【2020 MTV VMAs】BTS/ドージャ・キャット/J.バルヴィンのパフォーマンスが決定

Billboard JAPAN

2020/8/5 09:50



現地時間2020年8月30日の午後8時より生放送される予定の【2020 MTVビデオ・ミュージック・アワード】(VMAs)に、BTS、ドージャ・キャット、J.バルヴィンがパフォーマンス・アーティストとして出演することが決定した。

BTSは、8月21日にリリースされる新曲「Dynamite」を披露する予定で、今年は「ON」がノミネートされている<最優秀K-POP・ビデオ賞>を2年連続で獲得できるかが注目となっている。また同曲で、自身初となる<最優秀ポップ・ビデオ賞>にもノミネートされている。

BTSとドージャ・キャットが【VMAs】でパフォーマンスするのは今年が初めてで、J.バルヴィンは昨年バッド・バニーとともに「Qué Pretendes」を披露した。J.バルヴィンは、2018年から2年連続で制覇した<最優秀ラテン・ビデオ賞>など4部門にノミネートされており、3部門の候補にあがっているドージャ・キャットは、栄えある<最優秀楽曲賞>や<最優秀新人賞>にノミネートされている。同時にこの2部門の候補に選ばれているのは、彼女とロディ・リッチのみだ。

パフォーマンス・アーティストは、今後順次発表予定となっている。今年は、アリアナ・グランデとレディー・ガガが最多となる9部門にノミネートされており、ビリー・アイリッシュとザ・ウィークエンドが6部門で続いている。

計15部門の投票は、現地時間8月23日まで【VMAs】の公式サイトで受付けており、<最優秀新人賞>のみ8月30日の番組中に締め切られる。今年は、米ニューヨーク州ブルックリンにあるバークレイズ・センターから中継が行われる予定だが、現時点ではどの程度が会場、またリモートで撮影されるのか明らかになっていない。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ