婚活市場で… 「良物件」と言われがちな男性のリアルな特徴

fumumu

2020/8/12 06:00

スーツ姿の男性(byryo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
できれば良い人と出会いたいと思うのは誰しも同じだと思いますが、その結果、高望みだと言われてしまうことも…。

実際、婚活の場で出会える”良い人”というのは、どのような人なのでしょうか。

fumumu取材班は、高望み過ぎない、実際にいる男性を聞いてみました。

(1)安定した職業


この不安定な時代。今どきの良物件はどんな人になるでしょうか。やはり経済的な面は大切ですよね。

「まずは人間性が良いのが大前提。不安定な世の中において、優しくて経済的に安定している人なら良物件といえるのではないかと思います。


お金持ちとまではいかなくても、中流階級をキープすれば、女性側の頑張り次第で良い生活もできると思うんです」(30代・女性)


関連記事:同年代で結婚しないの? アラフォーの婚活成功率が低い理由

(2)稼げる力と人間性


かっこよくてお金持ちで優しくて…理想はいろいろありますが、現実的に婚活の場で重要視される条件はもう少し絞られるようです。

「顔はそこそこでいいんです。ものすごい不細工だとさすがに考えますが…あとは現実的にお金を稼げる人で、なおかつ穏やかで誠実な人柄だと良物件と言われます。


お金は生きていくうえで欠かせないものですし、やっぱり大事な条件。そして、結婚生活が平和で穏やかなものになるような人間性が、最終的には重要視されると思います」(30代・女性)

➂家事が一通りできる


年収なども条件として大事ですが、結婚生活の上で意外に重要な要素となるのは…

「婚活していて思ったのは、お金や性格も大事だけど家事ができるかどうかですね。自分が専業主婦になるにせよ共働きにせよ、家事が一通りできる男性と結婚すると本当に助かります。


体調の悪いときや仕事で疲れているとき、家事のできない男性だと困りますし…私の友達も『家事ができる男性って良物件だよね』って口を揃えていっていますよ」(30代・女性)


今のスペックだけでなく、将来性まで見ても良いかもしれません。

・合わせて読みたい→スリーサイズと経験人数… 婚活中、男性に聞かれてモヤッとしたこと

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ