甘いムードも台無し!デートの前に食べないほうがいいもの

yummy!


甘いムードも台無し!デートの前に食べないほうがいいもの

口がくさい……。これは、100年の恋も冷めさせてしまうほどの破壊力を持っています。どんなにロマンチックなモードに入っていたとしても、どちらかの口臭が気になってしまうと、一気に台無しになってしまいます。匂いというものは、人間にとってかなり重要な感覚なのです。特に日本ではオーラルケアに対する意識がかなり遅れているという意見もあります。
ですので、彼とのデートの前は、食べるものに気を付けることは定石です。特に、顔と顔が近付くキスやセックスのときは、いつも以上に口臭に神経質になる必要があります。
口臭の厄介なところは、自分ではOKなレベルだと思っても、他人が嗅ぐと完全にアウトだったり、匂いのセンサーのようなものが人によって違うという点です。今回は、口臭対策の初歩的な知識として、「デート前に食べてはいけないもの」についてご紹介していきたいと思います。

目次

にんにく


言わずと知れた、King of 口臭。口臭の原因NO.1の食材。ほんの少し食べただけでもかなり臭うので、どうしても食べたいときは何の予定もないときにしましょう。口の中からだけではなく、体の中からもにおってしまうので、食べて数日は要注意です。
盲点なのが、セックス前のデートの際の食事。にんにくは割と幅広いメニューに使われるので、知らないうちに食べてしまうことがあるのです。彼と頼んだものを少しずつ交換するなどして、2人で同じにおいになってしまえば気にならないかも?

キムチ


辛くておいしい発酵食品であるキムチも、要注意食材です。にんにくと同じように、食べて数日は体の中からにおいます。
アップルフェノンを含むりんごを食べておくと、多少緩和されるので試してみてください。加工されたジュースではなく、生のものを選ぶことと、皮ごと食べるのがポイントです。

納豆


ねばねばがおいしい健康食品である納豆も、口臭の原因になります。とはいえ、にんにくやキムチと違って、威力は若干弱め。消化が終わってしまえば臭わなくなるので、彼と会う30分前には食べ終えるようにしておきましょう。

コーヒー


コーヒーの香りが嫌いという人はあまりいないと思いますが、これが口の中からにおうとなると、とたんに嫌なにおいに代わってしまうのは何故なのでしょうか……。
コーヒー豆のあの色を作り出している粒子は、口の中にひっかかって残ってしまいます。食後のコーヒーをいただいたら、水で口をゆすぐようにすると少しは緩和されるので試してみてください。

酒、アルコール


「酒臭い」という言葉があるように、アルコールそのものの臭いはかなり強いものです。彼も一緒に飲んでいる場合はあまり気にする必要もありませんが、彼が下戸で自分は酒豪などという場合は、ちょっと控えめにしたほうが良いでしょう。
また、アルコールを摂取すると口が渇いて、それもまた口臭の原因になります。水を飲んでドライマウスを防止しましょう。

口臭を消してくれる食べ物を知っておこう


反対に、口臭を消してくれる食べ物についてもご紹介しましょう。

レモン


口臭の原因となるたんぱく質を分解してくれる「クエン酸」が含まれています。

緑茶


ポリフェノールが多く含まれていて、においの成分と結びついて中和してくれます。カテキンにも殺菌効果があります。

マッシュルーム


腸内の異常発酵を防止して、においが上がってくるのを防ぎます。

さいごに


デートのときに「うわあ、口が臭いな~……」と思われないために、ここでご紹介した食材には十分に気を付けましょう。また、口臭を消してくれる食べ物を覚えておくと、いざというとき便利ですよ。
特に緑茶は手軽に買えて飲むだけなのでおすすめです。
(yummy!編集部)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ