世界一長い直線線路!インディアン・パシフィック号の旅【知ればオーストラリア雑学王8】

TABIZINE

シドニーからパース、オーストラリア大陸を4日間で横断する「インディアン・パシフィック号」。世界一長い直線線路を駆け抜ける、豪華寝台列車としてその名を馳せます。車窓から広がるのは果てしなく続く壮大な風景・・・一生に一度は乗りたい、憧れのクルーズトレイン旅へと出発進行!
オーストラリア雑学王8-1

(C)shutterstock
インディアン・パシフィック号とは?
The Indian Pacific 外観1
(C) Great Southern Rail

シドニーからパース(もしくはその逆ルート)、広大なオーストラリア大陸を4日間かけて横断するインディアン・パシフィック号。約4,352kmという長距離を優雅に進む、ラグジュアリーな寝台列車です。旅人たちの社交の場「アウトバック・エクスプローラー・ラウンジ」で、ウェルカムドリンク片手にほかの乗客たちと戯れるもよし、個室でゆったりと窓からの眺めを楽しむよし。

例えば一番人気のゴールドサービスでは、居心地の良い客室が用意されています。ツインルームには2段ベッド、トイレ・バス完備。食事や飲み物(アルコール込み)はもちろん、オフトレインツアーまで・・・至れり尽くせりのオールインクルーシブスタイルです。
地元料理に舌鼓
オーストラリア雑学王8-3

(C)shutterstock

お食事は、古き良き時代を彷彿させる食堂車「クイーン・アデレード・レストラン」にて。地元の新鮮な食材を使い、専任シェフが腕をふるいます。オージービーフはもちろん、くせのないさっぱりとした味の白身魚バラマンディや、柔らかくあっさりした食感のカンガルーなど・・・その時々の旬の味覚を堪能。美食のお供、ローカルワインやビールもお忘れなく。
絶景のオンパレード
The Indian Pacific 外観2
(C) Great Southern Rail

オペラハウスやビル群が並ぶ大都会シドニーに魅了され、世界遺産ブルーマウンテンズの大自然に圧倒される。ブロークン・ヒルの砂漠の芸術に心奪われ、アデレードのワイナリーでは歴史に酔いしれる・・・。移りゆく景色を車窓から眺めつつ、オフトレインツアーで散策してみたり、見るもの全てがまばゆい大パノラマの旅。
クライマックス!世界一長い直線区間「ナラボー平原」
The Indian Pacific 外観3
(C) Great Southern Rail

果てしなく続くアウトバック「ナラボー平原」。荒野のど真ん中を走り抜けるインディアン・パシフィック号の姿は、まるで絵葉書のよう。478kmにも及ぶその距離は、世界一長い直線線路として知られています。例えるなら、東京・京都間ほどの距離を曲がらずにまっすぐ走り抜けるようなもの。オーストラリア大陸が、いかに広大であるかを物語っていますよね?

今年、サービス開始から50周年を迎える「インディアン・パシフィック号」。最高の景色と、最高のサービスで乗客たちを出迎えます。人生の節目や記念日にふさわしい、豪華クルーズトレインの旅をご紹介しました。
Journey Beyond Rail:
https://www.journeybeyondrail.jp/index.php
【協力:オーストラリア政府観光局】

【参照】
THE INDIAN PACIFIC:
https://www.kimberleyboatcruises.com.au/ghan/the-indian-pacific-train-rail-journeys-perth-to-sydney-and-ghan/

インディアン・パシフィック号で行く4日間の列車の旅:
https://www.australia.com/ja-jp/trips-and-itineraries/sydney-and-surrounds/4-days-on-board-the-indian-pacific-train.html

Please do not use the photos without permission.

当記事はTABIZINEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ