『私の家政夫ナギサさん』第5話のあらすじは? ナギサさん(大森南朋)の意外な経歴、メイ(多部未華子)との距離が次第に近づく……?

※画像は『私の家政夫ナギサさん』公式Instagram(@watanagi_tbs)より

 

大反響を呼んでいる多部未華子さん主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系、毎週火曜よる10時)。その第5話が8月4日に放送されました。

 

『私の家政夫ナギサさん』ってどんなドラマ?

『私の家政夫ナギサさん』は四ツ原フリコさんによる同名WEBコミックが原作です。WEBコミックがTBSの連続ドラマ原作となるのは初めてとなります。

 

主人公は多部未華子さん演じる相原メイ。製薬会社のMRとして働くいわゆるキャリアウーマンですが、家事は大の苦手で部屋の中は荒れ放題。

しかし、28歳の誕生日に家に帰ると、知らないおじさんが……!?

そのおじさんは、家事が苦手なメイへの誕生日プレゼントとして妹・福田唯(趣里さん)が勝手に申し込み、トライアルでやってきたスーパー家政夫の鴫野ナギサさん(大森南朋さん)。見ず知らずのおじさんが家にいるなんてイヤ、と最初は拒否をするメイですが……。

仕事ではチームリーダーに任命されたり、教育係を任されたりとさまざまな変化がメイに訪れます。さらにはライバル製薬会社のやり手MR、田所優太(瀬戸康史さん)が現れ、心までカキ乱されることに……。

メイの上司・古藤深雪に富田靖子さん、同期で親友の陶山薫に高橋メアリージュンさん、そして新入社員・瀬川遙人に眞栄田郷敦さんが登場します。

 

第4話では、取引先の医師・肥後(宮尾俊太郎さん)に結婚を前提とした交際を申し込まれたメイ。返事を迫られますが……『私の家政夫ナギサさん』第5話はどうなったのか? あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第5話のあらすじは?

ある夜、田所優太(瀬戸康史さん)が外出するところにバッタリ出くわした相原メイ(多部未華子さん)は、田所が慌てて何かを隠そうとしたため彼女がいるのではないかと疑う。しかしどうやら田所には別の秘密があるよう。

 

帰宅すると母・美登里(草刈民代さん)が父・茂(光石研さん)の還暦祝いのために家政夫の鴨野ナギサ(大森南朋さん)から料理を教わっていた。しかし結果は散々で結局ナギサにスポット契約で手伝ってもらうことに。

 

メイはこの機会に母と妹の唯(趣里さん)を仲直りさせたいと考え、ある作戦をナギサに提案する。それはこの還暦祝いの料理を唯にさり気なく「手伝う」と言い出させるという戦法。

 

そんな中、仕事の方では新病院の設立に関して情報収集が行われていた。メイはナギサに相談し、アドバイス通り誰が赴任してきてもすぐにプレゼンができるよう赴任候補の医師を全て洗い出す「ローラー作戦」をチームに提案。これに皆が賛同し育休に入るMRの馬場穣二は(水澤紳吾さん)は自身が収集した医師データをメイに託す。また副支店長の松平慎也(平山祐介さん)はメイら若手チームに任せて栄転の話を決める。

 

還暦祝いの当日、唯はナギサのアシスタントとして実家を訪れ、母にバレないように変装して料理を作っていた。そのメニューはどれも家族の思い出が詰まったもの。そんな中、父・茂は「唯に戻ってきてもらいたい」と発言。しかし美登里は「あの子が謝るのが先」と突っぱねる。そこでメイは事前に瀬川遙人(眞栄田郷敦さん)に依頼していた子どもの頃の思い出映像を流す。懐かしい写真に話が膨らみ懐かしむ相原家。それに合わせ出てきた唯の大好物ハンバーグの味にハッとする美登里。昔を思い出した美登里は涙を流しながら変装している唯に「どうこの味。覚えてる?懐かしいね唯」と言う。実は唯の変装はとっくの昔にバレていた。美登里は家政婦として自立していく娘を認め、唯の娘と夫を実家に招きいれる。

 

後日、作戦が成功して大喜びのメイは高級和牛をお礼の品としてナギサに渡す。2人はこれを焼肉にして一緒に食べることに。そんな中、ナギサはメイが「ナギサさんのことをもっと知りたい」と言っていたのを思い出し「おまたせしました」と履歴書を提出する。ただ単にナギサのプライベートを知りたかっただけのメイは困惑。しかし「業界最大手のソルマーレ製薬のMR」という経歴に思わず目が点となるのだった。

 

ナギサさんとメイがタッグを組む!?

父・茂の還暦祝いのパーティー。なんとナギサさんも料理の準備係として参戦することに。さらにはナギサさんとメイのたくらみによって、妹の唯もナギサさんのアシスタントとしてやってきます。 

茂はパーティーの場で美登里にこれまでのお礼を言い、家出したままの状態の唯に戻ってきてほしいと宣言します。

しかし、美登里は唯が謝るのが先だと言って聞きません。一方で最初は偏見に近いものを持っていた家政婦についても「家政婦の仕事もすごいのね」と理解を示します。

最後の一押しは娘たち2人の子どものころからの動画(瀬川作ですが……泣きながら編集している様子がなんともまた……)!

「どんなに成長しても小さくてかわいいこのころのイメージが重なる」と娘たちのことについて語り始める美登里。

思い出の料理と共に想いがあふれます。アシスタントとして来ていた唯のことも案の定見破っていました。強引なやり方でしたが、ようやく素直な気持ちを話せることができた美登里と唯。娘の立場からも、母の立場から見ても泣けてしまいます……。意地を張り続けていた2人ですが、きっかけがきっと必要だったんですよね。

しかし急に娘夫婦に対して「同居しませんか」は勢いがすぎるよ、お父さん……。

それにしても趣里さんって、めちゃくちゃ小顔……。

 

 

恋はそっちのけで仕事に奔走……

肥後から交際を申し込まれたものの、あまり乗り気ではないメイ。というか肥後先生が前のめりすぎて引いているだけかもしれませんが……。

田所は分かりづらい態度のまま……そして何か隠し事があるようです。どうやら部屋の中を見られたくない? メイと同じ片付けができないタイプ?

一方で職場では馬場が育児休暇を取ることになったり、副支店長の松平は支店長として福岡に異動になったりと変化も。

しかし、メイはメイで少しずつ仕事のペースがつかめるようになり、チームとしてみんなと動けるようになり始めます。最初は手を焼いていた瀬川も良い感じです。

その影にはナギサさんからのアドバイスも。家政夫の話にたとえつつも、良い感じにアドバイスをするんですよね、ナギサさん……。

そんなメイにナギサさんが提出したのは履歴書でした。そこで明らかになったのはナギサさんがもともとは製薬会社勤めで、メイと同じMRだったということ……!おまけに勤めていた製薬会社はメイが就活で落ちた会社でもありました。

確かに言葉に迷いがないですし、仕事のテキパキとした感じ、いかにもデキる男感はありますが……!実際できる家政夫さんですし、なぜ今の道に進んだのかますます謎が深まります……。

というか、田所さん、肥後先生、ナギサさんの中だったらナギサさんが一番メイにとっては……?

 

 

どうなる第6話!?

同じMRだったということもあり、ますますナギサさんへの興味が大きくなるメイがまさかの尾行!?

ナギサさんの正体は分かるのか?

第6話も目が離せません!

 

見逃し配信サービスも!

第5話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で8月11日(火)21:59まで無料で配信。さらに『TBS FREE』でも期間限定で無料配信をしていますので、この機会をお見逃しなく。また『Paravi』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『TBS FREE』

『Paravi』

 

過去放送分もチェック

『私の家政夫ナギサさん』第1話あらすじ

 

 

『私の家政夫ナギサさん』第2話あらすじ

 

 

『私の家政夫ナギサさん』第3話あらすじ

 

 

『私の家政夫ナギサさん』第4話あらすじ

 

 

※本記事内のInstagramやTwitterなどは、各サービスの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ