韓流ドラマ『愛の不時着』『梨泰院クラス』どっちがすごい!?|西野未姫×明石ガクト対談

女子SPA!

2020/8/7 15:46

『冬のソナタ』以来の韓流ドラマブームが到来といわれるなか、その火つけ役となっているのがNetflixにて独占配信中の『愛の不時着』『梨泰院クラス』だ。配信開始以降、常に今日の総合TOP10上位の2作品。一体スゴいのはどちらなのか、タレント西野未姫と、「ONE MEDIA」CEOにして重度のネトフリウオッチャーでもある明石ガクト氏に語り合ってもらった。

◆ネトフリで話題沸騰中!!『不時着』『梨泰院』はどっちがスゴい決定戦

西野:先に言いますが、私は断然『愛の不時着』派です! 人生ベスト1ドラマとも言っていいぐらい。それまで韓国ドラマは見たことがなくて、興味もなかったんですが、友達から強引に見せられたら止まらなくなっちゃって。

明石:『不時着』は最高でしたね。でも、“ヒロインが障壁のある恋をする”っていう意味では、実は特に目新しさはなかったんですよ。その点、『梨泰院クラス』は、若い主人公のパク・セロイが不合理な世の中へ復讐していくっていうストーリーに加えて、“インフルエンサー役”が主要キャストに入っているのが新しいなと。悪役も色気があってとにかく魅力的。今日、チャン・デヒ(セロイと敵対する飲食企業グループの会長)のコスプレしてきちゃうくらい、惹かれます(笑)。

西野:『不時着』って一本1時間半ぐらいで、16話もあるから「長っ!」って引かれがちじゃないですか。でもストーリーにメリハリがあるから、全然飽きないところがスゴいんです。正直、1話目は北朝鮮の軍についての話が多くて、ついていけなかったんですが、そこを抜けたらもうパラダイス!

明石:『梨泰院』も長いけど、わかります。1話目にはいろんなものが詰まってて、全部見た後に見返すと「すべてが繋がってたんだ」ってスッキリしますよね~。あと、どちらもそうだけど、結末かなと思ったあとの「その後」がしっかり描かれているのが新鮮だった。日本のドラマって、余韻を持たせて終わることが多いじゃないですか。だから「ここで終わっちゃうの?」っていうモヤモヤがないところもいい。

◆『不時着』はおじさんも号泣するラブストーリー

西野:『不時着』の推しキャラクターはヒロインと恋仲になるジョンヒョク。男らしさ全開なのに、紳士的でオラつかないところにキュンとする。男性は彼のしぐさを見習ってほしいですね。あと、『不時着』はジョンヒョクの部下たちも良くて、信頼関係に泣けます。

『梨泰院』だと、セロイもカッコいいんですけど、チャン会長の次男・グンス。セロイのことが好きなイソを片思いし続けているけなげなところが、悪役なのに人の良さが垣間見えて良かった。

明石:ちなみに主人公の名前でもある「セロイ」ってどういう意味か知ってます? 日本語に訳すと「新たに」って意味なんですよ。だからあのドラマには“古いことにとらわれず新しい一歩を踏み出そう”っていうテーマがあると思っていて。例えばヒロインの一人、スアを演じている人はもともとアイドルで「大型ドラマに挑戦!」という感じでキャスティングされた一方、もう一人のヒロイン・イソ役の人は、日本で言うと宮﨑あおいさんみたいに映画を中心に活躍する女優さんなんですよ。そういう取り組みからも『梨泰院』からは従来の韓流ドラマにはない意欲が感じられるんですよね。

西野:確かに、サラリーマンにとっては仕事への熱意に満ちあふれている『梨泰院』が向いてるかもしれないですね。でも『愛の不時着』を見ることで、青春時代に経験してきた「ひとりの人を好きになることの大切さ」を思い出せると思うんです。韓国の財閥のお嬢さまでもあるセリと、北朝鮮の兵士ジョンヒョクのハラハラする恋の行方を見ているだけで絶対泣けますよ。「そんなことある!?」みたいな演出も結構あるので、純粋な気持ちで見られないと難しいかもしれないけど……。

明石:いや、僕はおっさんながら、ヒゲに涙を伝わらせるほど泣きました(笑)。視聴者をしらけさせずに、ベタベタでコテコテな演出を成り立たせている、俳優陣の演技力は本当にスゴいです。ちなみに『梨泰院』の泣きどころは、『不時着』と違って恋愛ではなく、仕事への共感。セロイと脇を固めるキャラクターが、障害を超えて成功を掴みとる群像劇は、『半沢直樹』が好きな人は絶対『梨泰院』も好きだと思う。

西野:私、『不時着』をきっかけに韓国自体にめっちゃハマっちゃって、今度始めるYouTubeチャンネルも韓国をテーマにするつもりなんです。韓ドラを字幕なしで見るのが目標です。

明石:僕もどう仕事に韓国をつなげようか考えてますが、若いコたちはどんどん影響を受けてますよね。インスタを見てもセロイの髪形をマネしていたり、『不時着』のハートポーズ(★写真参照★)で写っていたり。これは見とかないと自粛明け、話題についていけないかもと思い見始めたところもあって。

西野:まだ間に合いますよね。おそらく『不時着』から見ても『梨泰院』から見ても、「もう一方も見てみようかな」って気持ちになると思うんです。

明石:両作品ともスゴいけど、SPA!世代にはまず『梨泰院』かな。今年のお盆、「GoTo」するわけにもいかないだろうから、じっくり腰を据えて見るなら『不時着』。たぶん、冬になるとまた違うドラマがはやってくるので、受験生よろしく周囲に追いつくならこの夏が絶好のチャンスです(笑)。

◆コロナ禍で大流行した、ネオ韓流ドラマの二大巨頭!

●愛の不時着

韓国発のNetflixオリジナルドラマ。韓国の財閥の末娘ユン・セリと、北朝鮮の将校リ・ジョンヒョクとの北緯38度線を超えた、出会うはずのなかった二人の禁断の愛を描く。全16話が配信中

●梨泰院クラス

韓国の飲食店激戦区・梨泰院で飲み屋を開店した前科者の青年セロイ。自分と父親を蔑めた大物相手に復讐を果たすため、協力者を得ながら、無謀とも言える戦いを仕掛ける。Netflixにて全16話が配信中

【明石ガクト】

’82年、静岡県生まれ。’14年6月、ミレニアル世代をターゲットにした新しい動画表現を追求するべくONE MEDIAを創業。最新著作に『動画の世紀 The STORY MAKERS』。現在、韓国語を勉強中

【西野未姫】

’99年、静岡県生まれ。’12年にAKB48の14期生としてデビューし、’17年3月に卒業。その後は多数のバラエティ番組に出演。昨年は2か月で8㎏の減量に成功したことも話題に。★写真★はセリ風の髪形で

<取材・文/東田俊介>

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ