NiziUミイヒ、J.Y. Parkの絶賛から、スランプ・“激痩せ”まで、激動の1年を振り返る

wezzy

2020/8/14 17:00


 NiziUのミイヒが8月12日に16歳の誕生日を迎え、Instagramを更新。SNSなどを通じてファンから届いた祝福の言葉に対し、<今日はたくさんのお祝いメッセージほんとにありがとうございます。朝からすごくハッピーな気持ちになりました。これからも明るく笑顔で私らしく頑張るので16歳のみいひもよろしくお願いします>と感謝を述べている。

ミイヒはNiziUを結成するにあたってのオーディションで、プロデューサーのJ.Y. Park(パク・ジニョン)から一貫して高い評価を受けてきた。オーディションの模様は番組『Nizi Project』(Hulu)と『スッキリ』(日本テレビ系)で放送され、グループ結成前からミイヒには多くのファンがついている。

ミイヒはマコ、リマと同じくJYPエンターテインメントの練習生(期間は7カ月)で、周囲の期待を背負いながらオーディションに参加した。地域予選の審査前には<いままで練習してきたことが出せないときがあるかもしれないので、それが、少し不安です>と不安を漏らしていたが、審査で伊藤由奈「Precious」を披露したミイヒの歌声はJ.Y. Parkの心を一気に捉えた。

J.Y. Parkは、自信のなさが歌の安定感に影響を与えている点を指摘しつつも、<悪いところが見えない。本当に上手。まず、見る人の気分を良くしてくれて、一緒に笑わせる力があります。すばらしい歌だったと褒めてあげたいです。次のステージがもう見たくてワクワクしますね>と大絶賛。

その評価を受けてミイヒは涙ながらに<私が7カ月頑張ってきたことが、ちゃんとこうやって結果にあらわれてよかったです。練習しているときに大変なこともいっぱいあったし、お母さんに会いたいときもいっぱいあったので。でも、つらいことを乗り越えたら、こんなにいいことがあるんだなと思って、嬉しくて泣いてしまいました>と語っていた。

最初から高い評価を受けていたミイヒだが、その後、さらなる成長を見せてJ.Y. Parkを驚かせることになる。

東京合宿のボーカルテストで中島美嘉「雪の華」を歌った際はJ.Y. Parkに<上手過ぎたので、最後まで聴きたくて歌ってもらいました。14歳だなんて信じられません>とまで言わせている。

韓国での個人レベルテストでは、Wonder Girlsの「Nobody」を披露。最愛の恋人と別れなければならない心の苦しみを歌った歌詞を実感として理解できなかったため、ひとつひとつ言葉を紙に書き出して感情表現を分析するなど、努力してつくりあげたパフォーマンスは圧巻で、このシーンを『Nizi Project』全体のハイライトと評価するファンも多いほどだ。

J.Y. Parkはミイヒが歌っている最中に思わず<上手すぎる…>とひとり言をつぶやいてしまうほど「Nobody」のパフォーマンスに心を打たれた様子を見せ、その後の講評は実質的な“デビュー確定”とも言えるようなものだった。

<あっという間に終わってしまいました。最初のワンフレーズを歌い始めた瞬間に、キューブをあげようと思いました。その後にどんなミスをしたとしても、キューブをあげようと思いました。でも、ミスするどころか、どんどん上手に歌っていました。ダンスも完璧だったし、歌も完璧だったし、感情もしっかり伝わってきました。
 練習生として評価をするべきか、歌手として評価をするべきか分からないぐらい、まったく練習生には見えませんでした。他の事務所の練習生だったら、心の底から悔しかったと思います。奪いたいと思うくらい>

誰もがミイヒのデビューは確定と思っていたが、最終審査直前でスランプに陥ってしまう。15歳の肩には重いプレッシャーがのしかかっていた。

チームバトルでTWICE「Feel Special」を歌った際、ミイヒは初めてJ.Y. Parkのダメ出しを受ける。

J.Y. Parkは<いままでのパフォーマンスのなかで一番残念でした。まず歌声が出ていませんでした。歌も不安定でしたし、ダンスも縮こまっている感じでした。だから、表情までも固まりました。どうしてでしょうか?>と、急にパフォーマンスのクオリティーを落とした理由について問いかけた。

それに答える形でミイヒは、デビューまであと少しというところで襲ってきたプレッシャーに苦しんでいると吐露。

<始めの頃はただステージに立つことがすごく楽しくて、あんまりなにも考えずにただ楽しもうって思ってたんですけど、でも、最近というか、今日のステージも、立つ前にすごい、指摘されたこととか、いろいろ考えすぎてしまったと思うし、あんまり心から楽しめなかったんじゃないかなと思います>

スランプが影響したのか定かではないが、この頃からミイヒに関して「痩せすぎでは?」と心配する声が番組視聴者の間で多く交わされるようになる。

結果的にはプレッシャーを乗り越えてNiziUでのデビューを勝ち取ったミイヒだが、番組最終回でJ.Y. Parkが<ご飯たくさん食べてね。少し痩せているから。分かった?>と声をかける場面は話題となり、日本のみならず韓国のオンラインコミュニティでもミイヒの健康状態を心配する声は未だ多い。

現在、NiziUは今秋予定の本格的なデビューに向けて韓国で練習に励んでいるようだ。韓国の芸能事務所・JYPエンターテインメントと、日本のレコード会社・ソニーミュージックによる共同プロジェクトであるNiziUは、2020年最大の新人アーティストであるのみならず、今後の日韓の音楽業界のあり方を占うパイオニアでもある。

デビュー後はさらなる期待が押し寄せ、忙しい日々を送ることになることだろう。どうか健康には気をつけながら、ファンを感動させるパフォーマンスを届けてほしい。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ