品川庄司・品川、有吉弘行に救われた過去とは?「おしゃべりクソ野郎がなかったら…」

E-TALENTBANK

2020/8/2 18:30


7月30日、テレビ朝日系『アメトーーク!』に品川庄司・品川祐が出演した。

【別の記事】品川庄司・品川、藤本美貴の新婚当初のお願い明かす「迫力すごくて」

番組では今回、“芸人大好き芸人”といったテーマで出演者らが好きな芸人を語る企画が行われ、品川が有吉弘行の名前を挙げる場面があった。

品川は「ほんとの本心を言うんであれば、『おしゃべりクソ野郎』がなかったら俺もう、とっくにいないですよ」「『おしゃべりクソ野郎』って屋号ですもん」と有吉がつけたというあだ名について語った。

周囲から笑い声が上がる中、「有吉さんと言えば、名前をつけるじゃないですか?ちゃんと毒と薬を同時に出してるんですよ。『おしゃべりクソ野郎』これみんなからしたら悪口じゃないですか。でも実は、おしゃべりって僕の芸風の一番根幹にあるというか大事な部分じゃないですか。それを『クソ野郎』って付ける事によって、みんなが悪口として捉えるけど実は僕にとってはそんなに悪口じゃないんですよ」と、有吉からの“悪口”について説明していた。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ