『未満警察』低評価から一転 本格サスペンス展開に「来週まで待てない」の声

fumumu


ジャニーズ事務所

18日、人気グループSexy Zoneの中島健人さん、King & Princeの平野紫耀さんがダブル主演を務める連続ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)の第7話が放送。

これまでの雰囲気とは一味違った展開を見せ、多くの視聴者を驚かせています。

■無実の罪


第6話に引き続き、9年前の連続殺人事件の犯人として逮捕された父の無実を証明するよう警察に要求した天満直子(長谷川京子)と直子の弟・智也(柿澤勇人)。

真実を明らかにするため外に出た一ノ瀬次郎(平野)は事件の指揮をとる警視正・国枝(木下ほうか)に尋問を受けましたが、「犯人は5人。全員銃で武装。体には爆弾を巻いている」と偽りの証言を行い、当時のアリバイを探りに外へ飛び出します。


関連記事:平野紫耀が中島健人のモノマネを披露 「悪意ありすぎて笑う」「絡みが可愛い」

■神奈川県警の汚職なのか?


連続殺人犯として逮捕され、死刑囚となっていた天満暁生(佐戸井けん太)は無実でした。次郎は、当時暁生と不倫関係にあったという女性から、当時被害者が殺された時に会っていた証拠を入手します。

しかし、そんな次郎を尾行していた警視庁の人間が彼を追い、証拠を強奪しようと躍起に。その裏には神奈川県警の上層部が絡んでいるようで、次郎は容赦ない追跡と暴力に見舞われます。

そんな中、次々と明らかになる暁生のアリバイ。県警は一体何のために隠蔽、捏造し、無関係の人間を犯人として逮捕したのか…
快(中島健人)と次郎、そして教官らの心には疑いが募っていくばかりでした。

■「正しい人間を育てる」


9年前の捜査で「犯人は他にいる」と主張し、事実上の左遷を食らった片野坂譲(伊勢谷友介)の「二度と現場には戻らない、俺はここで正しい人間を育てる」という一言、そして周囲の明らかに怪しい行動などで上層部の腐敗を明らかにした第7話。

今までのどこかコメディータッチな展開から一転、”未満警察”である快と次郎が彼らなりの方法で「巨悪」に立ち向かう様子が描かれました。

また、オムニバス形式だった以前の放送とは異なり、姉弟は逮捕されたものの「スコップ男」の真相は未解決。終盤には警視正の国枝が何者かにスコップで襲われるなど、今後が気になって仕方がない仕様となっています。

■続きが気になる


放送後、SNSには「未満警察の続きが気になる…」「ジロちゃんが守ってたガラケーに何かのカギがあるのかな?気になる!待ちきれない!」
「まさかの人が犯人って事よね」朝起きても犯人がどうしても気になる」といった歓声が殺到。

脚本の粗さを指摘する声はあったものの、心をつかまれた視聴者が続出しています。

次回予告では快が次郎に声を荒げるシーンもありましたが、一体どうなってしまうのでしょうか?

・合わせて読みたい→盗撮犯に激怒 彼氏も思わず苦笑いする程のブチ切れが話題に

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ