実写映画『弱虫ペダル』King & Prince永瀬廉と伊藤健太郎の「光合成」オフショット映像を解禁 白熱の上り坂レースの裏側も明らかに

SPICE

2020/8/9 12:20


8月14日(金)公開の映画『弱虫ペダル』から、永瀬廉(King & Prince)と伊藤健太郎のオフショットを捉えたメイキング映像が解禁された。

『弱虫ペダル』は、2008年から『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて連載中の、渡辺航氏によるロードレースを題材にした作品。アニメ好きの高校生・小野田坂道が、入部した自転車競技部で仲間たちとともに、支え合い、競い合いながら競技にのめり込んでいく姿を描いた青春スポーツ漫画だ。コミックスは現在までに66巻までが刊行されており、アニメ、舞台、小説、ドラマなどメディアミックスが展開されている。初の実写映画化となる本作では、主人公の小野田坂道を永瀬廉が演じ、伊藤健太郎が今泉俊輔役、橋本環奈が寒咲幹役で出演している。坂道の仲間となる“チーム総北”の鳴子章吉役で坂東龍汰、部長・金城真護役で竜星涼、三年生の巻島裕介役で栁俊太郎、田所迅役で菅原健、補欠の杉元照文役で井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)が登場。また、橋本環奈演じる寒咲幹の父・寒咲幸司役で皆川猿時がキャスティングされている。メガホンをとるのは、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『覆面系ノイズ』などの三木康一郎監督。


解禁されたメイキングは、永瀬と伊藤健が対決する“1年生のウェルカムレース”の裏側を捉えたもの。自転車初心者ながら驚異的な潜在能力を発揮する坂道と、総北の新エースと目される今泉が白熱の対決を繰り広げる場面だ。自転車の撮影では一切CGを使用していない本作。公開されたシーンでも、永瀬と今泉が実際に山道で自転車を漕いで撮影された。メイキングでは、1カットごとに繰り返し何度も走行した後、山頂を二人で走りぬけ、二人が息の上がった状態のまま三木監督とともにモニターで映像をチェックする姿が収められている。また、撮影の合間に永瀬と伊藤が寝転がり、日向ぼっこする映像も公開。伊藤は目を閉じたまま「何も考えられない」とぐったり。また、永瀬も「地球の一部になったみたい」「光合成してる」とリラックスしている。

『弱虫ペダル』は2020年8月14日(金)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ