尊び、むしおを〝新しい家族〟と称してかわいがっていたHIKAKIN。そんな慈愛精神あふれるHIKAKINが、直後に〝虫食いバトル〟をしたことで、視聴者からは、

《むしおを育てた後、虫食べるのなんか草》
《むしおの後に虫食べるってサイコパスwww》
《「さよなら、むしお」からの虫食いバトル…あっ》
《むしおも一歩間違えればこの企画の餌食に…》
《むしお 食われないように気を付けるんだぞ》

などとツッコミの声が続出。HIKAKIN本人も当該コメントに「いいね!」をつけるなど、笑いの輪が広がっている。

今度はぜひ、育ててから食べるまでを実況してほしい。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ