自宅の井戸に落ちた男性を「大きなカブ」手法で救助 命を救ったその体型

fumumu

肥満男性(tomzilaze/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
「うんとこどっこいしょ…それでもカブは抜けません」でおなじみの児童文学『おおきなカブ』。

作中では大きなカブが中々抜けない!という試練に人々が立ち向かう姿がえがかれていますが、同じようなシチュエーションが中国で発生、ネット民を震撼させました。

なぜなら、抜けなくなったのはカブではなく人間の男性。彼は何故この悲劇に見舞われてしまったのでしょうか。

■井戸に落ちちゃった


事の発端は中国河南省。ある男性から寄せられた、「自宅の井戸に落ちてしまった」という通報でした。

到着した消防隊員が目にしたのは、井戸にすっぽりとハマってしまった自称体重125キロの通報者本人。

彼は井戸の穴に下半身が丸ごと落ち、動けずにいると訴えます。

関連記事:顔相鑑定(51):神木隆之介・祝27歳 あの声の秘密は成長したアゴにあった!

■お腹が自らを救う


聞けば、家の枯れ井戸を埋める為に木材や落ち葉などを入れた箇所を家族から「お前は体重が重いから踏んでくれ」と頼まれ、その通りにしたところ思ったよりも井戸が深かったことでそのまま落下してしまったとのこと。

もう少し井戸の口が広ければ、もしくは本人の体が小さければそのまま落下し、大変な事故に繋がったかもしれません。

幸いお腹の肉が挟まり、上半身だけが井戸から生えている状態で収まったことからなんとか救助隊を呼ぶことが出来たと、後に男性は振り返りました。

■救助のために村民大集合


一度は家族や近隣住民がを引っ張り出そうと悪戦苦闘しましたが、ガッツリ挟まった腹の肉はビクともしなかった模様。

救急隊員は彼の体に紐を巻き付け、村民たちと力を合わせて再度救出を目指しました。

何度か掛け声をあげながら引っ張ったのち、ついに男性は井戸から「抜け」たことがわかっています。

完全に『大きなカブ』…。

■太っててよかった


この報道を受け、中国ネット民からは「腹がデカくて本当によかったな」「ギャグかよ」などのツッコミが続出。

「何を食べたらこんなにデカく育つんだ」「出てくるときに『ポンッ』て音が鳴ったりするのかな」といった疑問の声も相次ぎました。

男性はズボンが破れた他大した怪我はしていないようで、現在通常の生活に戻ることが出来ているようです。「太っててよかった!」と思える瞬間だったかもしれませんね。

・合わせて読みたい→少女が絶望のあまり自殺未遂 「父に金で結婚させられる…」と証言

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ