マツコも驚愕 ディズニーの「チュロス」としまえんは「チュリトス」の違い

fumumu

2020/8/5 07:30


マツコ・デラックス

4日放送『マツコの知らない世界』(TBS系)にて、8月31日に閉園が決まっているレジャー施設「としまえん」が特集されました。

そこで園内で売られる「チュリトス(R)」と「チュロス」の差について議論が行われ、「一緒じゃないの!?」と大きな話題を呼んでいます。

■さようなら、としまえん


この日、練馬生まれとしまえん育ちの仲良し4人組がとしまえんの魅力について語り尽くすという企画が放送された本番組。

数々の懐かしい映像とともに、まもなく94年の歴史に幕を閉じるレジャー施設を愛する練馬区民の想いがひしひし伝わる一幕が公開されました。

SNSにはとしまえんに関する様々な声援が溢れましたが、中でも注目されたのはレジャー施設にはかかせないおやつ「チュロス」。

としまえんでは「チュリトス(R)」という名称で販売されており、なんとディズニーランドより早く日本にチュロス、もといチュリトスが上陸したのではないかと語られました。


関連記事:ディズニーシー、レベルの高いハロウィーン限定グルメを満喫!

■そのいい加減さがいい


また、チュリトスを「練馬区民の思い出フード」と表現し、「この物体との出会いはとしまえん」であると主張する一幕も。

しかし、ディズニーよりも先に現れたか否かは誰も検証しておらず、としまえんのスタッフに質問しても「わからない」という答えが返ってきたとのこと。

そんなボケボケの展開に対し、MCのマツコさんは「なんで裏付けをとらない!?」と突っ込みながらも「そのいい加減さがいいよね!」と笑顔を見せています。

■チュロスとチュリトス(R)の差は?


気になるチュリトスとチュロスの違いは「名前」のみ。

商社がチュロスを日本に輸入する際、商標登録を行った名称が「チュリトス(R)」であり、この表記を使用する際は(R)、またはRを丸で囲んだ商標登録マークが必要です。

放送後のツイッターには「出てる人達の情報量が多すぎてめちゃおもろい」「そうだよ、昔はチュロスじゃなくてチュリトスって言ってたよ!」「あたしもチュロスよりチュリトスに先に出会ってたよ」など、共感の声が相次いだほか、「としまえんのチュリトス食べたい」と呟く視聴者も見受けられました。

こうした小さな思い出が沢山つまっているのも、としまえんの魅力なのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→マツコ、村上信五の活動を随一チェック中? 本人も「見てくれたんか!」と驚き

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ