お墓の監視カメラに映る女児に「2年前に他界した私の娘」と母親(米)

米ニューメキシコ州の墓地に設置された監視カメラに、小さな女の子の姿が映し出された。女の子が現れたのは真夜中で、映像を見た母親が今月8日に「あれは2年前に他界した私の娘」とFacebookに投稿して注目されている。『News 4 San Antonio』『The Sun』などが伝えた。

米ニューメキシコ州ラスクルーセスに住むサンドラ・ゴンザレスさん(Saundra Gonzales)の娘ファビオラ・ロドリゲスちゃん(Faviola Rodriguez)が亡くなったのは、2018年9月6日のことだった。ファビオラちゃんは当時、サンドラさんのボーイフレンドだった男と2人でいる時に虐待を受け、その怪我がもとで死亡した。

ファビオラちゃんは地元のモサニック・セメタリー(Mosanic Cemetery)に埋葬されたが、ここ最近はお墓に供えたおもちゃなどが盗まれることが続き、サンドラさんは墓地のオーナーに見回りを強化するようにお願いしていた。

一方でファビオラちゃんが眠るお墓のそばでは、若くして殺害されたジェイムズさんの両親が息子のお墓が度々荒らされることに胸を痛めていた。両親は「もしかしたら、まだ捕まっていない犯人の仕業かもしれない」と疑い、「警察に何らかの情報を提供できれば」と監視カメラを設置した。

そしてある日、監視カメラの映像をチェックしていたジェイムズさんの家族は、真夜中に息子のお墓の周りを幼い女の子がうろついていることに気付いた。家族は「こんな遅い時間に迷子かしら?」と心配し、墓地のオーナーのもとを訪れると、動画を見た従業員にこう告げられた。

「この女の子のことを知っているよ。2年前に亡くなっているんだ。お墓に案内するよ。」

その翌日、動画のことなど全く知らないサンドラさんと祖母はファビオラちゃんのお墓参りに来ていて、たまたまジェイムズさんの家族と一緒になった。

サンドラさんはその時のことをこう振り返る。

「娘のお墓の前にいた私たちに気付いたジェイムズさんの家族は、『とても美しいものがあるの』と言って携帯電話を取り出したのです。そして動画の映像を見せてくれたのです。」

「それを見た瞬間、私は言葉を失い、涙が止まりませんでした。頭からつま先、髪の毛から洋服、そしてサンダルまで紛れもなくファビオラだったのです。」

「こんなにお墓が近くにあるのに、今まで一度もジェイムズさんの家族とは会ったことがなかったのですが、私はその映像を見て『娘がこの家族に巡り会わせてくれたのだ』と確信しました。」

サンドラさんによると、動画の最後はファビオラちゃんが背の高い男性の手を引いて歩き去っていく様子が映っていたそうで、「あれは間違いなくファビオラだと信じています。きっと娘はジェイムズさんを慰めにやってきて、天国に一緒に連れて行ってくれたのだと思いますよ」と静かに語った。

ちなみに昨年4月にはアメリカで、誰もいないはずの赤ちゃんの部屋を歩く人影を監視カメラが捉えている。また2018年にはカナダで、赤ちゃんを流産した女性の家に設置されたベビーモニターに、亡くなった赤ちゃんと思われる顔が映し出されて話題になった。

画像は『The Sun 2020年8月15日付「‘THAT’S MY DAUGHTER’ Grieving mom believes she saw spirit of her late daughter, 2, visiting her own grave and playing with toys left for her」(Credit: Saundra Gonzales/Facebook)』『News 4 San Antonio 2020年8月15日付「Mother believes spirit of her late daughter was seen at Las Cruces cemetery」(Courtesy: Saundra Gonzales)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ