大谷亮平と谷山紀章がアメリカ凶悪犯罪の闇に挑む “耳”感型エンタテインメント番組配信開始

SPICE


俳優・大谷亮平声優・谷山紀章が、アメリカ凶悪犯罪の闇に挑む『トゥルークライム アメリカ殺人鬼ファイル』が、新音声サービス「AuDee(オーディー)」にて本日8月4日(火)より配信開始となった。

この番組は、 大谷と谷山が毎回アメリカ凶悪犯罪事件を取り上げ、犯罪者の生い立ちや当時の社会情勢など事件背景を掘り下げていく犯罪ドキュメンタリー・トーク番組。見えないからこそ恐怖する、“耳”感型エンタテインメントとなっている。

大谷亮平「リアルにあった凶悪犯罪を、 音声だけで聴く怖さと深さを感じてほしい」

俳優・大谷亮平と声優・谷山紀章
俳優・大谷亮平と声優・谷山紀章

大谷と谷山の対談部分では、ホラー小説家・平山夢明によるコメントも交えて、事件の背景を掘り下げる。なぜエド・ケンパーは、連続殺人を犯してしまったのか。その知られざる心の闇に迫っていく。初回収録の感想を大谷亮平は「凶悪事件を扱うということで、重い気分になるのかと思っていたのですが、事件の背景や詳細を追い、犯人の幼少期を自分と照らし合わせてみることは、これまでにない経験となった。リアルにあった事件を“音声のみ”で表現するということで、ホラーやサスペンス映画よりも怖く、深いものになったのではないかと思っています。」とコメント。

谷山紀章「字面でなく、 音声で伝えることで行間を伝える余地ができる」


初回配信「Case1」で取り上げるのは、連続殺人犯のエド・ケンパー。1964年から1970年代はじめにかけて、カリフォルニア州でヒッチハイカーの女子大生など計10人を殺害したシリアルキラーは、映画「羊たちの沈黙」の登場人物のモデルになったり、Netflixの人気ドラマ「マインドハンター」シリーズでも有名だ。凄惨な事件を描写したストーリーパートは、大谷亮平による朗読と音像で楽しむことができる。

谷山紀章は「これまでも凶悪犯罪などは興味があったけれど、今回の収録を経て、そこに至る経緯などが理解できた。字面だけでなく、われわれが音声で伝えることで行間を伝える余地ができる。そんな番組にしていきたい。」と話した。

欧米のポッドキャスト人気を牽引した犯罪ドキュメンタリー・トーク番組『トゥルークライム アメリカ殺人鬼ファイル』は、新音声サービス「AuDee(オーディー)」にて独占配信スタート。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ