ベック、NASAとコラボしたヴィジュアル・アルバム発表

Billboard JAPAN



7度の【グラミー賞】受賞歴を誇るベックが、NASAジェット推進研究所(JPL)との業界初となるコラボレーションを実現させたヴィジュアル・アルバム『Hyperspace: A. I. Exploration』をリリースした。

この作品は、2019年11月に発売された14作目となるアルバム『Hyperspace』を受けて制作された作品であり、公開された特設サイトからは幻想的な映像とともに楽曲を体験できるようになっている。

サイト上では、画面をスクロールしていくことによって広大な宇宙をスクリーン上で探索できる仕組みに。惑星ごとに、NASAのミッション画像を使用したベックのミュージック・ビデオが視聴できる他、宇宙をモチーフにした新作グッズが購入できるようになっている。

また、このコラボレーションでは、AI建築家であるOSKが人工知能を使って、NASAの保有する膨大なアーカイブを学習するAIを作成し、独自のビジョンを作成するよう開発を行ったという背景があるそうだ。

ヴィジュアル・アルバムは、各配信サイトでも『Hyperspace (2020)』と題して、楽曲のダウンロード/ストリーミングが可能となっており、オリジナルの『Hyperspace』11曲に未発表曲2曲+リミックス音源を加えた計15曲を収録。Apple Musicでは特設サイトで視聴可能な映像13曲も特別に収録されている。

◎リリース情報
ヴィジュアル・アルバム『The Hyperspace: A.I. Exploration』
2020/8/13 RELEASE
http://hyperspace.beck.com/

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ