『私の家政夫ナギサさん』第6話のあらすじは? 互いに踏み込みすぎたナギサ(大森南朋)とメイ(多部未華子)の関係は……?

#ドラマに恋して

2020/8/15 17:15

※画像は『私の家政夫ナギサさん』公式Instagram(@watanagi_tbs)より

 

大反響を呼んでいる多部未華子さん主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系、毎週火曜よる10時)。その第6話が8月11日に放送されました。

 

『私の家政夫ナギサさん』ってどんなドラマ?

『私の家政夫ナギサさん』は四ツ原フリコさんによる同名WEBコミックが原作です。WEBコミックがTBSの連続ドラマ原作となるのは初めてとなります。

 

主人公は多部未華子さん演じる相原メイ。製薬会社のMRとして働くいわゆるキャリアウーマンですが、家事は大の苦手で部屋の中は荒れ放題。

しかし、28歳の誕生日に家に帰ると、知らないおじさんが……!?

そのおじさんは、家事が苦手なメイへの誕生日プレゼントとして妹・福田唯(趣里さん)が勝手に申し込み、トライアルでやってきたスーパー家政夫の鴫野ナギサさん(大森南朋さん)。見ず知らずのおじさんが家にいるなんてイヤ、と最初は拒否をするメイですが……。

仕事ではチームリーダーに昇進、さらに教育係を任されたりとさまざまな変化がメイに訪れます。さらにはライバル製薬会社のやり手MR、田所優太(瀬戸康史さん)が現れ、心までカキ乱されることに……。

メイの上司・古藤深雪に富田靖子さん、同期で親友の陶山薫に高橋メアリージュンさん、そして新入社員・瀬川遙人に眞栄田郷敦さんが登場します。

 

第5話では、ナギサさんの活躍もあり、絶縁状態だった唯と母の美登里(草刈民代さん)が和解。久しぶりに家族の団らんが実現する一方、メイはナギサさんの過去が気になりまくりで……『私の家政夫ナギサさん』第6話はどうなったのか? あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第6話のあらすじは?

家政夫の鴨野ナギサ(大森南朋さん)が元大手製薬会社のMRだった事を知り、気になる相原メイ(多部未華子さん)だったが、ナギサは一貫して私生活を明かさない。一方、田所優太(瀬戸康史さん)はナギサが家族と別方向に帰って行く姿を見て「本当にお父さん?」と疑い始める。

 

仕事では新たにチームリーダーになったメイが部下の話を聞く「1on1」ミーティングが行われることに。そこで陶山薫(高橋メアリージュンさん)は再び田所とデートの約束をした!と嬉しそうに報告してくるが……。

 

そんなある日、買い物中にナギサを見かけたメイは好奇心から尾行してしまう。しかし途中で気付かれてしまい咄嗟に「お腹が空きすぎてお腹が痛い」とウソをつく。そして何とかナギサの家へあげてもらうことに成功したメイは、生活感のないナギサの家に興味津々。ナギサは幼少期から母と暮らした家だと言い、その母も5年前にガンで他界したという。メイは偶然見かけた「2015」と書かれたノートについて尋ねる。しかし、どうやら触れてはいけない秘密だったようで……。

 

仕事の方では新薬プロジェクトがスタート。元MRのナギサはメイが無理をするのではないかと心配でたまらず「食事はしましたか?」と様子を尋ねるメールを送ってしまう。

 

そしてメイたちチームは大病院での新薬説明が決定し、超多忙を極めることに。そんな中、薫の様子がおかしい事に気付くメイ。実はデート中に田所がメイの話ばかりするためフッたというのだ。メイは田所の気持ちを知り、これまでの出来事を思い返すのだった。

 

帰宅すると午前0時にも関わらずナギサが待っていた。ナギサはどうしてもメイに食事をとらせたかったのだ。明日の説明会までに仕事をやり終えなければならないメイは、この行き過ぎた行動に苛立つ。そして必死に心配するナギサを追い返すのだった。

 

翌日、説明会のため病院に到着したメイは、自宅に資料の入ったタブレットを忘れてしまい愕然。昨日のこともあり申し訳ないと思いつつもナギサに届けてもらうことに。ナギサはいつも通り笑顔で現れ、緊張するメイを励ましてくれた。しかし次の瞬間「箸尾さん」と呼ぶ声にハッとする。その先には若い女性の姿が……。ナギサの脳裏には、その女性が「もう無理です。笑って答えられません」と声を震わせながら泣いている姿が。またナギサの様子に気付いたメイは、この女性が“ナギサの心の傷”と関係しているのではないかと勘づくのであった。

 

他人との越えてはならない一線

過去、同じMRだったということもあり、メイはナギサさんへの興味を募らせます。しかし、ナギサさんはするするとメイの追及を交わし、なかなか真相に迫れません。

ある日、ナギサさんを偶然見かけたメイは尾行をすることに(火曜夜10時枠、尾行しがち)。結局気づかれてしまいますが、結果的にはナギサさんの自宅に入ることができたので大成功!

ですが、ここでメイはナギサさんの地雷を踏んでしまいます。
持っていた手帳に興味を示すと、ナギサさんはこれまで見せたことがないような表情、対応になります。

どのようなことが書かれていた気になりますが、このときのナギサさんの表情、本当にヒヤッとするものでしたね。さすがヤクザ役もこなす大森南朋さん……。

 

一方、ナギサさんはナギサさんで忙しくするメイに「ちゃんと食べるように」「寝るように」と口を酸っぱくして言います。確認のメールを何度も送り、0時を過ぎて帰ってきたメイを待ち構えるほど。そんなナギサさんをメイは「家政夫であるナギサさんにそこまで求めていない」と突っ張ねます。

 

確かにその通りなんですが、家政夫さんの過去を知ろうとしたり、尾行をするメイも雇用主に範疇を越えていますよね。定期的に家に通ってきてくれている、食事を一緒にする……と言ったことは距離感がバグッてしまいがち。ビジネスだと関係を割り切れていないと、近づこうとしすぎて嫌がられるのは当然のことです。

ただ、2人の距離感のバグり方は方向性が違います。メイはナギサさんのことを知りたい、ナギサさんはメイの心身を守ることで何か償おうとしている……ように見えます。

ナギサさんが過剰なくらいメイを心配してしまうのは、過去の経験からなのでしょうか、メイ同様、視聴者もナギサさんの過去が気になります。

 

 

もしかして田所は無自覚……?

山あり谷ありながらも少しずつ距離を縮めているように見えるナギサさんとメイ(本人たちは無自覚)。

一方、田所は薫に誘われ再びデートに。しかし、話題が出るのはメイのことばかり。ナギサさんがメイの本当の父親なのか疑ったり、メイについて知りたがる様子が描かれていますが、田所は明確に好きだという自覚がなかったような……?

いや、だとしてもデートの時に別の女性の話題ばかり出すのはダメだぞっ。

結果的に薫に悟られるハメに。おまけにメイは告げられずにいた家が隣同士だということを話してしまいます。細やかなのか、気が回らないのか、意外とさらっと女性が「ん?」と違和感を覚えるようなことをやってしまうタイプなのかもしれません。脈ナシだと気がついた薫は田所を諦めることを決意。

 

これは薫vsメイが勃発か……!? と思いきや、ちょっとそっけない態度を取るものの、薫は事の真相をメイに話し、「田所とお隣さんだというのは本当なのか」と問いかけます。話してほしかったとしつつも、それ以上は責めたりはしない薫。ちょっと強引なところもある薫ですが、サッパリした女性ですね……。

 

あとメイは仕事以外のことに鈍感すぎる!……と思うのですが、ひとつのことに夢中になると他のことに気が回りづらくなるというのも分かる気がします……。

 

 

どうなる第7話!?

曖昧な態度をとり続けていた田所がメイに告白!?

メイはというと心ここにあらずなナギサさんが心配で……

第7話、物語が大きく動きそうです!

 

 

見逃し配信サービスも!

第6話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で8月18日(火)21:59まで無料で配信。さらに『TBS FREE』でも期間限定で無料配信をしていますので、この機会をお見逃しなく。また『Paravi』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

 

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『TBS FREE』

『Paravi』

 

過去放送分もチェック

『私の家政夫ナギサさん』第1話あらすじ

 

 

『私の家政夫ナギサさん』第2話あらすじ

 

 

『私の家政夫ナギサさん』第3話あらすじ

 

 

『私の家政夫ナギサさん』第4話あらすじ

 

 

『私の家政夫ナギサさん』第5話あらすじ

 

 

※本記事内のInstagramやTwitterなどは、各サービスの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ