志尊淳、10月スタート『極主夫道』出演 玉木宏演じる“不死身の龍”の弟分に

 俳優の志尊淳が、10月スタートの玉木宏主演ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に出演することが発表された。志尊は、玉木ふんする元極道の専業主夫“龍”の弟分・雅を演じる。

おおのこうすけによる同名漫画(新潮社「くらげバンチ」連載中)をドラマ化する本作は、極道から転身した史上最強の主夫の奮闘を描く、仁義なきヒューマン任侠コメディー。

玉木演じる主人公・龍は、極道時代に「不死身の龍」の異名で恐れられ、裏社会に数々の伝説を残したが、極道から足を洗った後は美久(川口春奈)と結婚し、主夫業に打ち込んでいる。こわもてにグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを羽織っており、足を洗ってからもその外見や言動は極道時代のものが抜けていない。それ故、本人に自覚はないが、周囲の人物を畏怖させてしまっていることも多い。

本作で志尊が演じるのは、そんな龍をアニキと慕う元舎弟・雅。龍がいなくなって以降組が衰退する中、極道の世界へ戻ってきてほしいと強く願っている。まっすぐな性格でみんなに慕われているが、少し天然で不器用。家事の大変さを理解できず、怒られることも。それでも、龍に振り回されながらも懸命にくらいつく、見ていて思わず胸キュンさせられてしまうようなキャラクターだ。

志尊が同枠のドラマに出演するのは、『トドメの接吻』以来2年ぶり。本作への出演決定について「この落ち着かない状況下で、皆さんが毎週、何も考えずに楽しんで頂ける1時間をお届けしたいという気持ちでいっぱいです。以前ご一緒した瑠東監督には全信頼を置いているので、また共に作品を作れることがとても嬉しいです」とコメント。初共演となる主演の玉木とは「一緒に作品を作れることを楽しみにしています」と期待をにじませた。

自身が演じる雅を「原作はもちろんのこと、原作に書かれていない描写を想像すると、人として色々な側面を持ち合わせているなと感じました」と評し、役作りについては「今は『こんな風に』という枠組みは決めずに、色々なアプローチで想像をしている段階なので、どうなるかはまだ自分でもわかりません。ただ、想像をしていくほど気分が高揚しています」と語っている。

ドラマ『極主夫道』は、読売テレビ・日本テレビ系にて10月より毎週日曜22時30分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ