病気の子におもちゃを贈ってきた8歳男児が脳腫瘍に 「今度は僕らが助ける番」と支援広がる(英)<動画あり>

病気の子供たちのためにクリスマスにおもちゃを贈る活動をしていた8歳の男児が先月末、脳腫瘍と診断された。皮肉な運命と言えばそれまでだが、男児が入院している噂はあっという間に広がり「今度は私たちが恩返しをする番」と多くの支援が寄せられている。『RealFix』『Cornwall Live』などが伝えた。

英コーンウォールのガルバルに住むエリオット・ファース君(Elliott Furse、8)は2018年11月、両親に「クリスマスプレゼントは何がいい?」と聞かれ、こう答えた。

「僕は新しいおもちゃはいらないから、病気で苦しんでいる子におもちゃをプレゼントしたい。」

こうして誕生したのが「エリオッツ・クリスマス・アピール(Elliott’s Christmas Appeal)」というプロジェクトで、エリオット君は両親のサポートを受けながらFacebookなどを通しておもちゃの寄付を募った。地域の協力もありプロジェクトは大成功をおさめ、エリオット君は2年にわたって集まったおもちゃを「ロイヤル・コーンウォール病院(Royal Cornwall Hospital)」に入院していた子供たちに贈った。

そんなエリオット君の体調に変化が表れたのはつい最近のことで、父親のクリスチャンさん(36)は「7月の第4週のことでした。3日ほどエリオットの動きがぎこちなく元気もないので病院に連れて行ったのです。その時は医師に『心配はない』と言われたのですが、エリオットの体調はよくならず、25日夜に突然倒れると起き上がることもできなくなってしまったのです」と明かしており、容態が急速に悪化したそうだ。

救急車で地元の病院に運ばれたエリオット君はCTスキャンで脳に腫瘍が見つかり、その後ブリストル小児病院に転院した。エリオット君は水頭症を起こしており、医師らは緊急で髄液を外へ出す手術を行った。

妻サマンサさん(32)と結婚式専門の写真店を経営しているクリスチャンさんは「エリオットの容態は安定していますが、近いうちに脳内の腫瘍をできる限り取り除き、その後は化学療法で治療する可能性が高いようです。ただはっきりしたことは検査の結果が出る3~4日後にならないとわかりません。面会は1人しかできないので、家族で病院の近くのホテルに滞在し、妻と交替で息子のそばに寄り添っています。他の4人のきょうだいはエリオットに面会することはできないのです」と語っている。

さらにクリスチャンさんは「エリオットはいつも自分より他の子のことを考える、前向きで明るい性格です。でも今はかなりへこんでおり、家族みんなに会えなくて寂しがっています。今は私たち家族にとっては試練の時なのです」と述べたうえで、こんな嬉しいニュースを明かしてくれた。

「実はエリオットのことを聞いた学校のクラスメートや保護者らが、クラウドファンディングサイト『JustGiving』で治療費や家族のホテルの滞在費などの寄付を呼びかけてくれたのです。『エリオットの優しさに今度は僕らが応える番だ』とね。エリオットが病気の子供たちにしてきたことが、こんな形で返ってくるなんて思いもしませんでした。温かい支援には本当に感謝しています。」

なお約6万9千円(500ポンド)をゴールに掲げていたサイトには、5日間で約95万4千円(6882ポンド)が集まっており、エリオット君がおもちゃを寄付したロイヤル・コーンウォール病院のFacebookには、「JustGiving」のリンクとともにこんなメッセージが投稿されている。

「これまで私たちの病院の子供たちのために募金活動をしてくれたエリオット君が、急に病気になってしまいました。彼と家族は私たちにとって特別な存在です。今度は私たちが彼を助ける番です。私たちはエリオットと家族に勇気と強さと希望を贈ります。どうか彼らへのサポートをお願いします。」



画像は『RealFix 2020年7月31日付「Eight-year-old who raised cash for sick children now needs help himself after heartbreaking diagnoses」』『Cornwall Live 2020年7月30日付「Selfless boy who gave away Christmas presents is diagnosed with brain tumour」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ