「フジファブリック」友の遺志を継いで進化し続ける彼らに「光あれ」!

UtaTen

2020/8/2 19:00

画像引用元 (Amazon)

クセになるバンド!




「フジファブリック」は、独特の世界観がクセになるメロディーと、発想豊かなリリックで魅了するバンド。

彼らが作る音楽は胸を打つ名曲もあれば、クスッと笑ってしまうような曲など、幅広い楽曲を生み出してきました。

「フジファブリック」はどんなグループで、どのような曲を歌っているのか、その魅力を詳しく紹介します。

フジファブリックとは?


▲フジファブリック (Fujifabric) - 赤黄色の金木犀(Akakiiro No Kinmokusei)

「フジファブリック」は、志村正彦(元ボーカル・ギター)を中心に2000年に結成。

2004年4月、現メンバーを含む5人編成でシングル『桜の季節』でメジャーデビューを果たしました。

そんな折、2009年のクリスマスイブに、29歳の若さで志村が急逝。

バンドを引っ張っていたフロントマンの死は、フジファブリックのメンバーやファンの心に、大きな穴を開けてしまいました。

しかし、残された3人のメンバーは、活動を継続することを決意。

現在のメンバーは、ボーカル・ギター担当の山内総一郎、キーボード担当の金澤ダイスケ、ベース担当の加藤慎一の3人です。

志村正彦へ、愛をこめて!


▲フジファブリック (Fujifabric) - 茜色の夕日(Akaneiro No Yuuhi)

「フジファブリック」の魅力を語るうえで忘れてはならない人がいます。

結成当初の中心メンバーで、今は亡き、志村正彦です。

彼は「フジファブリック」のほとんどの楽曲の作詞・作曲を担当しており、奥田民生をはじめ、多くのアーティストが彼の死を嘆きました。

表情をつけずに歌う志村正彦が放つ圧倒的な存在感、シンプルで意味深な歌詞、心に突き刺さる特徴的なボーカル。

そのインパクトとともに、どことなく心地よいいびつさを持つ、美しい音楽が頭にこびりつき、いつの間にか「フジファブリック」のトリコになってしまった人も多いのではないでしょうか。

志村の死後、2010年7月に5thアルバム「MUSIC」がリリースされました。

これは志村が遺した楽曲を残されたメンバー3人が、サポートドラマーの刄田綴色(元東京事変)とともに完成させたアルバムです。

志村がアレンジし歌詞を付けて歌まで録音していたものや、初めて志村以外をメインボーカルとする楽曲で構成。

これが志村の遺作となりました。

おすすめの3曲ご紹介!




志村の急逝にともない、3人となった「フジファブリック」は、2010年8月に活動の継続を表明。現在の活動へとつながります。

志村正彦が亡くなって「フジファブリック」の音楽は、どうなっていくのか気になった人も多くいたでしょう。

割り切れない感情のねじれや揺らぎ。それらををそのまま落としこみ昇華してみせるポップナンバー。

「フジファブリック」の音楽性は、今も失われていません。

それでは、彼らの楽曲の中から、特におすすめの3曲を紹介しましょう。

代表曲「若者のすべて」!


▲フジファブリック (Fujifabric) - 若者のすべて(Wakamono No Subete)

『若者のすべて』は2007年11月7日にリリースされた、10枚目のシングル曲。

発売から11年たった2018年7月26日、LINEモバイル「虹篇」のCMソングに起用されました。

「フジファブリック」を代表するロックバラードと言えるでしょう。

2019年志村は生前、出演を希望していた音楽番組「ミュージックステーション」に、なんと没後10年にして初出演。『若者のすべて』が、志村の歌唱映像を織り交ぜながら披露されました。

『若者のすべて』は目の前のことにいっぱいで漠然とした不安に押しつぶされそうな若者の、不安定な心情を描き出した歌です。

胸に響く、甘酸っぱく哀愁のあるメロディと志村の独特な歌声に、切なくて優しい気持ちになりますよ。

誰もが通る、または通った想いを綴ったこの歌は共感を呼び「フジファブリック」の楽曲の中でも、とりわけ人気の高い楽曲となっています。

「フジファブリック」のライブ定番ソングの1つでもあり、時代を超えて愛されている名曲です。

オマージュと進化の「電光石火」


▲フジファブリック 『電光石火』

『電光石火』は2018年4月14日に配信されたデジタルシングル。

「J SPORTS STADIUM2018 プロ野球中継テーマソング」に起用された楽曲です。

志村正彦生前の名曲『Sugar!!』を意識して作られた作品でもあります。

▲フジファブリック (Fujifabric) - Sugar!!

並べて聴くとよくわかりますね。

曲の構成が同じで、サビも同じく「走れ」をキーワードにしており『電光石火』と『Sugar!!』には、とても近いものを感じます。

それと同時に、ただ志村の真似をしたわけでないメロディーに、今の「フジファブリック」を感じます。

よく聴くと『Sugar!!』には「君に届けに行くから待ってて」とあり、『電光石火』では「君を待ってる」とあります。

これは時間を超えたアンサーソングなのです。

「見下ろして見失っているよりもはるかに 見上げてぶつかっている方が笑える」という歌詞も、Jスポの野球選手に重ねて今の「フジファブリック」のことを歌ってるようにも聞こえますよね。

『電光石火』は新しい「フジファブリック」でありながら、志村「フジファブリック」の精神を宿す素敵な楽曲と言えるでしょう。

優しくも壮大な「光あれ」


▲フジファブリック 『光あれ』Lyric Video

「フジファブリック」の最新ソング『光あれ』は、2020年6月3日に配信限定でリリースされた最新曲。

作詞・作曲が山内総一郎 編曲がフジファブリックと初タッグとなる小林武史プロデュースの楽曲です。

優しく包み込んでくれるような歌詞。

癒しのメロディに壮大な広がりを感じるアレンジとポップなテンポ。

疲れた心にそっと寄り添い、優しく背中を押してくれるこの曲は、タイトル通り、光へと導いてくれる暖かさにあふれた歌です。

何気ない日常の素晴らしさ、幸福感を感じさせられますね。

たくさんの人に聞いてもらいたい名曲です。

進化する彼らを見逃すな!




エッジの効いたギターを弾きながら、よけいな装飾をつけずに軽々と歌い、ストレートに心に響く山内の歌声。

楽曲に深みと彩りを加える、金澤ダイスケのキーボード。

楽曲をキラキラと輝かせる、加藤慎一のベースライン。

志村がいたころの音楽性を大切にしながらも「フジファブリック」は、どんどん進化しています。

どんどん進化する彼らの今後の活動に注目です。

TEXT 有紀

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ