おのののか『体育会TV』“おっぱい要員”で戦犯に…「場違いだ」

まいじつ

2020/8/5 07:31

おのののか 
(C)まいじつ 

タレントのおのののかが、8月1日放送の『炎の体育会TV』(TBS系)2時間SPに出演。〝芸能界最速女子〟の一員として陸上4000メートルリレーに挑んだが、視聴者から「なぜ出てきた?」と疑問視されている。

この日の番組は陸上と野球の2本立てで、野球場と陸上競技場から生中継。スポーツ自慢の芸能人たちが、覆面で正体を隠された現役アスリートや元アスリートと対決していった。

陸上部門で出演したおのは、10人1組の〝芸能界最速女子〟チームで「箱根駅伝MVP&区間新」の覆面選手と4000メートル走で戦うことに。チームには元フィギュアスケーターの安藤美姫や、モデル兼ランニングアドバイザーの福内櫻子、元陸上七種競技選手のモデル・津吹アイリなど心強い参加者もいて、土屋太鳳の姉・土屋炎伽が第1走者を務めることに。

土屋はいきなり水を開けられてしまったが、第2・第3走者の福内と津吹が抜き返して形勢は逆転。第4走者のおのは余裕のリードを受けたが、バトン交代間近で大失速して差を詰められてしまった。

おのののかが戦犯扱いを受けるハメに…


第5走者の安藤も差を詰められてしまい、アンカーの『日向坂46』東村芽依に至ってはブザマに抜かされ、結局チームは敗北。すると、最初に差を詰められたことからか、ネット上に、

《おのののか普通に遅くない?》
《おのののかのせいやん》
《圧倒的にタレント勢が足引っ張ってんじゃんw おのののかとか安藤美姫とか》
《おのののかとかいう場違い笑ってんじゃねーよ》
《おのののか戦犯ですね》

など、おのを戦犯だと責める声が上がってしまった。

放送後に更新されたブログによると、本番のおのは目標を上回る好タイムを記録できたとのこと。しかし、《最後の100メートルは足がもげそうになりましたが何とか堪えました》と、失速も納得の理由を明かしている。

タンクトップとショートパンツのスポーツウエアで、不必要とも言えるほど露出の激しい衣装だった今回のチャレンジ。一部では、

《炎の体育会TV おのののかおっぱい揺れてんの草》
《おのののかのおっぱいが笑》
《おのののかについてみんなおっぱいしか言ってなくて草》
《東村さん負け役なのかわいそうなので、おっぱいがデカいからとかいう理由でおのののかアンカーに選ばれればよかった》

など、〝好意的な声〟も上がっている。

学生時代の実力を買われたというのは建前で、おのの出演は〝おっぱい要員〟にすぎなかったのだろうか。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ