【秋葉原で聞いてみた】現在の『セガサターン』ソフト売上ベスト5はコレだ! 『パンツァードラグーン』の世界観とセガ沼の深さに震えが止まらない …



ファミコン世代の30代(私)にとって『セガサターン』は比較的新しいハードというイメージだ。しかし調べると発売からすでに26年……立派な「レトロ」の領域だったらしい。ということで『レトロゲーム売り上げランキング』、今回はセガサターン編なのである!

…………が! その取材直後に発令された緊急事態宣言の影響で、舞台となる秋葉原も大変な打撃を受けたことは以前の記事をご参照いただきたい。おかげで記事化までに4カ月の時間(とき)を要したワケなのだが、意外にもこれが「不幸中の幸い」となった。

なぜなら今回ランキング1位のタイトルは “シューティングもの” 。お世辞にも「誰にでもカンタン」とは言い難いシロモノだったからだ……!

・がんばれアキハバラ
シリーズを通してお世話になっているのは、おなじみ秋葉原のゲームショップ『レトロげーむキャンプ』の田中さん。店内には所狭しとレトロゲームが並べられているうえ、田中さんはゲーム機の修理も担当している。ずっとマスクを着用していて辛くないのだろうか?

田中さん「いやぁ、辛いですね(笑)。むちゃくちゃ蒸れます。ただ男性側の意見として言わせていただくと、ヒゲ剃りをサボってもいいのはラクですけどね」

──やはり以前よりお客さんが少ないですねぇ……

田中さん「6月に入って日本人の往来はある程度戻ったんですけど、いかんせん外国人たちがいないのでね。ただ、不思議と高額商品が売れるようになったんですよ」

──ま、まさか!?

田中さん「もしかすると給付金(10万円)が関係しているのかなぁ、って気がしています」

──さすがオタクたち! 気前がイイ!

田中さん「予想ですけどね(笑)」

・トップ5を発表
実はセガサターンは世界累計販売数で見ると「セガで最も売れなかったハード」とされているらしいが、現在は外国人からも絶大な人気を誇っているのだとか。それではお待ちかね、セガサターンソフト “現在の” 売り上げベスト5を発表だ!

第5位:「悩みまして……」

おーーーーーっと!? 1発目から「悩みまして」キタァァァ!!! これはお店のスタッフさん達の間で意見が分かれた時に出現する特殊回答なのだ。しかも今回は5位だけで5タイトルもあるから、話し合いは紛糾したと予想される。以下、五十音順に並べさせていただいた。

『サクラ対戦』

『SHINING FORCE III(シャイニングフォース3)』

『SNATCHER(スナッチャー)』

『POLICENAUTS(ポリスノーツ)』

『街』

う~む、『サクラ大戦』以外全く知らないぞ。しかもそのサクラ大戦は「新作が出た影響で売れている」らしい。ってことは、知らなかった残り4つがかなり人気とみていいワケで……私のようなレトロゲーム初心者にとって、セガサターンはやはり秘境である。いっそベスト10にしておけばよかったか?

第4位:『NiGHTS(ナイツ)』

ホッ! パッケージが印象的な『ナイツ』がランクインである。田中さんが言うところの「『ソニック』的な横スクロールアクション」である本作は、詳しくない者にも「セガだなぁ~」と感じさせる圧倒的インパクトがあるよね!

第3位:『ガーディアンヒーローズ』

この日欠品中だった『ガーディアンヒーローズ』は、通常3000円ほどで販売されているらしい。 “みんなでワイワイ遊ぶゲーム” として人気とのことで、なんと最大6人まで同時プレイ可能! 私も昔スーファミの『桃鉄』で、2個のコントローラーを4人で回したっけ……しみじみ。

……とか思っていたら『マルチタップ』といって、複数のコントローラーを接続できるメカがちゃんと当時から存在していたらしいです。

第2位:『ダイナマイト刑事(DEKA)』

──えっ!? なんだか面白いタイトルですね

田中さん「……まぁ……その通りですね(笑)。こちらはゲームセンターからの移植でして、ソフトは常に品薄状態です。セガサターンくらいの時期になると家庭用ゲーム機の性能が上がって、ゲーセンからの移植が増えていった感じですね」

第1位:『パンツァードラグーン』シリーズ

田中さん「うちの店では圧倒的にこれが一番売れています。入ってきたらすぐに売れちゃうんですよ。どんなゲームかというと…… “ドラゴンを後ろから見たシューティングゲーム” ですかねぇ(RPG版もある)」

──どのへんが圧倒的に人気なんですか?

田中さん「う~ん……なんでですかね? 僕もプレイしたことはあるんですけど……世界観的なところでしょうか? コレ、入荷しては即売れの繰り返しなんです。『 1 』が一番売れますが、シリーズ通して人気ですね。外国人・日本人問わず買っていきます」

──知らないタイトルばかりでしたが、どれも面白そうで迷っちゃいますな!

田中さん「ちなみになんですが、僕は5位の『ポリスノーツ』と『スナッチャー』を推します。この2つに関しては『メタルギア』シリーズの小島監督が手がけたもので、それが人気の一因になっているんです。あくまでも個人的な感覚ですが…… “超” 面白いですよ

──ちょ、 “超” ですか!? 

田中さん「まぁ、子供の頃にプレイした思い出が加味されているかも知れないですが。ちょっとホラーチックなところもあって、ドキドキしながらプレイしたのを覚えています。この2つも買取強化しているんですけど……入荷すると外国人がすかさず買って行っちゃうので(笑)」

・『パンツァードラグーン』を初プレイ
田中さん超推しの2タイトルをあやうく購入しそうになったが、そういえばこの記事は『売り上げベスト5 』なのである。大混戦となった今回はやはり1位の『パンツァードラグーン』をプレイしておくべきだろう。

あいにく『 1 』が在庫切れだったため『 2 』を購入したが、田中さんいわく「ほぼ同じ世界観を味わえるはず」とのことだ。

シューティングゲームが死ぬほど苦手な私だけれど、多分ある程度は進めるよね!? じゃ、がんばりマ~ス!

結果:10分でゲームオーバー

・リベンジしたい気持ちになる
難しいゲームを前にしたとき「もういい!」と投げ出してしまうタイプの私だが、なぜか今回は違っていた。冒頭で述べた通り時間があったため、1週間を費やしてリベンジを敢行したのである。

これは恐らく田中さんから聞いていたとおり、『パンツァードラグーン』の持つ世界観に引き込まれたためだろう。何というか……悲しげであり、不思議でもあり、壮大なんだよな。「負けてもいいからプレイしたい」という気持ちになる。

「このゲーム、こんなにガタガタだったっけ!?」と驚いていたのは、私がプレイするのを横で見ていた当サイトのGO羽鳥編集長(セガ好きでおなじみ)だ。そう、確かに最近のゲームと比べると『パンツァードラグーン』のグラフィックは “ちょっぴりガタガタ” なのです。

が、しかし! それでもこの壮大さを作り出せたことは、素人目に見ても「スゲェ」んじゃないかと思うのであって。逆に “ガタガタだからこそ良いのではないか” という気すらしてくるワケで……。そういった意味でリメイク版の登場を待ち望むファンも多いのではないだろうか。

ちなみにシューティングゲーム弱者の私は、やはり序盤以降ストーリーを進めることができなかった。しかしながら「誰かがプレイするのを眺めたい」と思わせるほどの世界観を持つこのゲーム、苦手な人もぜひ1度プレイしてみてほしいと思う次第なのである。

さて、お次は『ポリスノーツ』と『スナッチャー』をプレイせねばなるまい。底知れないぜ、セガサターン沼……!

・今回ご紹介した店舗の詳細データ
店名 レトロげーむキャンプ秋葉原店
住所 東京都千代田区外神田3-14-7 新末広ビルC
時間 11:00~20:00
定休日 無休

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ