セレーナ・ゴメス、タコの調理やスフレ作りに挑む新料理番組の予告編公開

Billboard JAPAN

2020/8/6 15:20



セレーナ・ゴメスが、HBO Maxで全10回の料理シリーズを開始する。2020年8月13日から始まる『Selena + Chef』では、セレーナが自宅にいながらプロのシェフからリモートで指導を受けながら慣れない料理に挑戦するというものだ。

公開されたトレイラーで彼女は、「私は食べることが大好きだけど、料理は得意じゃないんだ。だから最高のシェフ数人に教えてもらえないか頼んでみたの」と、自身の「Look At Me Now」をBGMに語っている。指導に当たるシェフは、Angelo Sosa、Antonia Lofaso、Candice Kumai、Daniel Holzman、Jon & Vinny、Ludo Lefebvre、Nancy Silverton、Nyesha Arrington、Roy Choi、Tanya Hollandというラインナップで、それぞれがオムレツ、スパイシー味噌ラーメン、韓国風ブレックファースト・タコス、シーフード・トスターダ、ハワイアン・ドーナツ、抹茶チョコチップ・クッキー、トマト・ブルスケッタ、チーズ・スフレなどの作り方をセレーナに教える。

出来上がった料理はセレーナの祖父母や友人たちに振る舞われるが、最終的にはシェフがその日の成果を総合的に評価する。トレイラーでは、見るからに不慣れで危なっかしい手つきで野菜を切ったりタコをさばくセレーナの様子や、スフレが生焼けになってしまったり、オーブンで食材が発火したりと、スリル満点の展開が楽しめそうだ。『トップ・シェフ』出演経験があるLofasoは、「私たちの回では、油が発火してしまうのではないかとずっと心配していた」とエンターテインメント・トゥナイトに語っている。

セレーナは、新たな定額制動画配信プラットフォームであるHBO Maxで公開されるこの料理番組を5月に発表していた。当時の声明で彼女は、「インタビューで何百回も別の仕事を選ぶなら何をしたいかと聞かれ、その度にシェフが楽しそうと答えてきた」と述べ、新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごすことが多くなった現在、多くの人同様自炊する機会が増えたと明かしていた。番組では、プロの指導を受けながら料理の腕を磨くセレーナの奮闘ぶりと同時に、毎回食に関連するチャリティーにもスポットが当てられる予定だ。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ