『アンサング・シンデレラ』第4話のあらすじは? 薬剤師は”医師の奴隷”……その偏見に石原さとみら薬剤部が奮闘!

#ドラマに恋して

※画像は、『アンサング・シンデレラ』公式Twitter(@unsung2020)より

 

石原さとみさん主演で病院薬剤師の奮闘ぶりを描いた話題のドラマ『アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~』(フジテレビ系、毎週木曜よる10時)。その第4話が8月6日に放送されました。

 

『アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~』ってどんなドラマ?

『アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~』は、月刊コミックゼノンで連載中の荒井ママレさん(医療原案:富野浩充さん)によるマンガ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師葵みどり』が原作のヒューマンストーリー。

 

 病院内にある薬剤部で患者の薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師たちの舞台裏を描く本作。主人公は石原さとみさん演じる薬剤師・葵みどりです。

実は薬剤師は「医師の出す処方箋に唯一異議を唱える」ことができるのだそう。

葵はキャリア8年目で「薬は患者の今後の生活に繋がるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っていますが、そのため患者に深入りしてしまいがち。仕事が非効率的だと他の薬剤師に怒られることもあります。

しかし、その患者への真摯な対応に心を動かされる人も……。

 

葵の先輩で薬剤部副部長の瀬野章吾を田中圭さん、新人薬剤師・相原くるみを西野七瀬さん、薬剤師部長の販田聡子を真矢ミキさん、薬剤部主任の刈谷奈緒子を桜井ユキさん、謎の男・小野塚綾を成田凌さんが演じます。

 

第3話では謎の男・小野塚がドラッグストアの薬剤師だったことが判明。今後のどう絡むのか気になりますね。『アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~』の第4話ではどうなったのでしょうか。あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第4話のあらすじは?

葵みどりが足繁く通う中華店「娘娘亭」の一人娘、辰川樹里(久保田紗友さん)が萬津総合病院に運ばれてきた。摂食障害が原因だったが、その背景を葵がリサーチすると同病院に樹里の祖父である太一(伊武雅刀さん)が入院していることが判明。樹里は太一にとても可愛がられていたが末期ガンであり、しかも樹里の父(太一の息子)である秀三(迫田孝也さん)はそのことを本人に伝えないという判断をとっていた。太一に嘘をついていると心苦しく思い、さらにそのことで秀三との溝を感じていた樹里は精神的に不調をきたしていたのだ。葵は思案の末、樹里の精神的負担を少しでも軽くしようと奔走。その甲斐あって、樹里は少し落ち着きを取り戻した。

 

ほっとしたのもつかの間、葵の周辺にまた騒動が巻き起こる。同じ薬剤師チームの後輩、羽倉龍之介(井之脇海さん)の父でもある龍一(菅原大吉さん)が入院したのだ。龍一は交通事故を起こしむち打ち症になったが、詳しい状況をヒアリングしようとしても「薬剤師に喋ることはない」と頑なに拒否。龍一は病院を経営しており、脳外科界の権威でもあって非常にプライドが高く、さらに息子が医師になるための受験に失敗し、薬剤師になった事(以降、親子の仲も疎遠となった)も遠因となって「薬剤師は医師の奴隷」という偏見をもっていたのだ。

 

厚い壁を感じる葵だが、それでも龍一の不自然な行動を見逃さなかった。自分の病室が分からなかったり、靴下が左右違っていたりしたのだ。体調不良をきっかけに軽い認知症を発症したとの疑いもあったが、龍一の妻、志帆(宮田早苗さん)から、実は龍一は体調不良のために大量の薬を服用していたという事実を聞き、葵は夜通しで論文などを調べる。不仲を理由に最初は渋っていた羽倉の協力もあり、大量の服用が原因で脳に異常をきたしていたことが証明され、服用量を減らすことで龍一の症状もおさまった。

 

そして退院の日、羽倉は「医者じゃなくても、薬剤師だって患者さんを救えるんだ」と胸を張って龍一に宣言。息子の確かな成長を感じ取った龍一は気持ちのこもったグータッチを行い、病院を去っていった。

 

一方、容態の落ち着いていた太一が集中治療室に緊急搬送された。その事実を知った樹里は再び体調を崩し、家族の絆が壊れていくかもしれないと絶望。葵はそんな樹里の傍らにそっと寄り添うことしかできなかった。

 

「薬剤師は医師の奴隷」その言葉に葵は……

後輩薬剤師・羽倉龍之介の父親・龍一が入院してきます。代々医師の家系でしたが羽倉は医学部に2浪したのち、薬剤師の道へと進みます。

「いま薬剤師やっててどうなの?」という葵に龍之介は「医師みたいに責任取らなくてよかったーって思ってますよ!」と無理に笑顔を作って言います。

親子の関係は最悪。龍一は「薬剤師は医師の奴隷だ」などと言うことも。

しかし、実は龍一は軽い認知症の可能性が。脳神経外科の権威だということもあり、恐ろしくて検査を受けることができないのです。

 

母親からの頼みもあり、息子としてではなく、薬剤師として検査を受けるように進言しに行く羽倉。しかし、衝突し分かり合えない……ですが、諦めないのは葵でした。

「患者のために何かしたい」

当たり前だけど大切な、羽倉が忘れかけていたことを葵が思い出させます。

葵と羽倉の協力で、物忘れなどの症状は改善されることが発覚。薬剤師が龍一を救ったのです。

 

「薬剤師は医者の奴隷だ」という言葉に真っ向から立ち向かう葵。そして羽倉も……。

そんな羽倉に龍一もようやく素直な気持ちを口にします。どちらも似た者親子。素直になるきっかけが持てたことでようやくお互いの気持ちは分かり合えます。

 

龍一は意地を張っていたのと、病気への不安から、気持ちも尖っていたのかもしれませんね。

だって奥さんと手をつないで帰っていく感じ、絶対にいい人……。

 

 

葵のルーツが分かりそう……?

葵が行きつけの『娘娘亭』の辰川の娘、樹里が摂食障害で倒れて入院することに。原因は祖父の太一が末期ガンあることを隠しているということ。

おじいちゃんっ子な樹里は、入院中の祖父に告知をせずに治療を受けさせていること、嘘をついていることに人一倍気に病んでしまっていたのです。

 

祖父の体調が急変し、自身の摂食障害も悪化する中、樹里は葵に助けを求めます。

「おせっかい」で「患者も家族も、退院した後もみてくれる」葵。どうしてそのような薬剤師になったのか。どうやら、最初からそういう気質ではあったようですが、そのルーツが今後垣間見えそうです。

 

そして鍵になっているのがやはり上司の瀬野でしょうか。出番は多くありませんが、葵が行き詰まると必ずアドバイスをして背中を押してくれます。葵も瀬野のことを尊敬しているようですし……。

 

基本、ツンツンしている瀬野ですが、ちょくちょく茶目っ気たっぷりな表情を見せてくれるあたりが、田中圭さん! という感じがしていいですね。

ファンにはたまりません!

 

 

どうなる第5話!?

今回のラスト、集中治療室に搬送された太一に末期ガンであること告知。そして抗ガン剤治療を行っていくことに。

命の現場は生易しいものではなく、そこに待ち受ける現実とは……。

葵は果たしてどう対応していくのか、第5話も心して観たいところですね。

 

見逃し配信サービスも!

第4話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で8月13日(木)20:59まで無料で配信。さらに『FOD』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

 

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『FOD』

 

過去放送分もチェック

『アンサング・シンデレラ』第1話あらすじ

 

 

『アンサング・シンデレラ』第2話あらすじ

 

 

『アンサング・シンデレラ』第3話あらすじ

 

 

※本記事内のTwitterは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ