マドンナ「限界に挑戦させてくれた」『エビータ』アラン・パーカー監督死去に思い綴る

マドンナ(61)が、現地時間7月31日に死去した英映画監督アラン・パーカー氏(享年76)への追悼メッセージと写真を自身のSNSで公開した。パーカー監督の映画『エビータ』で主演したマドンナは、撮影当時の写真を数枚添えて「私に多くのことを教えてくれた」と監督を偲んだ。“クイーン・オブ・ポップ”の名をほしいままに歌手として頂点に上り詰めたマドンナであったが、女優としての成功にも野心を燃やしていた。しかし映画界の壁は厚く高く、5度の最悪主演女優賞に選ばれるなど辛酸をなめた。そんなマドンナを『エビータ』でゴールデングローブ賞・主演女優賞に導いたのがアラン・パーカー監督であった。恩師とも呼べるパーカー監督にマドンナが贈った追悼のメッセージとは…。

英映画監督のアラン・パーカー氏が長期にわたる闘病生活の末、7月31日にロンドンで死去した。パーカー監督は映画『ミッドナイト・エクスプレス』(1978年)、『フェーム』(1980年)、『エビータ』(1996年)をはじめ数々の名作を世に送り出してきた。

パーカー監督の代表作のひとつ『エビータ』で主役エバ・ペロンを演じたマドンナは、自身のSNSでパーカー監督とのツーショットや映画ポスターなど5枚の写真を投稿し、監督を偲ぶメッセージを綴った。

「アラン・パーカーが亡くなったという知らせを聞き、とても悲しみました。映画『エビータ』で一緒に仕事をした彼は、私がこれまでに会った最も素晴らしい監督の1人でした。私に多くのことを教えてくれた。私を信じて、限界に挑戦させてくれた。そして、驚異的な映画を作った。ありがとう!」

マドンナが演じたエバ・ペロンは、アルゼンチン大統領夫人として国民に最も愛された英雄的存在の人物だ。マドンナはこの役でゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門で主演女優賞を獲得、同作品はミュージカル・コメディ部門での作品賞と主題歌賞を受賞した。

映画界でのキャリアを積むため数々の主演をこなしてきたマドンナだが、その演技力は評価されていなかった。アメリカで最低の映画を選出する「ゴールデンラズベリー賞」の常連として知られ、映画『上海サプライス』(1986年)、『フーズ・ザット・ガール』(1987年)、『BODY/ボディ』(1993年)、『2番目に幸せなこと』(2000年)、『スウェプト・アウェイ』(2002年)で5度の最悪主役女優賞に選ばれている。

そんなマドンナを主演女優賞に導いたのが、アラン・パーカー監督の映画『エビータ』だ。当初、エバ・ペロン役にはミシェル・ファイファーメリル・ストリープが候補に挙がっていたが、ある日マドンナがパーカー監督に4ページにも及ぶ手紙を送り、エビータ役を演じることへの情熱を伝えた。パーカー監督はマドンナに「私のエビータになるのなら、誰が現場を仕切るのかを理解しろ。マドンナのビデオのような派手な映画でないのだ」と釘を刺したという。そして主役に抜擢したマドンナの演技を、見事ゴールデングローブ賞で主演女優賞を獲得するまでに磨き上げた。

映画のために書き下ろされ、マドンナが歌った楽曲『ユー・マスト・ラブ・ミー』はアカデミー賞で歌曲賞を受賞した。同曲を含む『エビータ』のサウンドトラックの作曲を担当したアンドリュー・ロイド=ウェバー(72)は「スクリーンの上でのミュージカルを真に理解していた、数少ない監督の1人だった」とツイートしている。

同映画で革命家チェ・ゲバラをモデルにした語り部“チェ”役を演じたアントニオ・バンデラス(59)は「親愛なるアランへ、さようなら。僕をエビータに起用してくれてありがとう。あなたの映画撮影技術の見識に感謝します。あなたの遺した業績は偉大で素晴らしい」とツイートした。

エバ・ペロンの生涯を描いた作品『エビータ』は、元々はアンドリュー・ロイド=ウェバー作曲とティム・ライス(75)作詞による大ヒットミュージカルで、1980年にはトニー賞で最優秀作品賞を受賞した。『エビータ』の映画化にあたり、当初予定していたオリバー・ストーン監督(73)がプロジェクトを去った後、アラン・パーカーが監督に就任した。

画像は『Madonna 2020年7月31日付Instagram「I was so sad to hear about the passing of Alan Parker.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ