銀岩塩岩田有弘プロデュース、清水佐紀主演 新感覚サスペンスミステリー『想紅 オモイクレナイ』が上演決定

SPICE



2020年10月14日(水)~10月18日(日)銀岩塩SATELLITE『想紅 オモイクレナイ』が小劇場B1にて上演されることが決定した。

銀岩塩代表岩田有弘が、コロナ禍における本多劇場グループの取り組みに賛同しプロデュースする本公演。銀岩塩SATELLITEと称して、人と人とが離されてゆく中、見えない「こころ」の距離を紡ぎ、複雑なようで単純なハイクオリティー演劇を下北沢へ―という主旨の下、製作を行うという。主演にはハロー!プロジェクト・キッズを経て、Berryz工房のキャプテンとして活動後、ハロー!プロジェクト・アドバイザーに就任し、近年では女優としても目覚ましい活躍も見せている清水佐紀を迎え、ひとりの女の人生を、知られざる素顔を浮き彫りにさせていく新感覚サスペンスミステリーに挑戦する。

なお、本公演は新型コロナウイルス感染拡大防止を行ったうえで、国や都、小劇場ガイドラインに従い上演予定である。

プロデュース・演出 岩田有弘コメント


今回初めて女性をメインにした作品を創ります。清水佐紀さんの人間性とお芝居が大好きで。いつか彼女を中心に生まれる芝居を作ってみたいと思っていました。今のこの状況下だからこそ生まれたスペシャルな企画です。素晴らしいキャストとスタッフに集まってもらえました。芝居の呼吸を感じるだけでもドキドキワクワクするエンタメを創ります。
再び、演劇の街下北沢に【紅】の炎を灯します。

主演 清水佐紀コメント


長年お世話になっている脚本塩田泰造さん、演出岩田有弘さんとの作品作り。お話を聞いた時はただただ嬉しかったです。お二人の熱意を感じ取り、今後ディスカッションをたくさん重ね、主演としてしっかり体現していきたいと思います。主演の経験は少ないので緊張感ももちろんありますが、それよりも今は10月がとても楽しみです。新しい清水佐紀をお届けしたいです。

あらすじ


祭囃子が西陽に溶ける緋色の軽音楽部室。壁紙に砕けた柘榴が滴るラブホテル。ローズピンクの芳香剤が鼻に付く菓子工場の女子更衣室。熱燗を御田で割って出す煤けた赤提灯。赤い目の肉蠅が手を摺る電話の無い出版社。
ひとの噂も七十五日。五つの赤い色をしたエピソードは、取るに足らない醜聞のようにおもえた。しかし、その渦中には、いつもひとりの女の残り香があった。蒼ざめたくちびるに赤い紅を点した女の…
清水佐紀を主演に迎え、銀岩塩SATELLITEが放つ、新感覚サスペンスミステリー
『想紅 オモイクレナイ』
あなたに知ってもらいたい。この女性の素顔を

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ