西野未姫 調子乗っていたAKB時代、生み出したのは“寝ながら握手”「『早く終わんねえかな?』って」

 元AKB48・西野未姫(21)が、2日放送の関西テレビ「マルコポロリ!」(日曜後1・59)に出演し、AKB時代にしでかしたことについて振り返った。

 AKB時代について聞かれた西野は「“寝ながら握手”という技を覚えちゃって」と告白。「口だけ起きてればバレないんですよ『ありがとう、ありがとう』って言ってればマジでばれない」と話すと、MCの東野幸治(52)から「お前最低やな!」とツッコまれていた。

 「調子乗ってたんです。三銃士って言われてすぐ選抜に入ったり、次世代のグループに入ったりして、余裕だぜって。握手会のレーン見て『早く終わんねえかな?寝たいな~』って思ってて」とてんぐになっていたという西野。

 親交があるNMB48・渋谷凪咲(23)は西野について「すっごい“評判”でした。先輩とかスタッフさんとかには可愛がられていたから、ちょっと裏で言われてました」とカミングアウト。西野は「ウソでしょ?待って、知らない!私一切言われたことなくて、怒られたこともない」と弁明すると、東野から「そら言われるよ!」と指摘されていた。

 卒業しようと思った理由については「ファンが10人ぐらいしかいなくなっちゃって。ファンから『未姫ちゃん、頑張らないと』『未姫ちゃん、こういう態度だからファンが減っちゃうんだよ』って説教されてたんですよ。私は座りながら『でもさ、眠いじゃん。その気持ちわかる?』って」と最後まで態度は変わらなかったという。

 渋谷が「でも、すごい太い10人のファンだと思います。未姫ちゃんはめっちゃいい子なんです!」とかばうも、東野は「急にフォローし出したな、遅いです!」と言い、笑いを誘っていた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ