過ごしやすい夏にする! 真夏に意識したいお部屋での過ごし方3つ

fumumu

扇風機(CentralITAlliance/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
じわじわと体をほてらせる暑い夏。ウッとしてしまうその暑さに、身も心もバテてしまう前に!

真夏に意識的に取り入れたいアイデアを、fumumu取材班がご紹介します。

(1)適度に体を温める


「いくら暑いからと、体を冷やしてばかりでは夏バテになってしまうと思います。クーラーをガンガンにかけて、アイスを食べて…と冷やすことだけしていたときは、なんとなく体がだるかったんですよね。


適度に体を温めることも、健康にとっては必要なことだと思います。しっかり湯船につかって体を温めると、お風呂から上がったとき気持ちまでスッキリしていますよ。


温かい飲み物をゆっくり飲んで、体の中から冷えを追い出すのもいいと思います」(20代・女性)


関連記事:「なんだか疲れてきたな…」 気持ちが落ち込んだとき、どう回復してる?

(2)食べやすい食事


「暑くて食欲がないときに、無理に消化にエネルギーを使うスタミナ飯を食べても、私は逆に疲れてしまうので…。


だるいときでもスルスルお腹に入るものを、意識的に作るようにしています。そうめんは鉄板ですけど、ネバネバ食材をご飯にぶっかけて食べるのもおすすめです。


食欲がないからとちゃんと食事をとらないと、さらに元気がなくなってしまいますから。自分が食べやすい食事を探して、冷蔵庫に常備しておくと安心ですよ」(20代・女性)

(3)便利アイテムを活用


「夏の暑さを和らげてくれるようなアイテムを、生活の中に取り入れてみるのがおすすめです! 去年まではクーラーだけで過ごしていたんですけど、外との寒暖差で体がだるくなってしまって。


新しく扇風機と、ひんやりマットを購入しました! 暑さがそこまでひどくないときは、扇風機のやらわかい風と、体温を下げてくれるひんやりしたマットを活用して、無理なく涼んでいます。


今は便利なアイテムがたくさん発売されているので、チェックするだけでも楽しいですよ。今年はさらに気分を上げるために、風鈴も買っちゃおうかなと考えているところです」(20代・女性)

数か月間も続く夏。バテた状態で過ごすには長い時間です。

過ごしやすい生活をゲットするためにも、ピンとくるアイデアを自分でもぜひ探してみてくださいね。

・合わせて読みたい→発見! アフター6を利活用する5つのアイデア

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ