スーパーの商品バーコードで元の値段を知る方法


スーパーで販売されているお惣菜は閉店間際の割引価格が狙い目です。しかし、パッケージに割引価格がペタペタと貼られていると、元の価格が確認できないこともしばしば。そんなときに便利なスーパーの商品バーコードの読み取り方を紹介しましょう。バーコードの数字に本当の値段が隠されているのです。

スーパーの商品バーコードで元の値段を知る方法

バーコード下の数字に元の値段が記載


スーパーでは、お惣菜などを特売日や閉店間際などに通常価格よりも割り引いて販売することがよく知られています。500円のお弁当に250円の値札が付いていれば50%オフなので、ついお得と思いがちです。

しかし、そういった消費者心理を突くため、始めからその価格で販売するつもりだったという可能性も疑いたくなるもの。元の値札の上に割引した値札シールが貼られて、元の値段が確認できないこともしばしばです。

そんな二重価格が気になって仕方がない人は、値札のバーコードの下に書かれた数字を確認するとよいでしょう。バーコードの下の数字には元の値段が記載されているからです。

バーコードの右から2ケタ目から値段


種類にもよりますが、スーパーの値札のバーコードの下の数字はたいてい、右から2ケタ目が元の値段の1の位、3ケタ目が10の位、4ケタ目が100の位を表しています。

つまり、バーコードの下の数字を見れば本来の値段が分かり、実際に割り引かれているか確認できるということ。バーコードの下の数字を確認して、元の値段と合っているかチェックしましょう。

これで、スーパーなどで元の価格の上に値引きシールが貼られていても大丈夫。値引きシールをはがして元値を確認するようなマナー違反をしなくても、バーコードの下の数字で元の値段はチェックできるのです。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ