『サンジャポ』太田光のコロナ持論が物議!「正しい主張」「デマ流すな」

まいじつ

2020/8/4 11:01

太田光
(C)まいじつ

8月2日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、新型コロナウィルスに対する政府の動きを特集。いつもどおり『爆笑問題太田光が持論を展開していたのだが、視聴者からは賛否の声が寄せられている。

今回番組が注目したのは、安倍晋三首相の新型コロナに関する発言の少なさ。感染拡大が止まらない今こそ国民を安心させるべきだが、多くを語らない安倍首相を疑問視していた。そんな中でスタジオの太田は、「世間的に現実が見えにくくなってる」と指摘。続けて「ぼくが気になるのは、PCR検査の〝陽性者〟イコール〝感染者〟じゃないですよね」「公の機関は〝陽性者〟って発表してるんだけど、テレビだけが〝感染者〟って日々言うわけですよ」と説明していた。

また「PCRで陽性になっても陽性じゃなかった場合もあるし、陰性って出ても陽性だった場合もあるわけで、PCRの精度は70%って言われてる」とも発言。〝メディアが煽っているほど悲観的じゃない〟ということが言いたかったのかもしれないが、一方で新型コロナを軽視する発言とも捉えられてしまったようだ。

太田光の発言は無責任だった?


そのほか番組の中で太田は、東京都医師会・尾崎治夫氏の記者会見にも言及。「日本全体がどんどん感染の火だるまになる」と強い危機感を訴えた尾崎氏について、「何故国民に向けて記者会見をするのか」と疑問を呈していた。太田曰く尾崎氏の会見には、国民の不安を煽るリスクもあったという。

太田が番組で展開した持論に、ネット上では、

《太田さんの主張は正しいと思う》
《陽性者=感染者じゃないってのは、もっと広まってほしい》
《コロナを甘く見ないのは大事だけど、必要以上に脅威を感じすぎてるのかも》

と賛同する声が。一方で厳しく反論する人も多く、

《尾崎会長のような医療従事者を批判できるような知識があるとは思えない》
《PCRの精度が70%ってどこの情報? デマ流すな》
《むしろ日本はもっと危機感を持った方がいいとおもうけど》
《あまりにも無責任すぎる》

などとも言われていた。

新型コロナに関する見解は、専門家の間でも意見が分かれているのが現状。結局のところお笑い芸人でしかない太田には、少し荷が重かったかもしれない。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ