小林星蘭が語る! 『映画おしりたんてい テントウムシいせきの なぞ』の魅力

顔の形がおしりに見える名探偵が活躍するアニメ『おしりたんてい』。その劇場版である『映画おしりたんてい テントウムシいせきの なぞ』が、『東映まんがまつり』のメイン作品として2020年8月14日から公開予定だ。
この作品のゲストキャラクターで、テントウムシ遺跡に近いテンテン村に住む少女パンタンを演じたのが小林星蘭さん。俳優として活躍しつつ、『若おかみは小学生!』の関織子(おっこ)や『僕のヒーローアカデミア』のエリなどで声優としてのキャリアも積み、高い評価を得ている。
今回は小林さんにパンタンというキャラクターや、作品の魅力についてうかがった。

──今回の映画で小林さんが演じるパンタンは、どういう女の子でしょうか。

小林 パンタンはすごく元気な子です。カンフーもそこそこできるので、自信に満ち溢れてますね。おしりダンディが「危ないから帰りなさい」って言っても「私はできるから、行けるから」っていう感じでついて行く強い子です。ちょっとおっちょこちょいな部分もあるけどいい子だと思っています。

――ご自分と比べてどうですか。

小林 パンタンの体力が羨ましいですね。全然私は運動ができなくて。おっちょこちょいな部分は少し似てるんですが、あのパワフルさは羨ましいです。その体力がほしいって思いながら収録していました。

――劇中にカンフーを披露するシーンがありますね。『手裏剣戦隊ニンニンジャー』や『僕のヒーロアーアカデミア』など、アクションのある作品には出演されていますが、ご自身が闘うシーンは初めてでしょうか。

小林 闘うのは今までなかったと思います。技を出すときの気合も初めてやったので、ちょっと最初自信がなくて「大丈夫かなこれで」と思いながらやっていました。余裕のよっちゃん! っていう感じがいいのかなとか、可愛い子だから全力で叫ぶわけじゃないだろうけどカンフーができる子だしな、とかちょっと悩みました。

――今回は障害物を壊す程度でしたが、対人のアクションを演じることに興味はありますか?

小林 できるならやってみたいですね。でも実写の場合、それをやるには体力を付けるところから始めないと。まずは筋肉痛にならない程度に走るところからやろうかなって。

――どれくらい運動苦手です?

小林 50メートル走も9秒とかすごく遅いですよ。本当に遅かったときは10秒台とかいっちゃうし、水泳も苦手だし。ちょっと前に「アクションできそうだよね」って言われた時期があったんですが、本当は全然できません(照笑)。でもさすがにある程度できないと健康を保てないし、今年から頑張ってみようかなって思っています。

――パンタンは表情は豊かですが、今まで演じてこられたキャラクターに比べると絵柄的には一番シンプルですよね。その点で難しかったり、逆に楽だったりしたことはありますか。

小林 駄々をこねているときとかうれしいときとか、感情の動きがすごくわかりやすい部分がありました。それは線の数が少ないからこそかもしれません。気持ちを読み取る意味ではちょっと助かりました。

(C)Troll/POPLAR (C)2020東映まんがまつり製作委員会

――俳優のお仕事のほうをメインでやってらっしゃる印象なんですが、声優として演じるときと顔出しの俳優のときとで演技の面で変えているところはありますか。

小林 顔を出して演技をするときは、ちょっとした〈気付き〉の「あ」みたいなのって、少し眉だけ上げたりという演技ができるんですけど、声だけとなると「ほえ」とか「は」とか「へっ」とか、言わざるを得ないんです。そうしないと伝わらない。〈気付き〉とかちょっと悲しいときのレパートリーとかを、いくつか持っていないといけない。ドラマとかだと顔のレパートリーが必要な部分があるけど、声だけだからより幅を広げないといけないのは難しい部分だと思います。

――パンタンだと「……」のお芝居は基本なかったと思うんですが、『ヒロアカ』のエリなどはわりと多かったのではないでしょうか。

小林 そうですね。エリちゃんは置かれてる環境が凄まじい部分もあるから、どうやって辛さを引き出すか、この「……」はどういう感じなんだろう、実際に絵と見合わせてこれはどういう思いでここに入っているのかなって探したり考えたりしました。エリちゃんは結構難しかったです。

――こうしてお話を聞いていると、普段の声は『若おかみは小学生!』のおっこのように張る感じではないんですね。エリ寄りというか、どちらかというと大人しい感じで。

小林 そうかもしれないですね。多分私、人見知りな部分があって、自分から話すのがすごく下手くそなんですよ。ただ感情の起伏は激しいって言われるんです。だから本当にテンションが高いときは、おっこちゃんみたいに「わーーーっ」と言ったりとか、友達とかにも「うるさいよ、大丈夫? どうした?」って言われるときもあります。でも普段は確かに落ち着いているほうかもしれないです。

――パンタンはわりと声を張る演技をされてますね。

小林 そうですね、だいぶ張って、自分の中の最大限可愛い声を引き出したつもりです。

――声優さんにもよりますが、声質変化の幅がものすごく広い方もいらっしゃいますよね。同じ人の声とは思えないくらい。

小林 本当ですよね。おしりたんてい役は三瓶由布子さんなんですけど、私、小さい頃に三瓶さんがキュアドリームを演じた『Yes!プリキュア5』を見ていたんです。その頃に聞いていたキュアドリームの声と、実際に収録で聞いたおしりたんていの声がかけ離れ過ぎていて、最初にそれを知ったときも「え、ちょっと待って」って頭の中で混乱しました。そういうところって声優さんはすごいなって。私も「本当に同じ声優さん?」って思ってもらえるくらい、もっとレパートリーを増やせたらいいなと思っています。

(C)Troll/POPLAR (C)2020東映まんがまつり製作委員会

──『プリキュア』シリーズはお好きだったんですか。

小林 めちゃめちゃ見ていましたし、変身道具とかすっごく集めていました。お母さんやおばあちゃんにノリノリで「見て見て」ってやっていました。私の幼少期は『プリキュア』でできていますね。『Yes!プリキュア5』から『ハートキャッチプリキュア!』まで見ていて、少し間が空いて『キラキラ☆プリキュアアラモード』を中学生に入ってから見始めました。ちょっと歳の離れたお姉ちゃんみたいな存在のお友達がいるんですが、『プリアラ』はその子と一緒にずっと見ていましたね。毎週ふたりでカラオケに行って踊っていました。

――今のままキャリアを積まれると、いずれ『プリキュア』シリーズに出演できる可能性もあるかもしれませんね。

小林 ぜひやりたいですね。変身して戦うのも、みんなの憧れの存在の声を演じるのも、すごく大きな夢なので。できるなら今すぐやりたいぐらいです。ぜひできるようにこれからもっともっと頑張りたいと思います。

――選んでいいと言われたら、プリキュアで何色がやりたいですか。

小林 せっかくだからピンクがやりたいです!

(C)Troll/POPLAR (C)2020東映まんがまつり製作委員会

――『若おかみは小学生!』ももう2年前になりますね。

小林 そうか…2018年ですか。2年前。本当につい最近っていうイメージがあります。あのとき中学校2年生で、今はもう高校に入りますからね。時の流れが怖い! そうなると『若おかみ』のTVアニメのほうを録ったのが中学校1年、オーディションを受けたのが小学校6年生とかだったと思うので、だいぶもう時間が経ってるんですね。

――おっこもわりとハードな境遇で、難しい役でしたよね。

小林 そうですね。あれは自分の中でも大きい作品だったし、劇場版でおっこちゃんが最後のほうでボロボロ泣いちゃうシーンは、それまでTV版をずっと録ってきた思いや気持ちが入り込み過ぎちゃって、収録のときに本当に涙を流しながらやったりしていました。懐かしいですね。

――今回のおしりたんていで、『若おかみ』のときにはできなかったけどできるようになった、あるいは逆に『若おかみ』の経験が活きた、というようなことはありましたか。

小林 走るシーンなんですけれど、おっこちゃんのときはだいぶリアルに過呼吸でゼエゼエしながら、本当に人が走ってるときみたいに演じることが多かったんです。でも今回、最初の走ってるシーンは台本に「ホッホッホッ」って書いてあったんです。最初はそういう感覚でも息をちゃんと混ぜながらやったんですが「そのまま『ホッホッホッ』って言っちゃっていいよ」って言われて。それは自分の中で新しい感覚でしたね。「ホッホッホッ」って実際に言って、動きを大げさにわかりやすくするのもあるんだなっていうのは、今回勉強になったことです。そこは自分の中で戸惑いがあったんですけど、これはやるしかないと思って頑張りました。

――今までの出演された作品の中では一番、小さな子どもたちが見る作品になるでしょうから、わかりやすさは重要でしょうね。

小林 『若おかみ』は小さい子向けだと思っていたら、だいぶ大人の方にも見ていただいていました。今度は小さい子たちにもお母さんたちにも、ぜひご家族で観ていただきたいです。

――今回の映画で、特に小さい子たちに注目して見てもらいたいポイントはありますか。

小林 テントウムシ遺跡のお宝って一体何なんだろうっていうのも、想像を膨らませながら楽しんでほしいなと思います。


■小林星蘭(こばやし せいらん) Profile
2004年生まれ。東京都出身。子役俳優として活躍する一方、アニメ『スペース☆ダンディ』(2014年)のゲストキャラクター役で声優デビュー。『若おかみは小学生!』(TV版、劇場版ともに2018年)の主人公・関織子(おっこ)を演じ、高い評価を得た。

(C)Troll/POPLAR (C)2020東映まんがまつり製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ