「半沢直樹」黒崎“急所つかみ”再び!片岡愛之助 続編初登場にSNS沸く「いちいち直樹呼び かわいい」

 俳優の堺雅人(46)が主演を務めるTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の7年ぶり続編は2日、第3話が放送され、歌舞伎俳優の片岡愛之助(48)が新シリーズに初登場した。前作に引き続き“当たり役”の黒崎駿一を演じ、オネエ口調も健在。部下の急所をつかむ“喝”も再び飛び出した。放送終了30分後(午後10時25分)には「黒崎」がYahoo!リアルタイム検索のトレンド4位に入るなど、愛之助&黒崎の登場にSNS上も大いに沸いた。

 前作はベストセラー作家・池井戸潤氏(57)の「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」が原作。2013年7月期に放送され、東京中央銀行のバンカー・半沢(堺)が行内の数々の不正を暴く逆転劇を痛快に描き、視聴者の心をわしづかみにした。最終回の平均視聴率は平成ドラマ1位となる42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、社会現象に。決め台詞の「倍返し」は新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。

 新シリーズは「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。半沢は大和田常務(香川照之)の不正を暴き“倍返し”したものの、子会社の東京セントラル証券へ出向。営業企画部長として赴任後、半沢に巻き起こる事件を描く。前半は株式取得に1500億円以上かかる大手IT企業による敵対的買収をめぐり、半沢が東京中央銀行と対立。後半は航空会社の経営再建をめぐるストーリーとなる。

 第3話は、半沢(堺)は大手IT企業・電脳雑伎集団の買収相手、スパイラルとアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行との全面戦争に突入。IT業界の雄・スパイラルの窮地を救う秘策「逆買収」を社長の瀬名(尾上松也)に提案した。そんなある日、突然、東京セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査。因縁の相手・黒崎駿一(愛之助)が半沢の前に現れる。黒崎は半沢たちの逆買収計画書を狙い、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査。ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま敏腕プログラマー・高坂圭(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試みるが…という展開。

 愛之助が演じる黒崎は、旧大蔵省銀行局出身の切れ者エリート。前作前半は大阪国税局統括官として、舞台が東京に移った後半は金融庁検査局主任検査官として半沢の前に立ちはだかったが、2度も苦杯。プライドが高く神経質、何故かオネエ口調。激高した時に部下の急所をつかむという個性的なキャラクターは大きなインパクトを残し、愛之助も「片岡愛之助という存在を世に知らしめてくれたドラマ」と“転機”の1つと位置付ける“当たり役”となった。

 (※以下、ネタバレ有)

 銀行検査官から証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官に異動した黒崎は、東京セントラル証券への立ち入り検査を指揮。シュレッダーにかけられた大量の紙くずを本部に持ち帰って作業しようとする部下・加藤(矢崎広)を呼び止め「それ、どうするの?ここでおやりなさいよ」。加藤が「この量をですか?」と確かめると、黒崎は加藤の急所をつかみ「何、口ごたえしてんの?やれって言ったら、やるのよ。あんた男でしょ?」と気合を入れた。

 インターネット上には「ラブリン(愛之助の愛称)キター!」「7年ぶりの半沢と黒崎との対決。懐かしいね」「懐かし(笑)黒崎と久々のご対面(笑)」「黒崎キター!」「黒崎さん、ここまで濃かった?パワーアップしている気がする」「愛之助さん、キャラがさらに濃くなって」「いちいち直樹呼びする黒崎がかわいい」などの書き込みが続出。大反響を呼んだ。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ