『美少女戦士セーラームーンEternal』アマゾン・トリオ役で日野聡ら出演

 少女漫画『美少女戦士セーラームーン』の劇場版最新作『美少女戦士セーラームーン Eternal』前編の新キャストとして、声優の日野聡、豊永利行、蒼井翔太の出演が決まった。

1991年から1997年まで「なかよし」(講談社刊)で連載された武内直子による少女漫画『美少女戦士セーラームーン』25年ぶりの劇場アニメーション作品となる本作は、原作4期にして屈指の人気エピソード“デッド・ムーン編”を2部作でアニメ映画化。今世紀最大の皆既日食の日、突如現れたペガサス・エリオスとちびうさの淡い恋や、セーラー戦士たちの成長が描かれる。

日野聡、豊永利行、蒼井翔太が演じるのは、セーラー戦士たちを惑わせるアマゾン・トリオ。虎から姿を変えたタイガーズ・アイを日野、鷹から姿を変えたホークス・アイを豊永、魚から姿を変えたフィッシュ・アイを蒼井が担当する。敵ながら叶えたい夢を持つ純粋さとキャラの濃さでファン人気の高いキャラクターだ。

日野は「タイガーズ・アイは、アマゾン・トリオの中でもワイルドさと妖艶さのバランスが魅力的なキャラクター。そのバランスに気をつけながら演じました。音響監督さんからの演出で、オーバーリアクションも求められたポイントもあるので、そういうところも楽しんでいただけたら嬉しいです」とアピール。

豊永は「ホークス・アイには叶えたい夢があったので、純粋な気持ちも忘れずにいよう、と思って演じさせていただきました。あの頃を知っている方は『あの頃の記憶がよみがえるよう』初めてご覧になられる方は『新鮮な気持ちが味わえるよう』楽しんで、全力で演じさせていただきました」と語っている。

蒼井は「フィッシュ・アイを改めて見てみて、相変わらずかっわいいなと思いました…。可愛くて泣けます。精一杯の好きな気持ちを演技に込めて全力投球しました」とコメントした。

劇場版『美少女戦士セーラームーン Eternal』は、前編が2021年1月8日、後編が2021年2月11日公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ