症例56件のみの獣人化現象「ゾアントロピー」 自身を鶏と主張した女性を認定

しらべぇ

2020/8/2 17:20

(panic_attack/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
自身を獣人化させてしまう「ゾアントロピー(zoanthropy)」という現象をご存じだろうか。これを発症すると人間らしい声や言葉を失い、一定時間ある動物にそっくりになってしまうという。英メディア『The Telegram』などが報じ、大きな関心を集めている。

■珍しい精神・心理現象


ベルギーのルーヴェン・カトリック大学の研究チームが精神医学の専門誌『Tijdschrift voor Psychiatrie』に、「ゾアントロピー」という極めて珍しい精神・心理現象を発症した女性患者について論文を寄せた。

その診断が下ったのは、薬局に勤務する54歳の既婚女性。精神科の病棟で投薬治療を受けて数週間で退院し、1年後には仕事に復帰している。


関連記事:新型コロナ入院中、若い患者の様子に「焦った」 ラジバンダリ西井明かす

■「私がまさかそんなことを」


言動が奇妙だとして、兄に連れられ病院を受診したというその女性患者。兄は医師に「鳥のように振る舞い、頬を膨らませてコッコッコと音を立てた」「雄鶏のような甲高い鳴き声を得意げに上げる様子に大変驚いた」と説明した。

女性患者は自分を鶏だと主張したが、強い痙攣発作を起こすと同時に、普段通りの人格を取り戻したという。

医師にそれまでの数時間の様子について尋ねられた当人は、足に不思議な感覚があることを説明。ただし鶏のような振る舞いについては記憶が乏しく、「自分がまさかそんなことを」と深く恥じ入った様子だった。

■妄想の中で自身を獣人化


ドラッグやアルコールは嗜まないが、数ヶ月前に最愛の家族を亡くして以来、うつ症状に苦しんでいたという女性患者。複数の医師が観察を続けた結果、妄想の中で自身を獣人化させていく「ゾアントロピー(zoanthropy)」と呼ばれる現象が起きたものと診断された。

これは統合失調症、精神病性うつ病、あるいは双極性気分障害などが認められる患者に稀に発症し、症状は1時間以上続く。農村部での発症例が多い理由なども含め、今後にさらなる研究が必要だという。

■世界でわずか56例


鳥ばかりか、ライオン、トラ、サメ、ワニ、ウシ、ネコ、ウサギ、馬、ヘビ、ネズミ、蝶になり切った例も確認されているゾアントロピー。しかし1850年から2012年まで、世界でわずか56しか症例が報告されていないそうだ。

犬の吠え声や仕草をとても上手に真似する者が、前世は犬だったに違いないなどと語ることがあるが、それだけでゾアントロピーとは診断されない。基礎に脳機能障害や精神疾患があることが前提になるという。

・合わせて読みたい→新型コロナ感染し隔離施設で療養中だった男 患者の14歳少女を強姦し逮捕

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ