マクドナルドのナゲットに医療用マスクが混入 6歳少女の喉に詰まる(英)

昨今は新型コロナウイルスの感染を予防するためマスクの着用が推奨されているが、このたび命を守るはずのマスクがチキンナゲットに混入する事故が発生し、危うく6歳の少女の命を奪いかけた。『Mirror』『The Sun』などが伝えている。

異物混入事故が発生したのは8月4日、英ハンプシャー州オールダーショット(Aldershot)に支店を構えるファストフードチェーン、マクドナルドでのこと。4児の母親ローラ・アルバーさん(Laura Arber、32)は同店で注文を受け取り、自宅に持ち帰った。ソファーに座って食事を楽しんでいた子供たちだったが、そのうち6歳の娘マディーちゃん(Maddie)に異変が起きた。ローラさんは当時の状況をこのように説明している。

「マディーは何かを喉に詰まらせたようだったの! 私は娘の口に指を突っ込んで、それを掻き出したわ。そうしたら青い何かが出てきたのよ!」

「これは何なのって思ったわ。それがチキンナゲットからだなんて思いもしなかったけど、ナゲットの箱を見たら、20個入りのうち他のナゲットからも青い何かが出ていたのよ。」

ローラさんが観察したところ、それは青い医療用のサージカルマスクでチキンナゲットの生地にしっかりと練りこまれて調理されていた。マスクは形が残っており、その生地の縫い目まで確認することができたという。

ローラさんはすぐにチキンナゲットを購入したマクドナルド・オールダーショット店に向かい、店舗責任者と話した。責任者は「このチキンナゲットは同店で作られたものではない」と説明し、ローラさんは十分な謝罪を受けることもなかったそうだ。

「最悪なことに、マクドナルドはそのまま営業を続けたのよ! 私が店を出る時に『そのままサービスを続けるの!?』と言ったにもかかわらずね。これは衝撃的だったわ。」

もしローラさんがマディーちゃんを残して部屋から出ていたら、異変に気付かなかったとしたらマディーちゃんは今ごろ死に至っていたかもしれないのだ。そういったリスクもあり、店舗責任者のこのたびの対応にローラさんは憤りを露わにしている。

実はローラさん、息子の一人が集中治療室で生まれ、その際に入院中の重病の子供を持つ家族のためのサポート団体「ロナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズUK」から宿泊施設の提供を受けていた。そのためマクドナルドという企業を高く評価していたローラさんだったが、今回の事故および一連の経験はショックが大きく心を痛めているそうだ。

事態を把握したマクドナルドの広報担当者は「今回このような経験をされたお客様に深くお詫びを申し上げます。私たちにとって食品の安全性は最も重要で、不備を避けるために厳格な基準に従って、品質管理に努めております」「うちのスタッフが事態に気付き次第、お客様には謝罪を述べ、全額返金を申し出ました。お客様には事故の原因究明と異物混入の可能性のある商品を特定して取り除くために、商品の返品をお願いいたしました」と述べている。

画像は『Mirror 2020年8月5日付「Girl, 6, chokes on blue face mask ‘cooked inside McDonalds chicken nuggets’」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 YUKKE)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ