正午までに全国の6割以上で30℃以上 猛暑日地点も

日直予報士

2020/8/5 12:26

きょう5日は広く厳しい暑さとなっており、正午までに全国のアメダスの6割以上で真夏日(最高気温30℃以上)となっています。大分県日田市などではすでに猛暑日(最高気温35℃以上)となっています。このあとさらに気温が上がり、所々で今年一番の暑さとなるでしょう。

●広く真夏日

きょう5日、沖縄や九州から東北南部にかけて広く晴れて、強い日差しが照りつけています。朝から気温がグングン上がり、厳しい暑さとなっています。正午までに600地点以上で30℃以上となっており、全国のアメダスのうち6割以上の地点で真夏日となっています。
正午までの最高気温は全国トップは大分県日田市で35.4℃まで上がっています。また、仙台市は32.2℃、東京都心は33.6℃、新潟市は33.4℃、鳥取市は34.9℃まで上がり、すでに今年一番の暑さを更新しています。

●今年これまでで一番の暑さも

このあと、さらに気温が上がり、関東から九州にかけては所々で35℃以上の猛暑日になるでしょう。東京都心や名古屋市、大阪市も今年初めて猛暑日となりそうです。
熱中症のリスクが高まっています。喉の渇きを感じる前にこまめに水分をとるようにしましょう。汗をかいたら、適度に塩分もとるようにして下さい。屋内では適切に冷房を使い、無理のないようにお過ごし下さい。マスクをしていると熱がこもりやすくなります。人との距離を十分にとって、マスクを外し、休憩をとることも熱中症予防の大切なポイントです。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ